イギリス人が考えるアメリカ人に対するステレオタイプのイメージ


イギリス人が考えるアメリカ人に対するステレオタイプについて


イギリス人が考えるアメリカ人に対するステレオタイプのイメージ
イギリス人が考えるアメリカ人に対するステレオタイプのイメージ


以前の記事ではアメリカ人が考える対する変なステレオタイプについて紹介してきました。(笑)

今回は変わってイギリス人が考えるアメリカ人に対するステレオタイプについて書いてみたいと思います^^ これらの記事を書く際に私の友人であるアメリカ人の友達の意見を参考にしています。

イギリス人もアメリカ人に対しては変なステレオタイプを持っている人が多いのも事実なんです。やはりこれはハリウッド映画やドラマの影響が強いでしょうね^^

やはり大抵のイギリス人はアメリカに行った事がないので、アメリカに対する印象は日本人の考えるアメリカ人のステレオタイプと差ほど変わりはないかもしれませんね^^




アメリカのカルチャーでは初対面の人でも直ぐに個人的な話をする



これについてはアメリカ人全員が当てはまる訳ではありませんが、実際私がアメリカに行った時に感じた事ですが、かなり当っていると思います。例えばスーパーのレジのスタッフにいきなり、自分の旦那の話をされたり、個人的な話を質問される事がありましたから・・。


イギリス人の立場から見るとこのようなアメリカ人行動は「非常にオープンでフレンドリー」な印象を与えます。
アメリカ人(アメリカ社会)と会話する場合、言いたい事があればダイレクトに言ってもOKなカルチャーがあります。イギリス人よりは物事をストレートに話す傾向があります。

このような社会カルチャーの違いがあるので、アメリカ人からするとイギリス人の性格はとても秘密主義に感じるようですね^^。
アメリカ人のオープンな性格はアメリカ社会のマナーの一つでもあるんですね。




アメリカの国民はみんな拳銃を所持していると思っている



確かにハリウッドのアクション映画を観るとそう感じるのも無理はありません(笑)。またよく取り上げられる質問でもあります。
アメリカの拳銃に対する法律はヨーロッパ諸国のルールより確かに緩いと思います。

しかしだからといって多くのアメリカ人が拳銃を所持している訳ではありませんし、実際一般の人は拳銃に触った事がない人が多いと思いますね。ですから一般市民で拳銃を所持している人はごく一部の人でしょう。

しかし現実問題として、みなさんもご存知のようにアメリカ社会では拳銃に関する事件は多いです。
それにアメリカには拳銃が好きな人達がいますし、そういった人達は一人一丁だけではなく、2~3丁もの拳銃を所持している場合もあります。でも、そういう人たちは一般的に銃のクラブ(ガンクラブ)に参加していますので動物のハンティングをしているために拳銃を持っている人達です。


後は、州や地域によっても拳銃の所持率は変わってくると思います。治安の悪いエリアでは違法的に拳銃を所持しているギャングスター(日本のやくざのような人達)達がいるとでしょう。



アメリカ人が好むスポーツはおかしい!



アメリカ人もイギリス人が好むスポーツはおかしいと思っているようです(笑)。これはお互い様でしょうね^^
アメリカ国内で最も人気のあるスポーツは、野球、アメリカンフットボール、バスケットボールが特に人気でしょう。
アメリカ人からするとイギリス人達が、どうしてこのスポーツがおかしいと思うのか不思議に思っているようです。(笑)


野球は、多くの国(日本、キューバ、韓国など)などで人気があるスポーツです。特にバスケットボールは世界中で人気のスポーツです。アメフトは世界的に見てもやっぱり、アメリカだけが盛り上がっている感じですよね。

アメリカ人はイギリス人の好きなクリケットというスポーツがおかしいと思っているようです(笑)
確かにクリケットの試合は五日間もかかるし「ティータイム」という休憩があるので、確かに他の国の人には理解できませんね^^




アメリカ人男性はチェック柄のシャツとジーパン、チノパンが好き



平均的なアメリカ人男性は、ファッションに興味がない人が多いです。彼らのベーシックなファッションは、Tシャツやジーパン、チェック柄のシャツやチノパンなどのファッションが多いですね。確かに日本人男性と比べるとアメリカ人男性はお洒落ではありませんね^^




アメリカ人は自由コンセプトやキーワードを好む



たしかにそう感じる事も多いですよね。アメリカという国はそもそも「自由」というコンセプトに基づいている国なので、アメリカ人「自由」という考えを最も大切にしたいと思っていると思います。

アメリカ人の意見としては、イギリスを含めヨーロッパ諸国の国民は政府の事を信じすぎているし、自国の政府に頼りきっていると思っている人が多いようです。




アメリカ人は基本的にみんなフレンドリーな性格



アメリカ人みんながフレンドリーとは言えませんが、これはかなり当てはまるステレオタイプだと思います。
アメリカに行った事がある人はすぐに気がつくと思います。




アメリカ人は英語のスペルを良く間違える



これもある意味皮肉ったステレオタイプですね^^

イギリス英語は、元々のルーツであるフランス語の単語やギリシャ語ルーツの単語のスペルをしかりと保存しています。
アメリカ人は歴史の中でスペルを簡単にするために過去にスペルを変えてきた歴史があります。


よく間違える代表的なスペルとしては「colour/color」、「centre/center」のようなスペルの違いがありますね。
以上の事から、アメリカ人は「スペルが出来ない」という訳ではありませんよ(笑)




アメリカ人はセラピーが好きな国民



日本でも人気になったと思いますが、ドラマ「セックス・アンド・ザ・シティー」でよく見られるシーンですね。(笑)
確かにアメリカ人はイギリス人よりもオープンに会話するので、精神的な悩み、情緒不安定になった際にはセラピーに行く事が多いと思います。


セラピーに行く事自体が恥ずかしい行動ではないからです。かわってイギリス人はプライバシーを守る事が好きな国民性なので、セラピーに通う事に対して恥ずかしいと思う気持ちがあるかもしれません。



アメリカ人はサイズの大きな物が好き



アメリカの国土は非常に大きいですから、車やバイクも大型の物が好まれます。
道路が大きいですし、家も大きいですよね^^











   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^




Share This Post