イギリス英語のスラング禁止!?イギリスの中学校はスラングを禁止している理由


イギリスの学校でスラングが禁止されている理由とは?



当サイトの読者の方はイギリス英語のスラングに興味がある方も多いと思います。ネイティブのように英語を話したいのであれば、文法は勿論、単語、イディオム、そしてスラングの習得が必要になると思います。

しかし、英語スラングは会話であまりにも使い過ぎてしまうと、下品と思われたり相手に思わぬような印象を与えてしまう事もあります。この間、私は新聞でこのような記事を見つけました。

参考リンク:「‘Like’, ‘innit’ and ‘bare’ among slang words banned in school by Harris Academy Upper Norwood


ロンドンのハリス・アカデミーという中学校は、生徒たちが余計なスラングを使って話す事を心配して「正式英語のゾーン」というものを作りました。この学校では教室や廊下で俗語やスラングを使ってはいけません。


ハリス・アカデミーの校長によると現在の若者は正式な英語が使えず、学校を卒業した後に社会に入ってしっかりとした言葉使いが出来ない人が増えているとの事です。

そういった経緯から校長は学校の生徒の英語力を上達させようある改革を打ち出しました。彼の改革は会話の際に使ってはいけないスラングの禁止リストです。


そこで今回の記事は、ロンドンのハリス・アカデミーで禁止されたスラングを紹介したいと思います。(笑)


イギリスの中学校はスラングを禁止している理由
イギリスの中学校はスラングを禁止している理由


参考記事:


イギリスの学校で禁止されたスラング: coz



スラングの意味:coz(なぜなら)

これは「because」(なぜなら)の省略スラングです。この省略は同校で禁止されているので、正式な「because」を使わなければなりません。^^




イギリスの学校で禁止されたスラング: aint



スラングの意味:aint(be notの省略形)

これは「be (am, are, is) not」の省略です。

例えば・・・
I aint going to school tomorrow → I am not going to school tomorrow.
(生徒はちゃんとした文法を使わなければなりません。)




イギリスの学校で禁止されたスラング: like



スラングの意味:like(ギャップを埋める単語として使う)

この単語は別に意味がありませんが、文章に適当に入れて使う単語です。ギャップを埋める単語ですね(笑)。


例文:

I was like, so tired.
(私はさ、なんか・・超疲れたよ。)




イギリスの学校で禁止されたスラング: bare



スラングの意味:bare(veryやa lotの代わりに使われる単語)

この単語は「very」や「a lot」の代わりに使われているスラングです。元々ジャマイカ英語から来たそうです。ロンドンの若い人がよく使う表現ですね。




イギリスの学校で禁止されたスラング: extra



スラングの意味:extra(余分の、特別)

この単語は日本語で「余分の」や「特別の」という意味になります。しかしどうしてこのスラングが禁止されるかよく分かりませんね。生徒がたんに使いすぎているからなのでしょうか・・。それとも私が知らないような何か別の意味があるのでしょうか。




イギリスの学校で禁止されたスラング: innit



スラングの意味:innit(~でしょう、~だよね)

これは付加疑問の「isn’t it?」(~でしょう、~だよね)の省略形です。これは酷い口癖です。使いすぎるとかなりバカッっぽい表現になります。これは禁止した方がいいと思います。




イギリスの学校で禁止されたスラング: you woz, we woz



スラングの意味:you woz, we woz(wasの変形?)

英語では主語によって動詞の形が変わるはずですが、多くの人達はこのルールを無視して、be動詞の過去形を全て「was」にする癖があります。


例文:

You were busy yesterday → You was (“woz”) busy yesterday.
(あなたは昨日忙しかった)




イギリスの学校で禁止されたスラング: basically



スラングの意味:basically(基本的に)

この単語は「基本的に」という意味になります。ですから別にスラングと呼べません。ただこの言葉を使い過ぎてしまうとそのうち口癖になり言葉の意味自体なくなります・・。




イギリスの学校で禁止されたスラング: yeah



スラングの意味:yeah(yesのカジュアルな表現)

これは「yes」のカジュアルなバージョンです。日常会話で使う場合には別に悪くないです。しかし会社の上司や先生等の目上の人と話す時には使わない方が良いでしょう。そして付加疑問として使うと、失礼な言い方に聞こえる可能性があります。








   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^




Share This Post