イギリスの伝統的なおやつ スコーンの作り方や美味しい食べ方を紹介します!


イギリス風 スコーンの作り方やレシピ、イギリス人が好む食べ方を紹介!



今日の記事では、いつものテイストとは違います^^ 今回はイギリスの伝統的なおやつの作り方を紹介したいと思います。今日これから紹介するのは皆さんもご存知イギリスの伝統的なおやつ「スコーン」です。

スコーンは勿論、日本でも買う事が出来ますが、私の経験では、日本のカフェ等で出されているスコーンは、そのままの状態で食べる場合が多い!?のでは、ないかと思います。

つまり、バターやジャム、クリーム等がないままで出されます! 私はこの間、日本のスターバックスに行ってスコーンを注文しましたが、一口食べた後にとてもガッカリしました。

何故ならそのスコーンはパサパサして、お世辞にもあまり美味しくなかったからです(笑)。


一般的にイギリスでスコーンを注文すると、「イチゴジャム」と「バター又はクリーム」も一緒に出て来ます。これはイギリスの伝統的な食べ方です。ジャムなどを塗ればスコーンのパサパサした触感がなくなります。

そして、紅茶と一緒に飲むと最高の「クリームティー」というおやつタイムになります。


私は料理やケーキ作りのマスターではありませんが、先日シンプルなスコーンを作ってみました。気になる結果は・・・結構美味しかったです(笑)。

現在私が住んでいる家には、オーブン付きの電子レンジしかありませんが、それでも美味しいイギリス風スコーンを作る事が出来ました。そして、なによりも私が美味しいスコーンを作る事が出来るなら、どんな方でも出来ると思います(笑)。

それでは、作り方を紹介します!日本語と英語でレシピを紹介したいと思います。これでスコーンを作りながら英語の勉強も出来ますね^^



イギリス風スコーンを作る為の材料:


  • 225g flour (小麦粉)
  • 10g baking powder (ベーキングパウダー)
  • pinch of salt (一つまみの塩)
  • 55g butter (バター)
  • 25g sugar (砂糖)
  • 150ml milk (牛乳)



スコーンの作り方


1. Set oven to 200 degrees celcius.
(オーブンを200℃に設定します。)


2. Sift flour, baking powder and salt into a bowl.
(小麦粉、ベーキングパウダー、塩をふるいにかけてボールに入れます。)


3.Add butter to the bowl. Use fingers to rub the butter into the flour.
(そのボールにバターを入れます。指先を使ってバターと小麦粉を練り込みます。)


4.When the butter has been completely rubbed into the flour, add the sugar and mix.
(バターが完全に混ざって固まりがなくなった後、砂糖を入れてさらに混ぜます。)




5.Pour in the milk and mix until it becomes a soft dough.
(牛乳を加えて柔らかいドー(練り粉・塊)になるまでに混ぜます。)




6. Knead the dough gently and divide into 5cm balls. Place the balls on a baking tray and flatten gently.
(その「ドー」を5cmくらいのボールに分けて、クッキングトレーに起きます。少しだけ掌で潰します。)




7. Use a little milk or egg to glaze the top of the scones then bake in the oven for about 15-20 minutes.
(牛乳、又は卵をスコーンの上に塗ります。スコーンをオーブンに入れて15-20分で焼きます。)



スコーンが焼いた後、直ぐ食べる事が出来ますが、私の個人的な意見では冷たい方がイギリスっぽい食べ方だと思います。

伝統的にスコーンを半分に切ってイチゴジャムとクロテッドクリーム(濃厚なクリーム)を付けて食べます。


私は日本で「クロテッドクリーム」を見た事がありません。私の家の近くにある一般的な日本のスーパーにはクロテッドクリームは売っていませんので、残念ながら今回は「正しい」食べ方で自分のスコーンを食べられませんでした(笑)。

その代わりに私は自分で作った「濃いギリシャヨーグルト」を付けて食べる事にしました^^。これもこれで濃厚な味で美味しかったです!



イギリス風スコーン作り完成しました!
イギリス風スコーン作り完成しました!




実は、クロテッドクリームは自分で作る事が出来ます。凄く時間はかかりますが、普通のクリームをスロークッカーに入れて、一番低いセッティングで8時間くらい温めます。

そうすると、クリームの上にバターのような膜が出来ます。その膜は「クロテッドクリーム」と言います。イギリス人はクロテッドクリームをスコーンに塗って食べます^^


私のようなめんどくさがりやは、バターや濃いギリシャヨーグルトでもよいと思います(笑)。

それでは、スコーンの作り方は以上になります! 一時間以内にゼロから作れるイギリスのおやつなので、時間がある方は是非作ってみてくださいね^^!

最後にクッキングに役立つ英語のまとめを紹介します。


役に立つクッキング用語:


  • pinch of ~ = 一つまみの~
  • sift = 篩にかける
  • add = 加える
  • rub = 指先で材料を擦り込む事
  • mix = 混ぜる
  • pour = 注ぐ
  • knead = こねる、練る
  • divide = 分ける
  • glaze = 透明な衣をかける(卵、牛乳など)
  • bake = オーブンで焼く












   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^




Share This Post