イギリスカルチャー紹介:イギリスのバレンタインデーの習慣について


イギリスのバレンタインデーの習慣について



今回の記事では、イギリスのカルチャーについて紹介していきたいと思います。英語を学ぶには、英語圏のカルチャーを学ぶ事が大切だと以前に書きました。


私も日本語の勉強をしていた際にも、多くの日本のマナーや習慣を理解する事に勤めてきました。例えば日本語の成り立ちやシーンごとに使い分ける言葉、言葉のニュアンスなどです。

これらを学んでおく事によって、その国の言語の理解をスムーズにする事が出来ると思います。


それでは、今回はその英語圏のカルチャーの中でも、バレンタインデーについて紹介します。

バレンタインデーは、現在、世界中で行われる習慣となりましたが、元々キリスト教のルーツがあるイベントです。

バレンタインの日は2月14日に祝われていますが、2月の14日は、伝統的に鳥と動物が配偶者を選ぶ日だと言われています。その理由から、バレンタインの日は、「ラブの日」になっていったのです。


イギリスのバレンタインデーの習慣について
イギリスのバレンタインデーの習慣について


おすすめ記事:




イギリスのバレンタインデーの習慣や過ごし方



イギリス人は伝統的に、このバレンタインデーの日(2月14日)には好きな人にカードや、ラブのメッセージを送ります。

この日に自分の好きな人に、自分の愛情を告白できる日なのです。このバレンタインカードを送る習慣は、18世紀に始まったようです。


現在のイギリスでも、バレンタインの日は、カードで好きな人に告白するチャンスの日になっています。

そして、そのカードに名前を書かない人が多い。その理由は、伝統的に男性は好きな女性に匿名のカードを送っていました。この伝統は現在のイギリスでも続いています。


今でも、イギリス人同士のカップルはカードやプレゼントを交換しています。日本ではバレンタインの日には、女性が男性にチョコを贈っていると思いますが、イギリスでは男性と女性、双方ともにプレゼントを贈ります。


そして、それはチョコでなくても大丈夫なんです。プレゼントとしては、花やジュエリーもバレンタインにおいて、人気のあるプレゼントの一つになっています。

特別なデートに行くカップルもいます。バレンタインデーの夜には、殆どのレストランはとても混んでいます。デート中のカップルが多く、レストランには予め予約しないと、店に入る事は出来ないと思います。




イギリスのバレンタインデーの迷信について



イギリスでは、昔から信じられている迷信があります。現在は、これらの迷信について知らない人が多いと思いますが、私が個人的に面白いと思っていますので、ちょっと紹介したいと思います^^


  1.  2月の14日は「鳥のウェディング・デイ」と言う人がいます。この日に、鳥が配偶者を選ぶという俗信があります。
  2.  この日に未婚の男性が、初めて未婚の女性を見た場合、その未婚の男性は、その女性が将来の奥さんになるという迷信があります。
  3.  バレンタインの日には、女性がロビン(コマドリ)という鳥を見た場合、船員と結婚する。もしスズメを見た場合貧乏な人と結婚する。もし、ゴシキヒワという鳥を見た場合、お金持ちの人と結婚するという迷信がありました。



>> 外国人と国際恋愛する為の恋愛英語教材:Love Talk Master(ラブ・トークマスター)






   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^




Share This Post