イギリス文化を通してイギリス英語を深く理解する為のコラム:イギリスにはバーではなくパブが多い本当の理由


イギリス文化を理解する為のコラム:イギリスにパブが多い本当の理由



イギリスには日本の居酒屋の感覚に近いような「パブ」というお酒を飲める場所があります。イギリスのカルチャー、イギリス英語を深く理解する上でイギリスのパブカルチャーを理解する事はとても大切な事だと思います。


その理由としては、イギリスにおいてパブとは単にお酒を飲む場合以外にも、地元の人達、そのエリアに住む人達ととても密接な関係を持っています。他の国で言うところのBARとは「全く性質の違った役割」を持っています。

イギリスのパブには外国人の目からみると少し理解しづらいイギリス人ならではの独特のマナーやルールがあります。そこで今回はイギリス人の私からみたイギリスのパブカルチャーについて詳しく紹介したいと思います。


イギリス文化を理解する為のコラム
イギリス文化を理解する為のコラム


参考記事:



イギリス文化の象徴パブについて



イギリスではパブという存在自体がその地元の人達にとって重要なスポットになっています。パブのカルチャーは、とても歴史が古くイギリスでは長らく各コミュニティーの中心になって機能していました。


イギリスのパブは、ただお酒を飲む屋としての存在だけに止まらず、各エリアの地元のパブはその知識に住んでいる人達にとって「自分のもう一つの家」というコンセプトとして考えられてきました。


「pub(パブ)」という単語の意味から考えてみても「public house」(大衆・公共の家)の省略形です。その事から「pub(パブ) = 「public house」 = ”みんなの家”」というコンセプトになったのだと思います。


パブの中にも様々な種類のお店があります。例えば、庭付きの田舎風のパブもありますし、料理などに力を入れているグルメパブがあったり、スポーツの試合をテレビで観戦できるパブもあります。


これらのパブは、自分達が運営管理しているのサッカーチームがあり、クイズを楽しむクイズナイトやカラオケを楽しむカラオケナイト、コメディーを楽しむコメディーナイトなどのイベントを行っています。以上の理由もあって、パブでは知らない人同士がコミュニケーションして楽しめるような工夫がされています。


ですから、もしあなたが「イギリス留学に行った場合でイギリス人の友達を作りたい!」と思っているのであれば、パブは友達を作る上で非常にお勧めの場所だと思います。すぐに新しい友人が出来るようになると思いますし、知らないとの出会いも期待出来ると思います。




パブのバーのシステムとオーダー方法



イギリスのパブには、バーサービスがあります。お酒を頼みたい時には自分でバーに行って飲み物を注文して、その場で直ぐ飲み物の代金を払うシステムです。

ウエイトレスやウエイターが注文を取りに来るテーブルサービスはありませんが、食べ物を頼む際にはバーで一緒に注文しますが、スタッフはあなたのテーブルまで食べ物を運んで来てくれます。

イギリスのパブではアメリカのバーと違ってチップは一切必要ありません。バーカウンターでは行列を作る必要はありませんが、バーテンダーはお客さんの順番をしっかりと理解していますので、順番を守ってオーダーを受けてくれます。




イギリスパブでよく使う英語:ボキャブラリー集


  • pint ・・・ イギリスのビールは、一般的にパイントグラスで出されます。一パイントは、0.56リットル。
  • half ・・・ 小さいグラスでいいなら、half of OO というフレーズで頼みましょう。
  • lager ・・・ ラーガーというのは、日本のビールに近いです。一般的にイギリスでは冷やして飲まれています。
  • bitter ・・・ ビターは、ラーガーより色が茶色く、少し温めで飲まれています。クリーミーでおいしいですよ。^^
  • packet of crisps ・・・ おつまみだけでいいならポテトチップを頼むのが普通です。しかし、このフレーズを覚えてください。
  • It’s my round ・・・ みんなが一番聞きたいフレーズです!(笑)。友達と飲みに行った時、別々で飲み物を買うのはマナー違反です!順番に一人がみんなの飲み物をバーカウンターで注文します。自分がバーに行くときに「It’s my round.  What are you having?」と仲間に聞いたらみんなは嬉しいと思います^^



イギリス文化を深く理解する為の本



この二人のライターはイギリスのパブカルチャーを詳しく紹介しています。パブの種類やパブに行く人の分析、パブでのタブーとマナーを中心に紹介してくれています。イギリスのパブカルチャーを詳しく知りたいのであればこの本はお勧めです^^










   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^




Share This Post