バスや電車で席を譲る際に使える英語フレーズを紹介します!


公共の交通機関で「誰かに席を譲る」という際に使える英語フレーズを紹介



今回の記事では、公共の交通機関・バスや電車を利用する際に使える英語を少しだけ紹介したいと思います。

私の(日本在住)アメリカ人の友達は今現在妊娠しています。この間、私とその友達は「電車の優先席」の話をしていました。

彼女は妊娠しているので、もうかなりお腹が出ていますし、カバンには「おなかに赤ちゃんがいます」と書いてあるバッジを付けていますが、残念な事に意外と多くの場合(優先)席を譲ってもらえないそうです。

私はその話を聞いてびっくりしました。私は「そういった人達はあなたの存在に気が付いていないだけでしょう!」と言ったのですが、どうやら友達が言うには「違うよ。その人達は気が付いているけど譲ってくれない人が非常に多い」という事なんです。

中には「その大きなお腹を見ても、そのバッジを見ても目を閉じて寝たふりをする」という人がいるようです。その彼女はかなり強い口調でそれを私に主張していました。

私はその寝たふりをする人がいるという話を聞いてまたびっくりしたのですが、こう考えました。それは「あなたが明らかに金髪の外国人だから日本語が通じないと思っているだけなんじゃない?」という事を聞いてみました。

その友達はそれも違うよと言っていましたが、もしかすると席を譲らない人の中には「英語で話さなければならないから無理・怖い・恥ずかしい」と考えている人がいるのかもしれません。

ですから、今回の記事では、電車やバスで使えるシンプルな英語フレーズを紹介してみたいと思います。


バスや電車で席を譲る際に使える英語フレーズを紹介します!
バスや電車で席を譲る際に使える英語フレーズを紹介します!


こちらの記事もお勧めです:





1. 席を譲る際に使える英語フレーズ



外国人の妊婦さんやお年寄り、体の不自由な方に声をかける事は勇気のいる事かもしれませんが、そういった時にはこちらのフレーズを使う事が出来ます。



実際の例文:


Would you like to sit down?
(座りませんか?/座りたいですか?)


Have my seat.
(私の席をどうぞ。)


Take a seat.
(座ってください。)


Do you need a seat?
(席は必要ですか?)




2. 譲った際に相手に断られた時に使える英語



マナーのために多くの人は「いいですか?」や「大丈夫ですよ」などの事を言いますが、実は座りたいと思っている人が多いと思います(笑)。

そういった時にはこちらのフレーズを使えます。


実際の例文:


I’m getting off at the next station.
(私は次の駅で降りますからどうぞ。)


It’s ok. I’m getting off soon.
(大丈夫ですよ。もう直ぐ降りますから。)


You must be tired! Take a seat.
(疲れたでしょう!座ってね。)


It’s ok, I don’t mind standing.
(大丈夫ですよ。私は立ってても大丈夫だから。)




3. 体調悪そうな人に声を掛ける際に使える英語



たまに東京の暑い電車の車両の中では「体調悪くなる人」がいると思います。そういった際にはこちらの英語を使って声をかけて体調を確認する事が出来ます。


実際の例文:


Are you feeling ok?
(体調は大丈夫ですか?)


You look unwell. Would you like to sit down?
(体調が悪そうですね。座りたいですか?)


Do you feel sick?
(体調は悪いですか?)


You look hot. Shall I open the window?
(暑そうですね。窓を開けましょうか?)


Shall I call the station staff?
(駅員を呼びましょうか?)


Shall we stop the train/bus?
(電車・バスを止めましょうか?)


Do you feel faint?
(貧血気味ですか?)




4. 自分が席を譲って欲しい時に使える英語



海外旅行・滞在の際に「優先席に座りたい」という場合があります。私の経験では、イギリス人やアメリカ人は殆どの場合、妊婦さんやお年寄り、体の不自由な方に声をかけて席を譲ります。

ですが、もし自分の大きなお腹や杖などに気が付いてもらえない場合には、こちらのフレーズを使って席を譲ってもらう事が出来ます。



実際の例文:


May I sit down?
(私は座ってもいいですか?)


I’m not feeling well. Could I have a seat?
(私は体調が悪いんです。席を譲ってもらっていいですか?)


Could you let this lady/gentleman sit down?
(こちらの方に席を譲ってくれますか?) ※これは自分ではなく違う人が座りたがっている際に使えるフレーズです。


以上、今回は「英語で席を譲る際に使えるフレーズ」を紹介してみました! 今度日本の電車やバス、海外旅行中に席を譲る際には使ってみて下さいね!相手の方はきっと喜ぶはずですよ^^







   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^




Share This Post