イギリス英語とアメリカ英語スペルの違いによる歴史的な背景について


イギリス英語とアメリカ英語の歴史からみるスペルの違い



歴史的にみても、イギリス英語とアメリカ英語は18世紀頃まで、両国共に英語のスペルの制度はとても曖昧で詳しく決まっていませんでした。イギリスとアメリカでは、地方やエリアによって英語の発音が異なっていますので、当然の事ながら単語のスペルにもそれぞれ違いがありました。

時代は18世紀に入り英語辞書が出版されるようになってからは、英語のスペルが明確に決められるようになりました。1755年にイギリス人のサミュエル・ジョンソンは、「A Dictionary of the English Language」という辞書を出版しました。

後の1828年には、アメリカ人のノーア・ウェブスターが、辞書「An American Dictionary of the English Language」を出版しましたた。現在、イギリスとアメリカで使われているスペルの多くは、殆どこの二冊の辞書をベースに作られています。


ウェブスターは当時、自身の思想に基いてアメリカの独立的なアイデンティティーを守る為に「アメリカ英語だけのスペル」を作りました。

しかしイギリスでは、「ラテン語やフランス語やギリシャ語」等の外来語がルーツの単語は、そのスペルが保存されました。歴史的にはこのような違いがあります。



イギリス英語とアメリカ英語の違い
イギリス英語とアメリカ英語の違い





イギリス英語とアメリカ英語のスペルの違いについて詳細



「~ourの単語」

単語の最後の「our」の音節にアクセントがなければ、アメリカ英語のスペルは「u」を抜きます。


イギリス英語アメリカ英語
colourcolor
favouritefavorite
flavourflavor
harbourharbor
honourhonor
humourhumor
labourlabor
neighbourneighbor
rumourrumor

(他の例もある)




イギリス英語とアメリカ英語を比較: ~re/erの語尾



イギリス英語アメリカ英語
calibrecaliber
centrecenter
fibrefiber
litreliter
manoeuvremanoeuver
meagremeager
sabresaber
sombresomber
spectrespecter
theatretheater

(他の例もあります)

デザインやスタイルの為としてアメリカ英語では、「場所」、「建物」、「地名等」にイギリス英語のスペルを使う事があります。



イギリス英語とアメリカ英語を比較: ~ce/seの語尾



イギリス英語アメリカ英語
licence 名詞 license
licence 動詞 license
practice 名詞 practice
practise 動詞 practice
defencedefense
offenceoffense
pretencepretense



イギリス英語とアメリカ英語を比較: ~ise / izeの語尾



このルールは複雑で英語圏のネイティブもよく間違えます。イギリス英語ではギリシャ語がルーツの単語は「izeの語尾」になり、フランス語やラテン語がルーツの単語の場合は「iseの語尾」を使う事になっています。

しかし一般的には、イギリス英語では「~ise」の方が多く、アメリカ英語では「~ize」の方が多いです。
以下に最もよく使われている単語を紹介していきます。


イギリス英語アメリカ英語
organise / izeorganize
recognise / izerecognize
realise / izerealize



イギリス英語とアメリカ英語を比較: ~yse/yzeの語尾



イギリス英語アメリカ英語
analyseanalyze
catalysecatalyze
hydrolysehydrolyze
paralyseparalyze



イギリス英語とアメリカ英語を比較: ~ogue/ogの語尾



イギリス英語アメリカ英語
analogueanalog
cataloguecatalog
dialoguedialog
homologuehomolog
monologuemonolog



イギリス英語とアメリカ英語を比較: ae/oe ギリシャ語ルーツの単語



イギリス英語アメリカ英語
amoebaameba
anaemiaanemia
anaesthesiaanesthesia
archaeologyarcheology
caesiumcesium
diarrhoeadiarrhea
encyclopaediaencyclopedia
faecesfeces
foetalfetal
gynaecologygynecology
haemophiliahemophilia
leukaemialeukemia
oesophagusesophagus
oestrogenestrogen
orthopaedicorthopedic
palaeontologypaleontology
paediatricpediatric

イギリス英語はギリシャ語のスペルを保存しています。



イギリス英語とアメリカ英語を比較: ~llのルール



一般的にイギリス英語では「 l 」で終る単語は過去形になると、もう一つの「 l 」を入れます。勿論、例外もあります。



イギリス英語アメリカ英語
cancelledcanceled
counsellorcounselor
cruellestcruelest
labelledlabeled
modellingmodeling
quarrelledquarreled
signallingsignaling
travellertraveler
travellingtraveling



イギリス英語とアメリカ英語を比較: e抜きのルール


イギリス英語アメリカ英語
ageingaging
likeablelikable
liveablelivable
rateableratable
saleablesalable
sizeablesizable
unshakeableunshakable


さらに詳しくイギリス英語とアメリカ英語の違いについて知りたい方は、私が書いたこちらの教材:「イギリス英語教材:ブリティッシュイングリッシュ・マスター」を是非下さい^^









   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^




Share This Post