イギリス映画やドラマでよく使われている単語:「waffle」、「whinge」、「chunter」の使い方と例文紹介


イギリスのドラマや映画でよく使われる英単語:「waffle」、「whinge」、「chunter」について



今回はイギリス人の日常会話でよく使われている単語とフレーズを紹介していきたいと思います。これから紹介する単語はアメリカ英語ではあまり使われていませんので、日本の中学校、高校ではあまり教えられていないと思います。


しかしイギリスのテレビドラマ、映画などを観るとこれらの単語が絶対に出てきます。そしてイギリス人と会話する際にこれらの英単語を耳にする機会は多いと思います。

今回紹介する単語は全て「話し方」に関する単語の紹介です。


参考記事:

  • 同じ単語なのに異なるニュアンスで使われているイギリス英語とアメリカ英語の単語について
  • イギリス英語を理解する為のカルチャーコラム:アメリカで通じないイギリス人の使う英語の口癖
  • イギリス英語とアメリカ英語の食事という言い方の違いについて:dinner、tea、supperの違い
  • lovely(ラブリー)やsorry(ソーリー)等のイギリス人が最もよく使う口癖の一覧リスト:TOP5
  • イギリス英語とアメリカ英語の日常会話においての違い:両国の異なる単語リスト TOP10



  • イギリス英語「waffle」、「whinge」、「chunter」の使い方
    イギリス英語「waffle」、「whinge」、「chunter」の使い方





    イギリス英語でよく使われている単語: 1. 「to waffle」(ウォフル)



    to waffle

    「ウォフル」(動詞・名詞)
    意味: ~について曖昧な言葉を使う

    「waffle」という動詞はイギリスとオーストラリアではよく使われていますが、アメリカでは使われていません。話し言葉だけではなく、文章の中で使っても大丈夫です。イギリスの政治家は「waffle」するのが得意です(笑)。


    例文:

    イギリス英語: His speech was pointless. He just waffled for 20 minutes.
    日本語: 彼のスピーチは意味がなかった。彼は20分の間、曖昧な言葉を使って意味のない話をしていた。


    イギリス英語: I’m sorry but your essay is just waffle. You need to rewrite it.
    日本語: 失礼ですがあなたのエッセーは曖昧な言葉ばかりです。もう一度書き直す必要があります。
    ※ 先生が生徒と話すシーン等。




    イギリス英語でよく使われている単語: 2. 「to whinge」(ウィンジュ)



    to whinge

    「ウィンジュ」(動詞・名詞)
    意味: 泣き事を言う・ぶつぶつ文句を言う


    「to whinge on about ~」というパターンもよく使われています。
    この単語はイギリスとオーストラリアでよく使われています。そしてオーストラリア人がよくイギリス人に対して使う単語です。

    イングランドとオーストラリアはスポーツライバル(特にクリケットとラグビー)なので、お互いにスポーツの試合でからかう事が多いです。

    オーストラリア人はイングランド人を、「whinging poms」(泣き事を言うイギリス人)と呼んでいます。このフレーズはよく新聞の見だしにも出てきます。


    参考URL:(Australians unhappier than ‘whingeing Pom’ Brits


    例文:

    イギリス英語: Please stop whinging. I’m not going to buy you any sweets.
    日本語: 文句を言うなよ。お菓子を買ってあげないよ。
    ※ 親が子供と話しているシーン等に使います。


    イギリス英語: The Brits love a good whinge.
    日本語: イギリス人はぶつぶつ文句を言うのが好きです。




    イギリス英語でよく使われている単語: 3.「to chunter」(チャンター)



    to chunter

    「チャンター」(動詞)
    意味: 低い声でぶつぶつ文句を言う

    「to chunter on about ~」というパターンもよく使われています。
    これは元々イギリスの北部(特にマンチェスターの周辺)から来た単語です。イギリス人は国民性的に相手に何か面と向かって文句を言う事は少ないです。

    その代わりに低い声でぶつぶつ文句を言う人がいます(笑)。実際に声を出して直接問題を起こしている本人に面と向かって文句を言う人は比較的少ないです(笑)。


    例文:

    イギリス英語: He is always chuntering on about her problems.
    日本語: 彼はいつも問題についてぶつぶつ文句を言っているね。

    イギリス英語: If you don’t like the service in this restaurant, stop chuntering on and speak to the waiter!
    日本語: このレストランのサービスが悪いと思っているなら、ぶつぶつと文句を言わずに勇気を出してウェイターと直接話せよ!






       イギリス英語を学習する為の専門教材   


    イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
    制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

    イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



       イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

    この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
    本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

    イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

    1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

      ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ

    ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
    今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^




    Share This Post