独学で英語を勉強する人が知るべきイギリス英語とアメリカ英語の長所・短所について


独学で英語を勉強する人はイギリス英語とアメリカ英語のどちらを勉強するべき?



独学で英語をマスターしようと思っている人は、基本的にイギリス英語、アメリカ英語をどちらを選んでも特に変わりはないでしょう
特にベーシックな英語の基礎知識、英会話やコミュニケーションが出来るレベルを目指しているのであれば、尚更問題ないと思います。


いずれにしても、もしあなたが、イギリス英語とアメリカ英語のどちらマスターした場合でも
世界中のグローバルなビジネスシーンで使える英語ですし、各国の英語圏のネイティブの人達にも全く問題なく理解されます。


しかし、厳密に細かい部分を比べてみると双方にもやはり長所や短所はあります。


このページでは、イギリス英語とアメリカ英語の長所・短所について
細かい部分まで比べて紹介していきたいと思います。



英語独習者にとってのアメリカ英語の長所




イギリス英語とアメリカ英語の長所・短所について
イギリス英語とアメリカ英語の長所・短所について




アメリカ英語は、アジア諸国を中心に日本や韓国、中国、南米の諸国でも教えられています。
(フィリピンで話されている英語は文法とスペルがアメリカ英語ですが句読点などはイギリス英語に近い。日付の表現は、フィリピン独自の英語表記を使っている)

またアメリカ人以外にも、アメリカ英語を話す人達は世界的に多いです。

アメリカ国内の人口は、約300,000,000人です。
また、アメリカのどんな町や州に行った場合でも、聞き取れないような強いアクセント、発音は比較的少ない
(アメリカでも地方に行くと訛りはありますがが、イギリス程多くないです)。

そして、アメリカとお隣の国カナダの発音はアメリカ人が話す英語と殆ど変わりません。
以上の事からも、アメリカ英語を話すネイティブスピーカーは多いので英会話の練習パートナーとしては多い事も良い点です。

日本で販売されている英語教材は、アメリカの新聞、雑誌、映画、音楽、ニュースメディア等を利用した、学習教材が多く
アメリカ英語の発音や文法を勉強したければ、学習の選択肢は本当に多いです。この点も英語学習者には良いポイントです。

またアメリカ英語は、ポップカルチャー以外にも、専門的な情報のウェブサイトやテクニカル系の情報の大部分がアメリカ英語で書かれている点も大きいです。もし、あなたがテクノロジーやサイエンスの分野で働いている人であれば、アメリカ英語の方を勉強した方がいいかも^^ しれませんね。



英語独習者にとってのアメリカ英語の短所



イギリス英語とアメリカ英語の発音のわかりやすい違いとしてあげられるのが、「r」の発音です。アメリカ人は「r」音韻をはっきり発音します。

英語の「r」の発音は、日本人にとって最も苦手な発音の一つでしょう。繰り返し訓練すれば出来るようになると思いますが
やはり日本人にとって、アメリカ英語の発音は少し難しいという意見があるのも理解出来ます。

また、アメリカ英語を中心に紹介している辞書は意外と少ないんです。
一般流通している、多くの英語辞書はイギリス英語で作られています。勿論、内容はイギリス英語を中心に紹介されています。





英語独習者にとってのイギリス英語の長所




イギリス英語とアメリカ英語の長所・短所について
イギリス英語とアメリカ英語の長所・短所について




イギリス英語は、イギリス以外の国、例えば近隣のヨーロッパの諸国でも教えられています。
また、今現在でもアフリカの諸国(特にイギリスの元植民地)で使われています。ですから、イギリス英語を使っている人は、イギリス(人口:62,000,000人)以外の世界各国で使われています。

日本人のみなさんのイメージだと、英語圏=アメリカという印象が強いと思いますが、他の英語圏の国としてオーストラリアやニュージーランドがありますが
これらの国には、自国の英語があります。オーストラリア人やニュージーランド人が話す英語は、アメリカ英語によりもイギリス英語の発音に近い英語です。
以上の事からもわかるように、イギリス英語を使っている国、人は意外と多いんです。^^


またイギリス英語の辞書を使うと、イギリス英語の発音以外にも、アメリカ英語の発音も記載されているので、同時に双方の英語の違いについて勉強する事も出来てしまいます。


イギリスは国土的に小さい国ですが、世界中で広く読まれているメディアが多くあります。例えばBBCのドキュメンタリーを使ってイギリス英語を勉強する事が出来ますし、映画でイギリス英語を勉強する場合でも、ハリー・ポッターや、ブリジェット・ジョーンズ、007(ジェームズ・ボンド)等を使って勉強する事も出来ますね。^^

音楽が好きな人には、ビートルズやオアシスなどのロック音楽を使って勉強する事も出来ますね。

また、アメリカ人にとっても、イギリス英語の発音は、少し上品なイメージがあります。
イギリス英語の発音は、実は、RPというアクセントで、テレビのニュースやドキュメンタリー番組等のメディアで広く使われているアクセントなのです。主にイギリスの専門的な職業の人や上流階級の人々に使用されているアクセントです。

以上の理由からも、イギリス英語は少し上品なイメージがあるんです。^^



上記でも説明したように、アメリカ人にとって、イギリス人の話す英語は、少し「インテリ」なイメージを連想させるアクセントのようです。
また、もしあなたが、アメリカに行ってイギリス英語を話せれば、そのアクセントはチャームポイントになります。^^

多くのアメリカ人は、イギリス英語のアクセントがチャーミングで可愛いと思っている人が多いんですね。^^

イギリス人の話す英語は、日本人が話す自然な英語のアクセントに近いかもしれません。
イギリス英語は、子音がはっきり発音されているので、アメリカ英語のような「r」の発音は滅多に出ません。



英語独習者にとってのイギリス英語の短所



イギリスは小さい国で人口も多くありませんが、イギリス人の話す英語のアクセントのバリエーションはとても多いです。
実際に、あなたがイギリス英語をマスターして、イギリスに行った際、現地で使われているイギリス英語と自分が学んできたイギリス英語のギャップに対して少しビックリするかもしれませんね。^^


例えばイギリスでは、近隣の街から30kmしか離れていない街であっても、その街の人が話す英語のアクセントは全く違う事もあります。
上記で紹介した、「RP」を使っているイギリス人は比較的少ないかもしれません。

当然、テレビやメディアは「RP」を使って話していますが、田舎の人達は自分達の方言で話している人が多いです。
(これは、日本でも全く同様のことが言えると思います。)



英語独習者にとってのイギリス英語とアメリカ英語を比較したまとめ



イギリス英語とアメリカ英語の長所と短所をまとめてみましたが
どうでしたでしょうか?

やはり英語教材や英語学習に使えるメディアだけを見比べてみると、アメリカ英語の方が勉強しやすいですね。
これは、当然と言えば当然ですが、日本の学校では、アメリカ英語を中心に教えていますし、本屋の英語教材のコーナーにいっても
アメリカ英語を中心に解説されている教科書や、教材が殆どですからね。


しかし、結果からもわかるように、英語学習においては、どちらの英語を選んだとしても違いは差ほどありません。
世界中どこに行っても、イギリス英語とアメリカ英語の双方の英語が使われているので、
結局は、個人が必要に応じて、どちらの国に行くのか?どちらの国の人とビジネスする機会が多いのか?
以上の事を比べて、選ぶようにするべきだと思います。







   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^




Share This Post