アイルランド映画「ジミー野を駆ける伝説」という映画のレビューとアイルランド英語の特徴や発音も紹介


アイルランド映画を観ながらアイルランド英語の特徴や発音を勉強してみましょう!



今回の記事では久しぶりになりますが、映画のレビューを紹介していきたいと思います^^

最近、仕事やプライベートでとても忙しくなってしまった事もあり、中々落ち着いて映画を観る時間がなかったのですが、今週末になって、ようやく家でゆっくり過ごし面白い映画を観る事が出来ましたので、映画のレビューをまとめてみました^^


当サイトでは、基本的にはイギリス英語をメインに紹介しているサイトですが、アイルランドという国はイギリスに近いです。

そして、このサイトを見てくれている読者の方の中にはアイルランドへ留学する方、旅行に行く読者の方もいらっしゃると思いますので、時々アイルランド関係の映画やドラマも紹介してみたいと思います^^


そして、私は一応アイルランド系のイギリス人(まぁ、母親の両親はアイルランド生まれ育ち!)なので、自分も個人的にアイルランドのカルチャーに興味があります^^

今日紹介する映画は「ジミー、野を駆ける伝説」という少しマイナーなインディーズの映画です。この映画は1930年代のアイルランドが舞台になっており、殆ど事実に基づいているストーリーなのでとても面白い映画です。


アイルランド映画「ジミー野を駆ける伝説」という映画のレビューとアイルランド英語の特徴、発音も紹介!
「ジミー野を駆ける伝説」のレビューとアイルランド英語の特徴や発音を紹介!


こちらの記事もお勧めです:




「ジミー・野を駆ける伝説」のあらすじについて



1932年にニューヨークへ渡り、仕事を探しに行ったジミー・グラルトンは10年ぶりにアイルランドに戻ってきます。

ジミーはアメリカにいる間に資金を貯める事が出来たので、閉館されていた村の「ホール」(=会館)を地元の若者達のために再開させる事にします。

彼と他のボランティア達はそのホールで色々な教育的なクラスを教えます。例えば、アート、伝統的なアイリッシュ音楽、リーディング、ダンスなどのレッスンを行います。

ジミーと彼を支える仲間達は「貧しい労働者であっても教育を受ける権利がある」という考え方を大切にしています。




村の若者はジミーのホールが大好きですし、多くの人々が彼の教育的な計画を応援してくれますが、ジミーの活動を反対する人も出てきます。特に村のカトリック神父はジミーと彼の活動を反対しています。

ジミーは神様を信じませんし、カトリック教とは違った考え方を広めようとしている事から、神父はジミーのホールを閉鎖させようとします。

ある日、ジミーは、大家に追い出されてしまったという貧しい家族の話を耳にします。彼は「貧しい恵まれない人を助ける」というホスピタリティーの精神がある為にその家族を支援する事にします。

しかし、彼は色々な問題に巻き込まれて、最終的に警察に逮捕されてしまいます。ジミーは勿論、アイルランド人ですが、まだアメリカのパスポートも持っています。

その理由から、ジミーはアイルランドから追放され、再びアメリカに戻されてしまいます。

ジミーの裁判は不当だと考えた彼の家族や村の人達はデモを行いますが、ジミーはアイルランドに戻る事が出来ません・・・。 彼は一体どうなってしまうのでしょうか・・・。



「ジミー・野を駆ける伝説」のトレーラー







「ジミー、野を駆ける伝説」のストーリーは本当にあった話なのでしょうか?



この映画のストーリーは、ジミー・グラルトンの事実に基づいて作られています。ジェームズ・グラルトン(本名)はアイルランドから追放された一人だけのアイルランド人でした。

彼は1886年にアイルランドのリートリム州で生まれて、1945年にアメリカのニューヨークで亡くなりました。彼は社会主義者で1933年にアイルランドから追放されました。

2016年になり、アイルランドの大統領はジェイムズ・グラルトンの家族に正式に謝罪しています。現在、ジミーのホールがあった場所には、ジミーのための記念碑があります。




「ジミー、野を駆ける伝説」に出る英語はどんな英語?



率直に言うと、アイルランド英語に慣れていない方の場合、この映画に出る英語はかなり聞き取りづらいと思います(笑)。

私にはアイルランド人の家族、親戚が多いですし、子供の頃からよくアイルランドへ遊びに行っていましたので、アイルランド人のアクセント、訛りなどは全く問題ありませんが、日本人の英語学習者には少し難しいかなと思います。

しかし、アイルランド人の訛り、イントネーションになれると少しずつ聞き取れるようになると思います。

映画のスクリプトを読んで同時に映画を観るとアイルランド英語の訛りに慣れてくると思います。

参考資料:「ジミー、野を駆ける伝説」映画のスクリプト


私は以前、別の記事でアイルランド英語のボキャブラリーを紹介しました。興味がある方は、是非こちらをご覧ください。

アイルランド英語参考記事:



「ジミー、野を駆ける伝説」



今回私は、この映画をアマゾンプライムビデオで観ました。アマゾンプライムビデオは、月額の費用が安いわりには、非常に多くの映画を観る事が出来るコストパフォーマンスの良いサービスですね。

また、多くのイギリス映画やアイルランド映画が観る事が出来ますので、イギリス英語の学習者にもお勧め出来るコスパの良いサービスですね!

>>  アマゾン・プライム・ビデオ


ストリーミングで映画を観たくないという方には、字幕付きのDVDもお勧めです。



「ジミー、野を駆ける伝説」の公式映画スクリプト(ペーパーバック・キンドル)も販売されているようです。こちらも映画を観ながら使ってみると役に立つと思います。










   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^




Share This Post