ここがイギリス?! イギリスとは思えないエキゾチックな観光名所 TOP5


イギリスとは思えないようなエキゾチックな人気観光スポットのトップ5を紹介します!



今回の記事では、ちょっと変わった視点でイギリスの美しさを紹介してみたいと思います(笑)。最近、当サイトでは、イギリス英語の単語やイディオムばかり紹介しています。

さすがにそれだけでは、退屈になってしまう方もいると思いますので^^ 今回の記事では久しぶりに「イギリスの美しい観光スポット」をちょっと変わった視点から紹介していきたいと思います。

私は最近、記事のインスピレーションを得るために色々なイギリスの新聞記事を読んでいて、こちらの面白い記事を発見しました:


参考:「20 places you won’t believe are in Britain」(日本語訳:イギリスだと思わない20個のスポット)


この記事では「イギリスらしくない面白い観光スポット」が紹介されています。その新聞記事では「20ヶ所」が紹介されていますが、私はそのリストの中から特に変わった場所を選びトップ5として紹介してみたいと思います。

それでは、どんな面白い・変わったイギリスの観光スポットなのでしょうか? 一緒に見てみましょう!


ここがイギリス?! イギリスとは思えないエキゾチックな観光名所 TOP5
ここがイギリス?! イギリスとは思えないエキゾチックな観光名所 TOP5


こちらの記事もお勧めです:





1. フランスの「モン・サン=ミシェル」ではなく、イギリスの「セント・マイケルズ・マウント」に行こう!



海外旅行好きの方は、フランスの「モン・サン=ミシェル」という有名なお城をご存知だと思います。実はイギリスにもこれとそっくりな観光名所があります。それはイギリスのコーンウォール州にあるお城です。

イギリスのバージョンは「St Michael’s Mount」という場所です。この島・お城はフランスのモン・サン=ミシェルほどは有名ではありませんが、同じくらい美しいと思います。

そして、わざわざフランスまで行かなくていいという長所もあります(笑)。この場所はロンドンからは、かなり離れていますが、電車とバスを使って行く事が出来ます。

ロンドンからPenzance駅まで行って、その後タクシーかバスでMarazionという町まで行きます。そして、そこからお城は直ぐに見る事が出来ます。

参考:「St Michael’s Mountの公式サイト




2. インドの「タージ・マハル」ではなく、イギリスの「ブライトン・パヴィリオン」に行こう!



インドのタージ・マハルの雰囲気を感じたいけどインドまで行きたくない!という方は(笑)。イギリスの南海岸にあるブライトンという町に行くタージ・マハルにそっくりな建物を見ることが出来ます^^。

ブライトンはロンドンからとても行きやすい場所にあるので、簡単に日帰りの旅行で楽しめるような観光の町です(私がイギリスに帰った際によくブライトンに行きます!)。

ブライトンは海の町なので勿論、ビーチもありますが、カルチャーも沢山あります。イギリスのゲイコミュニティーで最も人気のある町ですし、買い物やアート、音楽などもあります。

しかし、最も見てびっくりする事として「ブライトン・パヴィリオン」という建物があることです。このビルは1797年に当時の王子の命令で作られました。

彼はインド風の建物が大好きだった事もあり、自分の好きなブライトンでインド風の別居を作ってもらいました。このビルはブライトンにある他の建物とは全く合いませんが(笑)、パヴィリオンを見たら「まるでインドに来たような感じ」になるのではないかと思います!


参考:「ブライトン・パヴィリオン公式サイト





3. 中国の「万里の長城」ではなく、イギリスの「ハドリアヌスの長城」に行こう!



中国には世界でも有名な「万里の長城」がありますが、イギリスにも「ハドリアヌスの長城」というものがあります! 英語の名前は「Hadrian’s Wall」と言います。

この長い「長城」(英語:wall)は122年ADに初めて作られました。つまり、2000年前くらいに建てられた長城です!

この長城はHadrianというローマ帝国皇帝によって建てられて、当時のローマ帝国の北の境でした。現在のイングランドとスコットランドの国境にとても近い場所です。

確かに、イギリスのハドリアヌスの長城は中国の万里の長城ほど素晴らしくはありませんが、世界遺産に登録されているのでイギリスの北部に行く機会がある方は是非見に行った方が良いと思います。

ハイキングの好きな人は長城に沿って歩く事が出来ます(夏限定)。ハドリアヌスの長城に行きたいなら、ニューキャッスルか、カーライルから電車とバスを使って行く事が出来ます。

参考:「ハドリアヌスの長城の公式サイト」 




4. カリフォルニアの「ワイン製造ぶどう園」ではなく、イギリスの「キャメル・ヴァレー・ヴィンヤード」に行こう!



イギリスはワインで有名な国ではありませんが、一応ワイン製造のブドウの国があります! 最も魅力的なワイン製造の地方はイギリスの南の方にあるコーンウォール州です。

コーンウォールの「Camel Valley Vineyard」という場所は、とても美味しい場所で白ワインとスパークリングワインを製造しています。

ワインテイスティングツアーがありますので、ワインが好きな人は絶対行ってみた方がいいと思います! Camel Valley VinyardはコーンウォールのBodminに近いです。

参考:「キャメル・ヴァレー・ヴィンヤード公式サイト




5. イタリアの「アマルフィ海岸」ではなく、ウェールズの「ポートメリオン」に行こう!



「ポートメリオン」はウェールズにありますが、まるで地中海の海岸の町のように見えます。この町は1920年代にSir Clough Williams-Ellisというイギリス人の建築家によってデザインされた町です。

彼はウェールズにイタリア風の村を作りたかったです。現在、ポートメリオンは観光スポットとなっています。今までの数多くのイギリスのテレビドラマがポートメリオンで撮影されています。

この町はロンドンから少し行きづらいですが、一応電車で行く事が出来ます。先ずは、ロンドンからLlandudno Junctionという(ウェールズにある)駅まで乗ります。その後、Conwy Valley線に乗ります。Blaenau Ffestiniogという駅でまた乗り換えて、Minffordd駅で降ります。3キロくらい歩いたらポートメリオン町に付きます。


参考:「ポートメリオン公式サイト


以上、今回は5個の不思議な観光スポットを紹介しました! 今度イギリスに行く機会がある方は、ロンドンだけではなく、是非こういった場所にも足を運んでみてくださいね^^







   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^




Share This Post