イギリス英語学習者にも役に立つアイルランド英語の単語と例文・使い方を紹介


アイルランド英語の単語とその使い方・例文紹介



今回はイギリス英語と密接に関連しているアイルランド英語について書いてみたいと思います。
私のおじいちゃんとおばあちゃん(母親側)はアイルランドで育ったという事もあり、私は子供の頃学校の春休みと夏休みに必ずアイルランドに会いに行きました。この旅はかなり大変でした。


まず、私のイングランドの地元からウェールズの北海岸まで車で移動します(約6時間くらい)。その後フェリーに乗ってダブリンまで行って(3時間半)さらにダブリンからおじいちゃんの田舎町まで運転しました(3時間くらい)。運転をしていたお父さんは本当に大変だったかもしれませんが、私と弟にとってはとても楽しかったです(笑)。


イングランドからアイルランド・ダブリンまで
イングランドからアイルランド・ダブリンまで




私のおじいちゃんの地元はかなり田舎の町です。おじいちゃんは小さい牧場を持っていましたので、私たち子供たちは毎日おじいちゃんの手伝いをしたり、近所の田舎を探検しに行ったり、隣の家の子供たちと遊んだりして過していました。凄く楽しかった思い出があります。しかしアイルランドは雨がよく降りますので外で何も出来ない日もありました(笑)。


このような事から、私はアイルランド英語に慣れています。皆さんはアイルランド英語についてどのようなイメージありますか?実は英語圏各国で「アイルランド英語の訛り」は凄く良いイメージがあります。

アイルランド英語を聞くと、他の英語圏の人は「セクシー」や「チャーミング」や「楽しい」や「フレンドリー」などのポジティブなイメージが頭に浮かんできます。私も勿論、アイルランド英語の訛りが大好きです^^ 

参考記事:(イギリス英語はモテるのでしょうか?世界のイギリス英語に対するイメージと研究結果について



そしてアイルランド英語には多くの特徴があります。私は別のサイトでもアイルランド英語に関する記事を紹介してきました。

またアイルランド英語には、アイルランドでしか使われていない特有の単語が多く存在しています。そこで今回は、私が子供の頃から覚えているアイルランド英語の単語とその使い方を紹介したいと思います!

参考記事:(アイルランド英語の特徴紹介:アイルランド英語の特徴を知って留学や生活に生かす


アイルランド英語の単語と例文・使い方
アイルランド英語の単語と例文・使い方





アイルランド英語の単語と例文紹介: 1. Bold



Bold (生意気、悪い(子))

この単語は私のおばあちゃんがよく使っていました。生意気な子供に対して使う単語です。この単語はイギリス英語では「勇気がある」という意味で使いますが、アイルランド英語では「生意気」という意味にもなります。

例文:

Don’t be so bold!
(あなたは生意気な事を言うなよ!)




アイルランド英語の単語と例文紹介: 2. Deadly



Deadly (かっこいい、凄い)

この単語は私が一緒に遊んだアイルランド人の友達がよく使っていた単語です。ですがアイルランド人の大人も使うように思います。アメリカ英語では「awesome」という意味になります。

参考記事:(「awesome」という単語はイギリス英語では何と言う意味になりますか?awesomeの意味とイギリス英語スラングの紹介


例文:

That goal you scored was deadly!
(あなたが決めたゴールは凄かったぞ!)




アイルランド英語の単語と例文紹介: 3. Eejit



Eejit (バカ)

この単語はアイルランド人が非常によく使います。「idiot」(バカ)よりソフトなニュアンスです。


例文:

You’re such an eejit!
(お前はバカだよ!)




アイルランド英語の単語と例文紹介: 4. Give out



Give out (怒る)

この単語は親子同士でよく使います。「怒る」や「叱る」という意味になります。


例文:

You had better go home now or your mammy will give out!
(あなたは今帰らないとお母さんに怒られるよ!)

※ アイルランドでは、「mum」の代わりに「mam」や「mammy」というお母さんの言い方が使われています。

参考記事:(「「ママ」、「母」は英語で「mum」?それとも「mom」? 他の言い方もあるのでしょうか?




アイルランド英語の単語と例文紹介: 5. Yoke (物・機会)



Yoke (物・機会)

この単語はとても役に立ちます。物の名前を思い出せない場合に「yoke」という単語を使う事が出来ます。イギリス英語では「thing」(物)や「whatsit」「thingamijig」、「whatjamacallit」。これらも物の名前を覚えていない場合に使います。


例文:

Pass me that yoke over there.
(あそこのヤツ、あれ、取ってくれ。)


アイルランド英語に興味を持っている人は、「Roddy Doyle」という作家の小説がお勧めです。彼はダブリンのワーキング・クラス(労働階級)のコミュニティーについてとても面白い小説を書いています。

彼の小説はダブリンのローカル訛り、スラングをそのまま使っていますので、英語初心者にとっては少し難しいかもしれませんが、内容はとても面白いと思います。彼の小説は映画にもなりました。映画もお勧めです^^


「The Commitments」











   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ  

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^






Share This Post