イギリス人が嫌う英語 クリシェ「cliche」(決まり文句・常套表現)の紹介:パート2


イギリス人に嫌われる英語表現:クリシェ「cliche」(決まり文句・常套表現)



今回の記事は前回に引き続き、「イギリス人の最も嫌いなクリシェ」という記事の続きです。

前回の記事:(イギリス人の最も嫌いな英語 クリシェ「cliche」(決まり文句・常套表現)の紹介:パート1


イギリス人が嫌う英語 クリシェ「cliche」 パート2
イギリス人が嫌う英語 クリシェ「cliche」 パート2





イギリス人が最も嫌うクリシェ(cliche): 11. I’m not being funny but…(私は失礼な事を言いたくないんですが・・・)



「Funny」という単語には様々な意味があります。最も多く使われている意味としては、「面白い・笑わせるくらい面白い」という意味として使われている事が多いです。例えば、「this comedian is funny」というフレーズは、「このコメディアンは面白い」という意味になります。


そして「funny」という単語には、「生意気・おうへいな・失礼」という意味もあります。今回紹介するクリシェの「funny」は、この「生意気・おうへいな・失礼」という意味として使うケースを紹介していきます。このクリシェはデリケートな話や、何か文句を言う前に使う際のフレーズです。


このクリシェがイギリス人に嫌われている理由としては、「失礼な事を言いたくないんですが」と言っておきながら、次に言う内容は「必ず失礼な内容が含まれている事を言う」からなんです(笑)。



例文:

英語: I’m not being funny but this coffee tastes awful.
日本語: 私は失礼な事を言いたくないんですけど、このコーヒーはまずいね。




イギリス人が最も嫌うクリシェ(cliche): 12. You know…(分かるでしょう)



このフレーズは別に意味がありませんが口癖のようなフレーズです。日本語だと、「・・・なんか・・・」、「・・・みたいな・・・」のような口癖だと思います。
「You know」というフレーズは、特にスポーツ選手に使われている気がします。例えば、デイヴィッド・ベッカムのインタビューを見るとこのフレーズを絶対に耳にします。


参考記事:(デビット・ベッカムの英語は訛っていますか?ベッカムが話すイギリス英語はどんな英語なのでしょうか?



例文:

英語: This was a tough match, you know. But the lads played well, you know.
日本語: これはなんか・・大変な試合だったよ。でも僕たちはよく頑張った。
※(ここでの「you know」という意味は言葉の隙間を埋める意味として使われています。翻訳出来る単語ではありません。)




イギリス人が最も嫌うクリシェ(cliche): 13. By close of play/by the end of play today (就業時間が終るまでに)



このフレーズは元々クリケットの表現です。「Close of play」は「今日のプレーが終る時間」という意味になります。クリケットの試合は、通常合計5日間がかかりますので、毎日のプレー終了時間は決まっています。

参考記事:(イギリス英語のイディオム紹介:クリケット関係のイディオムを学んでイギリス英語をマスターしよう


イギリス人のビジネスマンは、このクリケットの表現を使い新しい意味として「就業が終わる時間」という意味を付けました。私は日本に来る前にイギリスの企業で普通に働いていたので、これらのようなクリシェをよく聞いていました(笑)。そして私もこのクリシェが嫌いでした^^

何故なら、ビジネスクリシェを使うボスは、自分の部下に対してフレンドリーで楽しいフリをしていますが、結局は命令を言っていますので「逆にフザけている」という感じを受けます(笑)。

ですから、当時の私の気持ちとしては・・「何かして欲しいなら、はっきり言ってよ!ふざけたイディオムを使わなくていいよ!」というように思っていました(笑)。勿論、そんなことは口に出して言いませんでしたが(笑)。


例文:

英語: Mairi, can you give me that report by the close of play today?
日本語: マリさん、そのレポートを今日中に私に出してくれる?




イギリス人が最も嫌うクリシェ(cliche): 14. Sing from the same hymn-sheet (同じ目標を狙う)



このクリシェ・イディオムの直訳は:「みんなが同じ賛美歌集を見て歌っている」という意味になります。つまりみんな同じ事をやっていますし、同じ目的を目指しているという事です。

やはりこのフレーズもよくビジネスシーンに出てきます。このクリシェが嫌われている理由としては、「ここは教会じゃないよ!」という気持ちからだと思います(笑)。ビジネスマン(特にマネジャーのレベル!)はイディオムやバズワードが好きみたいですが、一般のスタッフはこれらの言葉を嫌いますからね^^。



例文:

英語: It’s very important that we are singing from the same hymn-sheet. We need to work together on this project.
日本語: 私たちは同じ目標を目指す事が大事です。私たちは、このプロジェクトをするためにチームプレーを行う必要があります。




イギリス人が最も嫌うクリシェ(cliche): 15. Can’t get my head around it (意味がよく分からない)



私個人としては、別にこのイディオムに関して好きでも嫌いでもないんですが、実際イギリス人の中には結構嫌いな人がいるようです!このイディオムは、「不思議な事が理解出来ない際」、「難しい問題が解決出来ない時」に使うフレーズです。



例文:

英語: I can’t get my head around this tax return.
日本語: 私はこの納税申告書の事がよく分からない。




イギリス人が最も嫌うクリシェ(cliche): 16. A raft of proposals/ideas (沢山のアイディア・提案)



これは、またビジネス英語のイディオムですが、意味としては「沢山の~」という意味になります。嫌われる理由としては、多分ですが・・・どうして「a lot of」 じゃなくて「a raft of」 という変なフレーズを使っているの?という理由だと思います(笑)。



例文:

英語: We have received a raft of ideas from our marketing team.
日本語: 私たちはマーケティング部から沢山のアイディアをもらいました。




イギリス人が最も嫌うクリシェ(cliche): 17. To roll out ((新しいプランを)行う)



またビジネス英語のイディオムです! ビジネスマンが新しいプランやプロジェクトを行う際に使うフレーズです。


例文:

英語: We are rolling out a new customer service training programme from January.
日本語: 私たちは、1月から新しいカスタマーサービスのトレーニングプログラムを行うつもりです。



イギリス人が最も嫌うクリシェ(cliche): 18. Don’t just talk the talk, you got to walk the talk (話だけじゃなくて、アクションを起すしかないぞ)



このフレーズはビジネスシーンで使われていると思うんですが、もし私がこれを言われたらきっと笑ってしまうと思います^^ 「この人はハリウッド映画を見すぎ!」と思ってしまいますね^^。

このクリシェは本当に使われているでしょうか?実は・・・分かりません!(笑)。ですが実際の使い方を紹介していきます!


例文:


英語: I need enterprising staff! I need action! Don’t just talk the talk, you got to walk the talk!
日本語: 私はみずから進んで物事に取り組むスタッフがほしい!アクションが必要! 話だけではなくアクションを起そうよ!




イギリス人が最も嫌うクリシェ(cliche): 19. Lessons will be learned ((この失敗は)勉強になります)



この遠まわしな言い方のフレーズは、間違いを誤魔化そうとしている政治家によく使われているフレーズです。ビジネスシーンでも使われています。間違いやミスの後に誤りたくない政治家は、「勉強になりました」などの事を言いますよね。そして後で部下を首にするかもしれません(笑)。


例文:


英語: We have looked into the recent pension problems and lessons will be learned.
日本語: 私達は、最近の年金関係の問題を調べて色々勉強になりました。
(本当の意味は:私は間違った人を見つけて後で首にする。でも私のせいではないので謝るつもりない。といった意味になります。笑)




イギリス人が最も嫌うクリシェ(cliche): 20. Actually (実は、実際は)



この単語は別に駄目な単語ではありませんが、使い過ぎると嫌なクリシェになります。そして使い過ぎてしまうと、「私は教えてあげるよ。あなたの意見は違うよ」というニュアンスになってしまいます。


例文:

英語: Actually, unemployment dropped last year.
日本語: 実は、失業率は去年減りましたよ。
(政治家のテレビインタビューでのシーシ等の台詞)








   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^




Share This Post