ペッパーピッグの日本語訳を使って子供(幼児)と一緒に英語学習する方法紹介(パート1)


イギリスで人気のアニメ:ペッパピッグの日本語訳を幼児英語教育に活用してみよう



今回の記事も嬉しい事に読者の方から質問を頂いたので、それについて答えていきたいと思います。頂いた質問は「子育て英語とPeppa Pigの台詞に関する質問です。


皆さんはPeppa Pig」というイギリスのアニメはご存知でしょうか?私は以前、別の記事でイギリスのアニメについて紹介した事がありますが、「Peppa Pig」はイギリスで大人気の子供向けアニメーションです。

またアニメーション以外にも、絵本、玩具、雑誌など「Peppa Pig」関係のグッズが数多く販売されています。

おそらく、イギリス人の子供であれば殆どの子が「Peppa Pig」の存在を知っていると思います(笑)。そのくらい有名なアニメーションですね^^

「Peppa Pig」のアニメは短く聞き取りやすいので、子供の英語力を上達させる為にはとても良いと思います。そして、大人の英語学者が見ても結構勉強になると思います(笑)。

おすすめ参考記事:


以前に「子育てイギリス英語」についても書いた事がありますので、下記のリンクもご覧ください。

おすすめ記事その2:



では、読者の方から頂いた質問はこちら:



読者の方の質問:



こちらのブログの大ファンです。見つけたのはつい3か月ぐらい前ですが・・・
ただ今子育て中で4歳半と1歳半の子供を私のつたない英語で育てています。

ブリティッシュイングリッシュが好きでオックスフォードリーディングツリーやペッパピッグなど日本で手に入ったり視聴できる限りのイギリス文化に触れるために読み聞かせをしたり視聴したりしている状態です。

最近では、自力の英語学習は頭打ちでこちらのブログにも随分助けられています。

さて、ペッパピッグの英語がたまに聞き取れず日本語訳もわかればいいのになと思います。

こちらの記事でペッパピッグの翻訳記事を書いていただくことは出来ませんでしょうか?

うちの子供がいつも見ているのは、ペッパピッグ

・Not Very Well
・Best friend
・Lunch
・Painting Season
・Flying on Holiday

などです。Noisy Little Lionというアニメも大好きです。

あと子供向けの生活用語や、庭で遊ぶ時の会話、買い物などの会話など、ネイティブの方や子供たちが使う英語をもっと教えていただきたいです。
よろしくお願いします!




いつも当サイトを読んでくれてありがとうございます^^ そして、今回も質問を送って頂きありがとうございます!

今回の質問はいくつかの内容に分かれているので、一つの記事でまとめる事は難しいと思いましたので、2つの記事で分けて答えてみたいと思います。

今日の記事では「Peppa Pig」の日本語訳について話していきたいと思います。また、子育て英語は別の記事で書きたいと思います。


子育て英語とペッパーピッグの日本語訳を紹介
子育て英語とペッパーピッグの日本語訳を紹介




Peppa Pig(ペッパーピッグ)の日本語訳を見ながら子供と一緒に英語学習してみよう



では、「Peppa Pig」の台詞について話していきたいと思います。実はこの記事を書く前に私はインターネットで「Peppa Pig」の台詞について調べていると、直ぐあるサイトを見つけました。しかし・・・残念ながら、そのサイトには英語の台詞しか書いてありません(笑)。

こちらのサイトを見てください:

参考サイト:「Peppa Pig」の台詞一覧ガイド


読者の方の子供たちはこちらのエピソードが特に好きなようですね^^

  • Not Very Well
  • Best friend
  • Lunch
  • Painting Season
  • Flying on Holiday


先ずは、「Not Very Well」というエピソードの台詞を見てみましょう。他のエピソードは私は時間のある時に日本語に翻訳してみたいと思います。

今回は「Not Very Well」というエピソードの台詞を日本語に翻訳していきます。


私は「直訳ではなく意訳」を紹介していきますので、文脈によっては同じ英単語を違う日本語で書きました。

では、このエピソードのキーワードとフレーズの意味を先に説明していきたいと思います。


キーワード・フレーズ
  • red spots = 赤いぶつぶつ
  • ring = 電話する
  • rash = ぶつぶつ・はしか
  • pretend = ~ごっこ、~振りをする
  • outfit = コスチューム
  • patient = 患者
  • brave = 勇気がある(子供と話す時、「いい子」、「強い子」という意味になる)


では、台詞を読んでいきましょう。






動画の台詞:

Narrator: Mummy Pig and Daddy Pig have just made breakfast for Peppa and George.
(マミー・ピッグとダディー・ピッグはペッパとジョージの為に朝ごはんを作ったばかりです。


Daddy Pig: Breakfast is ready.
(朝ごはんできたよ!)


Narrator: Peppa has red spots on her face.
(ペッパの顔に赤いぶつぶつがあります。)


Peppa Pig: Mummy, I don’t feel very well.
(マミー、私は体調が悪いよ。)


Mummy Pig: Oh, dear, Peppa. You don’t look very well.
(ああ、ペッパ。あなたは体調が悪そうにみえるね。)


Daddy Pig: Don’t worry. I’ll ring Dr. Brown Bear.
(心配しないで。私はブラウン・ベア先生(医者)に電話するよ。)


Dr. Brown Bear: Dr. Brown Bear speaking.
(もしもし、ドクター・ブラウン・ベアです。)


Daddy Pig: Peppa is not very well. Her face is covered in red spots.
(ペッパは病気ですよ。顔が赤いぶつぶつだらけですよ)。


Dr. Brown Bear: Hmmm. Put Peppa to bed and I’ll come straight round.
(そうですか。ペッパを寝かして、私は直ぐにあなたの家に行きますよ。)


Narrator: Dr. Brown Bear has come to make Peppa better.
(ドクター・ブラウン・ベアはペッパを治す為に家に来てくれました。)


Dr. Brown Bear: Hello, Peppa. How are you today?
(こんにちはペッパ。今日の調子はどうですか?)


Peppa Pig: I’m not very well.
(私は体調が悪いよ。)


Dr. Brown Bear: Stick your tongue out, please.
(ベロを出してください。)


Dr. Brown Bear: Hmm. It’s not anything serious. Peppa has just got a rash.
(そうですね。重い病気ではありません。ただのぶつぶつですよ。)


Peppa Pig: Do I need medicine?
(薬は要るの?)


Dr. Brown Bear: The rash will clear up quickly, but if you like I can give you just a little medicine.
(ぶつぶつは早く消えますが、薬が欲しいなら、ちょっとだけあげますよ。)


Peppa Pig: Yes, please.
(はい、欲しいです。お願いします。)


Dr. Brown Bear: I’m afraid it doesn’t taste very nice. Open wide, please.
(残念ながら、あまり美味しくないよ。口を大きく開けてくださいね。)


Peppa Pig: Yuck! Disgusting!
(まずい!)


Dr. Brown Bear: You are a brave little one for taking it so well.
(あなたはいい子ですよ。よく飲めたね。)


Dr. Brown Bear: Peppa must stay in bed. I’ll call back later to check that she’s better.
(ペッパはそのままベッドで寝ないとダメですよ。私は後でちゃんと直ったかどうか確認しに戻りますよ。)


Mummy Pig: Can Peppa have visitors?
(ペッパに会う為に来客が来てもいいですか?)


Dr. Brown Bear: Oh, yes, she can have visitors. The rash isn’t catching. Goodbye.
(来ても大丈夫ですよ。ぶつぶつは移らないから大丈夫ですよ。では、さよなら。)


Daddy Pig: Goodbye, Dr. Brown Bear.
(ドクター・ブラウン・ベア、さよなら。)


Peppa Pig: Mummy, can I get up now?
(マミー、今起きていい?)


Mummy Pig: Dr. Brown Bear says that you must stay in bed for a little bit, Peppa.
(ドクター・ブラウン・ベアによると、あなたはしばらくベッドで寝ていないとダメですよ、ペッパ。)


Peppa Pig: Oh. But it’s so boring.
(そうなの?でも、とても退屈だよ。)


Mummy Pig: Dr. Brown Bear did say you could have visitors.
(でも、ドクター・ブラウン・ベアは来客が来ても大丈夫だと言っていたわよ。)


Peppa Pig: Could Suzy Sheep visit me?
(スージー・シープが来てもいい?)


Narrator: Suzy Sheep is Peppa’s best friend.
(スージー・シープはペッパの最も仲の良い友達です。)


Mummy Pig: I’ll ring Suzy Sheep’s mummy.
(じゃあ、スージー・シープのお母さんに電話しますよ。)


Mrs Sheep: Hello, Mrs Pig.
(もしもし、ピッグさん。)


Mummy Pig: May Peppa talk with Suzy, please?
(ペッパはスージーと話してもいいですか?)


Peppa Pig: Hello, Suzy.
(こんにちはスージー。)


Suzy Sheep: Hello, Peppa.
(こんにちは、ペッパ。)


Peppa Pig: I’m not very well. I have red spots on my face.
(私は体調が悪いのよ。顔にぶつぶつができているのよ。)


Suzy Sheep: Has the doctor been?
(医者は来たの?)


Peppa Pig: Yes, Dr. Brown Bear was here. He said I wasn’t very well and that I was very brave.
(そうよ。ドクター・ブラウン・ベアが来たよ。彼は私が病気だけどとてもいい子と言ってくれたのよ。)


Suzy Sheep: So are you really ill?
(本当に病気なの?)


Peppa Pig: Yes, yes. It’s not pretend. I have to stay in bed. Dr. Brown Bear gave me medicine that tasted really horrible.
(そうですよ。嘘じゃないよ。私はベッドで寝ないとダメです。ドクター・ブラウン・ベアはとてもまずい薬を飲ませたよ。)


Suzy Sheep: I’m coming to see you. I’m going to wear my nurse’s outfit.
(あなたの家にあなたと会いに行くよ。看護師の制服を着るよ。)


Narrator: Suzy Sheep has come to see Peppa. Suzy is wearing her nurse’s costume. Danny Dog and Rebecca Rabbit have come along too.
(スージー・シープはペッパに会いに来ました。スージーは看護師の制服のコスチュームを着ています。ダニー・ドッグとレベッカ・ラビットも一緒に来ました。


Suzy Sheep, Danny Dog, Rebecca Rabbit: Hello, Peppa.
(こんにちは、ペッパ。)


Peppa Pig: Hello.
(こんにちは。)


Suzy Sheep: How do you feel?
(調子はどう?)


Peppa Pig: I’m not very well, Suzy. I have to stay in bed.
(私は体調が悪いよ、スージー。私はベッドで寝ないとダメだよ。)


Suzy Sheep: What can we do to make you better?
(私たちはあなたが元気になるために何をすればいい?)


Peppa Pig: You can get me some orange juice.
(オレンジジュースを持って来たらいいと思う。)


Suzy Sheep: Okay.
(はい。)


Narrator: Peppa seems to be quite enjoying herself.
(ペッパは楽しんでいるようです。)


Peppa Pig: Thank you, Suzy.
(ありがとう、スージー。)


Suzy Sheep: Do you feel any better?
(体調は良くなった?)


Peppa Pig: A little bit.
(少し。)


Peppa Pig: Danny, ask my mummy if I could have some ice cream. And Rebecca, could you bring me some flowers from the garden?
(ダニー、私のマミーにアイスクリームを頼んで。レベッカ、庭から花を取ってきてくれる?)


Narrator: Dr. Brown Bear is here to see whether Peppa is better.
(ドクター・ブラウン・ベアはペッパが治ったかどうかを確認する為にやって来ました。)


Dr. Brown Bear: Ah, good. The nurse is already here. How is the patient?
(あ、いいですね。看護師さんはもう来てくれました。患者さんはどうですか?)


Suzy Sheep: I’m not a real nurse. It’s just pretend.
(私は本物の看護師じゃないよ。ただの看護師ごっこだよ。)


Dr. Brown Bear: I see. Would you like me to take a look myself?
(なるほど。私が診てみましょうか。)


Suzy Sheep: Yes, please.
(はい。)


Dr. Brown Bear: I say! No more red spots! You’re completely better.
(いいですね!ぶつぶつはもうないね!あなたは完全に治りました!)


Peppa Pig: Aren’t I still a bit ill?
(まだちょっと病気は残っていないの?)


Dr. Brown Bear: How do you feel?
(自分はどう感じますか?)


Peppa Pig: I think I should stay in bed a little bit more.
(私はもう少しベッドにいた方がいいと思う。)


Daddy Pig: I fancy a game with this ball in the garden. Who wants to join me?
(私はこのボールを使って庭で遊びたいと思っているよ。一緒に遊びたい人は?)


Suzy Sheep, Danny Dog, Rebecca Rabbit: Me, me, me!
(はい!はい!はい!)


Peppa Pig: Me too!
(私も!)


Dr. Brown Bear: Well, I never. A complete recovery.
(信じられない!完全に治った!)



文字にすると翻訳は結構長くなってしまいますね^^。では、次の記事で他の台詞や子育てに関する英語を紹介していきますのでお楽しみに^^










   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^




Share This Post