アメリカでイギリス英語のイディオムが使われるようになった理由とは?


アメリカ人も使い出しているイギリス英語イディオムについて分析



この間、当サイトでイギリス英語のアメリカ化という現象「イギリス英語の歴史と現在のイギリス英語について」についての記事を紹介しました。しかし今回は、その逆の現象として「アメリカ英語のイギリス化」について紹介していきたいと思います^^。



英語圏各国では互いに多くの新しいスラング、ボキャブラリー、イディオム等が共有され使われています。アメリカのパワフルなメディアの影響もあり、新しい単語は益々アメリカから他英語圏の国に広がっていっています。


しかし最近になり、あるアメリカ人の言語学者はアメリカにおいてイギリス英語のミニブームという現象に注目している学者がいます。近年、多くの「イギリス英語スラング」や表現がアメリカでも使われるようになってきました。それは一体どんな事が理由になっているのでしょうか?


アメリカでも使われているイギリス英語イディオムについて
アメリカでも使われているイギリス英語イディオムについて




アメリカ英語のイギリス化



アメリカのデラウェア大学の英語文学の講師のベン・ヤゴダ氏は、アメリカ英語のイギリス化という現象を気がつき、この件についてブログを書き始めました。

彼はアメリカ人がイギリス英語を使った際の模様を自身のブログで記録しています。そして彼のブログの読者は、その単語や表現に対する意見交換を行っています。
 
http://britishisms.wordpress.com


彼は今までアメリカ人が使った150以上のものイギリス化された単語と表現をつけたそうです。
例えば以下のようなものがあります。

  • ginger (赤毛、赤毛をしている人)
  • sell-by date (満期日)
  • cheeky (生意気)
  • chat up (上手な話し方で人をナンパする)



アメリカ英語の「イギリス化」の理由



最近のイギリス英語ミニブームは、様々な事が原因になっていると考えられています。
以下に主な理由を紹介していきたいと思います。



1. アメリカ英語では、微妙な意味を表現できる単語がありません。



イギリス英語も基本的にはそうですが、会話内容によって時々程よい表現か単語が存在しない場合、イギリス英語の単語が丁度いい表現として使える事があるようです。



2. ケーブルテレビの影響でアメリカでも多くのイギリスで作られたテレビ番組が放送されるようになった



ケーブルテレビの影響でアメリカでも多くのイギリスで作られたテレビ番組が放送されるようになりました。テレビを見ている人達は面白かったイギリス英語の単語、変ったイギリス英語の単語を聞いた場合、それらを自然と使うようになります。そして友達や同僚にもそれらが影響して、日常的に使う単語として広がっていくようになるそうです。



3. インターネットにおいてイギリスとアメリカ人の間のコミュニケーションがさらに増えた事



現在ではチャットやソーシャルネットワークのようなサイトで世界中の英語圏の人達が話しあっています。その影響もあり、他国の国にもイギリス英語のボキャブラリーが伝染していきます。



4. アメリカのメディアやライターの影響が強い事。



このマルチメディアの時代ではライター達はライバルが多いです。ジャーナリストやマーケティングの人達はいつも面白いキャッチコピーを捜していますので、お洒落にみえるように「流行」している(イギリスの)単語を使う傾向があります。



5. 最近、アメリカにおいてイギリス人のトップジャーナリストが増えた



アメリカのVogueのエディターはイギリス人ですし、ニューヨーカーなどの雑誌にもイギリス人の編集者が参加しています。このような事がきっかけで、アメリカのメインストリームメディアにおいて、(一時的に?)イギリス人の影響が強くなった事が関係しているという考えがあります。


これらの現象を当のアメリカ人達はどう思っているのでしょうか?多くのアメリカ人は、これらの新しいイギリス風単語を使う事が好きなようですが、それ意外のアメリカ人は嫌がっている人も一部いるとの事です。

同じ意味のアメリカ英語の単語があれば、殆どの人はアメリカ英語の単語を使うでしょう。そしてアメリカ人にとってイギリス英語は「高級」なイメージがあるので、あまりイギリス英語を使いすぎると「この人は調子にのっている!」と思われる可能性があるようです(笑)。

しかし、これらの新しいイギリス英語の単語がアメリカで使い続けられれば、最終的にはアメリカの辞書に入って、普通のアメリカ英語になって使われていく事でしょう。






   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^




Share This Post