幼児・子供と一緒に読めるイギリス英語の絵本お勧めリスト!


バイリンガルな子供を作たいと思っている方におすすめ!イギリス英語教材として使える幼児・子供向けのお勧め絵本リスト紹介



私は先週アップした記事で「イギリスで最も人気のある子供向けの番組・アニメ」について紹介しました。

参考:「子供の英語耳の作り方でお勧め出来るテレビ番組・アニメーション(イギリス英語版)を紹介

その記事が思ったよりも多くの方に喜んでもらえたという事もあり、今回の記事でも、”幼児や子供の英語学習にもお勧めできるイギリス英語の絵本”について紹介していきたいと思います。




小さい子供は絵本やシンプルなストーリーが大好きなので、一緒に英語で読み聞かせてあげると、子供の英語ボキャブラリーは自然に増えていくでしょう。

そして、自分の英語力にあまり自信がなくても内容は簡単なものなので心配いりません。子供の本に書いてあるシンプルな文章を読み聞かせてあげるだけで、正しい英文法が子供の頭にすっと入っていくと思います。


テレビやアニメを観る事は子供にとって少しだけ「受け身なアクティビティ」です。しかし、親子で一緒に本を読みながら、その内容に対して英語でクイズやゲームをしたり、絵を指さしたり、何かを探させたりする遊び方も出来ますね。


つまり、子供と一緒に英語で本を読む事はコミュニケーション的なアクティビティですね。

これらは子供の英語力をアップさせる上でとても大切な学習法になると思います。



幼児・子供と一緒に読めるイギリス英語の絵本
幼児・子供と一緒に読めるイギリス英語の絵本


おすすめ記事:




子供と一緒に英語の絵本を読む際に使える英語フレーズ:



Where’s the duck?
(カモ(の絵)はどこにいる?)


Can you find the tiger?
(トラ(の絵)はどこにいる?)


What’s this?
(これは何ですか?)


Let’s count the ducks.
(カモの数を数えましょう。)


That’s right!
(その通り!・正解だよ!)


Well done!
(よく出来ましたね!)


There it is!
(そこにいるよ!)


Turn the page.
(ページをめくってね。)


Let’s finish now.
(もう終わりましょうね。)




子供・幼児と一緒に読めるお勧めのイギリス絵本: 1.Spot



Spotとは子犬のキャラクターです。Spotのお母さんはSallyといいます。この二人(二匹?)は色々な可愛いアドベンチャーを経験していきます。

このシリーズは1980年に初めて出版されました。大抵のイギリス人の子供はSpotの絵本を読んだことがあります。Spotの絵本はとてもシンプルでキャラクターも可愛いです。

本の中には色々な紙で作った「ドア」があります。子供はこのドアの後ろに何が隠れているのか気になります。そのドアの仕掛けを使って楽しませながら読むと子供の集中力を保てるかもしれませんね^^






子供・幼児と一緒に読めるお勧めのイギリス絵本: 2.Dear Zoo



私の意見では、小さい子供は動物を見る事が大好きです。この本はカラフルで可愛い動物の絵が沢山入っていますので、小さい子供も喜びながら飽きる事無く本に集中出来ると思います。

上記で紹介したSpotと同じように「ドア」の仕掛けがあり、ドアの後ろには動物が隠れていますので、この動物について話しながら本を楽しむと本に集中させる事が出来そうです。






子供・幼児と一緒に読めるお勧めのイギリス絵本: 3.Maisy



Maisyはネズミのキャラクターです。彼女はいつもパンダを持っています。Maisyの友達には色々な動物がいます。Maisyと友達は色々な場所(スーパー、プール、牧場、飛行場など)に出掛け様々な体験をしていきます。

この本は上記で紹介した本よりも、少しだけ年上の子供向けに作られています。本は通常のペーパーバックで、厚紙の本ではないので2才の子供には丁度いいと思います。





Maisyは本だけではなく、アニメもあります。興味がある方は以下の動画をご覧下さいね^^







子供・幼児と一緒に読めるお勧めのイギリス絵本: 4.Goodnight Buster



Busterは小さい男の子です。Busterは寝る前に自分の家族、ペット、おもちゃに「おやすみなさい」と言います。ちょっと可愛いストーリーです。

この絵本は厚紙なので小さい子供が乱暴に扱っても破れずに安全に楽しめます。絵の中にふわふわした部分もついていますので、そういったものを子供が触れながら楽しめます。






子供・幼児と一緒に読めるお勧めのイギリス絵本: 5.The Tiger Who Came To Tea



この本のタイトルを日本語にすると「お茶の時間に来たトラ」というタイトルになります。ですから、タイトルでもわかるように、とてもイギリスっぽいテーマだと思います(笑)。

この本は30年前に書かれましたものですが、現在は「クラシック」作品として考えられています。日本語版もありますので「バイリンガルな環境で子供を育てたい」という方にはとても良い教材になると思います。

私の意見では、2才くらいの子供が一番喜ぶような作品だと思います。





以上、今回の記事では、子供と一緒に読みながら英語の勉強が出来るイギリス英語の絵本をお勧め順に紹介してみました!

小さな子供がいる方は是非、音読しながら読み聞かせてあげてみて下さいね^^






   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ  

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^






Share This Post