「ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出」を見た際の感想と映画中のイギリス英語を紹介


エリザベス女王が主人公のイギリス映画「ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出」のレビューと作品の分析



今回の記事では、久しぶりにイギリスの映画を紹介したいと思います。今日紹介する映画は「ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出」という王家に関する映画になります。

この映画は一応本当の話に基づいていますが、実はスクリプトのライターは色々な部分を脚色しているのである程度「作り話」として考えて映画を観た方が良いと思います(笑)。

何とこのストーリーの主人公はエリザベス女王なんです(笑)^^ それでは、いつものように映画のあらすじを簡単に紹介していきます。


「ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出」というイギリス映画を観た際の感想と映画内のイギリス英語を紹介
「ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出」というイギリス映画を観た際の感想を紹介


こちらの映画レビュー記事もお勧めです:




「ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出」のあらすじについて



この映画の舞台はロンドンの「VE Day」(ヨーロッパ戦勝記念日)になります。ヨーロッパの戦争はやっと終わってイギリスの国民は大喜びしました。ロンドンの人たちは家から出て外で集まってパーティーを行っていました。

当時の19歳のエリザベス王女と妹のマーガレット王子はバッキングハム宮殿にいました。彼女達はヨーロッパの戦争が終わったというニュースを聞いて一般大衆の人たちと一緒に祝いたいと思っていました。

しかし、王女であるため、バッキングハム宮殿から一人で出たことはありませんでした。父親と母親に特別に外出する許可をもらおうと思ったエリザベスとマーガレットは、最初は断られると思っていましたが、特別な日という事もあり、ようやく外出する許可をもらいます。




しかし、危ないので付き添いの軍人と一緒にリッツホテルに行く事だけを約束させられました。ですが、マーガレットとエリザベスはリッツホテルのパーティーがとてもつまらないと思い、付き添いの軍人たちから逃げて勝手にロンドンで遊びます。ロンドンでは、バスに乗ったり、一般の人と遊んだりします。

そして、エリザベスはハンサムなパイロットと仲良くなります。エリザベスとマーガレットは約束した時間までにバッキングハム宮殿に戻れるのでしょうか・・。

ハンサムのパイロットとエリザベスはどのくらい仲良くなるのでしょうか・・。あらすじの説明は以上になります(笑)。これ以上説明すると映画を観る魅力がなくなってしまいますので、これで終わります(笑)。



「ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出」のトレーラー







「ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出」はどのくらい本当の話なのでしょうか?



実は「VE Day」にエリザベス王女は外出して一般の人と一緒に宮殿の前で集まって、その雰囲気を楽しんだそうです。そして、その際に気づかれないように帽子をかぶって顔を隠したそうです。

しかし、映画のストーリーで出てくるロンドンバスに乗ったり、ロンドンの怪しいエリアに行ったりするシーンは作り話だそうです(笑)。

エリザベスの外出についてはドキュメンタリーが作られました。そのドキュメンタリーでは歴史家や、エリザベス女王の友達がその日の出来事について話します。興味があればこちらをご覧ください!d







「ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出」に出るイギリス英語



この映画の舞台は1940年代なので、現在のイギリス英語と少し違う発音、言葉遣いが出てきます。しかし、話し方はとても分かりやすいので理解する事が出来ると思います。

この映画に出るスラングは少し古いですが、下記の単語を知っておくべきだと思います。

  • VE Day (Victory in Europe Day) = ヨーロッパ戦勝記念日
  • wizard = 素晴らしい、楽しい(当時のスラング)
  • cheesed = がっかりしている
  • awfully = とても
  • incognito = 身分を隠す
  • bloody = くそ~
  • stunner = 美人
  • not give a monkey’s = 気にしない、かまわない
  • plummy voice = アッパークラスの声・話し方
  • bloke = 男性
  • fizz = シャンパン

参考:「ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出のスクリプト




「ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出」を観る方法



私U-Nextのメンバーなので「U-NEXT(ユーネクスト)」で観ましたが、日本語字幕付きのDVDはアマゾンでも販売されています。










   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^




Share This Post