イギリス英語の警察・犯罪関係のスラングとその使い方と例文を紹介


イギリス英語のスラング:警察・犯罪関連のスラング紹介



今回の記事も、紹介するとわりと人気になる「イギリス英語のスラング・単語」について紹介したいと思います。今日のテーマはスラングの中でも「イギリスの警察・犯罪関係のスラング」です。


イギリスに行った際、勿論、警察や犯罪の話が必要にならない事はいい事なのですが^^、イギリスの警察・刑事をテーマにしたドラマや映画を観ると、様々なスラング単語が出てきます。そういった際にはこれから紹介するスラングを覚えておくと便利だと思います。


スラングに関する参考記事:


イギリス英語の警察・犯罪関係のスラング
イギリス英語の警察・犯罪関係のスラング




今、イギリスで最も人気のある刑事ドラマは、以前の記事でも紹介した「刑事ジョン・ルーサー」だと思いますが、他にも人気の刑事ドラマはあります。例えば以下の作品などもイギリスで人気があります。



「Line of Duty」



「Broadchurch」



それでは、以下にイギリス英語の警察・犯罪関係のスラングと使い方・例文を紹介していきます。




警察・犯罪関係のスラング: 1.「警察」という意味になるイギリス英語スラング



日本でも、「警察」のことを様々な言い方で言い表す事が出来ると思います。例えば、「サツ」や「お巡り(おまわり)」などという言い方は若者や子供にとって代表的な言い方だと思います。そしてイギリス英語でも「警察」という意味のスラングはとても多いです。


bizzie(主にリバプールで使われています)

イギリス英語: Be careful – the bizzies are coming!
日本語: 気をつけて!お巡りが来てるぞ!


bobby(ニュアンス的に少し古い言い方、下品でもないし失礼でもありません)

イギリス英語: My uncle is a village bobby.
日本語: 私のおじさんは地元の村の警官です。


copper

イギリス英語: I live next door to a copper.
日本語: 私は警察の隣に住んでいます。


the fuzz

イギリス英語: I got stopped by the fuzz for speeding.
日本語: 私はスピード違反でサツに止められた。


the bill, the old bill

イギリス英語: My son’s joined the old bill.
日本語: 私の息子は警察官になった。




警察・犯罪関係のスラング: 2.「盗む」という意味になるイギリス英語スラング



イギリス英語のスラングでは、「盗む」という意味になるスラングは多いです。これらの単語は日常会話でよく使われていますので、イギリス人と会話する際によく耳にする事があると思います。

nick

イギリス英語: My bike’s been nicked!
日本語: 私の自転車は盗まれた!


pinch (少し軽いニュアンス)

イギリス英語: Someone’s pinched the last biscuit!
日本語: 最後に残っていたクッキーを誰かがとりやがった!


half-inch (コックニー・ライミング・スラング、pinchと同じ意味)

イギリス英語: Who half-inched my donut?!
日本語: 誰が私のドーナツを盗んだの?




警察・犯罪関係のスラング: 3.「逮捕する」という意味になるイギリス英語スラング



nick

この単語は「盗む」という意味になりますが、「逮捕する」という意味としても使う事が出来ます。この単語はテレビドラマでよく使われています。


イギリス英語: My brother got nicked last week.
日本語: 私の弟は先週逮捕された。
※「in the nick」というフレーズは「刑務所に入っている」という意味になります。




警察・犯罪関係のスラング: 4.「刑務所に送られる」、「投獄される」という意味になるイギリス英語スラング



to go down

イギリス英語:He went down for 20 years.
日本語: 彼の刑期は20年だった。


to be sent down

イギリス英語: You’re going to be sent down.
日本語: お前は刑務所に送られるぞ。


その他のスラングに関する参考記事:







   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^




Share This Post