イギリス英語特有の天気関係のボキャブラリー・スラング・表現と使い方について


イギリス英語特有の表現紹介:天気関係のボキャブラリー・スラング・表現について



イギリスの天気はなんとなく酷いイメージがありますよね。しかし私の意見では、イギリスの天候(特に夏は湿気が少なく気温も丁度良い)は凄く過ごしやすいです。ですから私は毎年の夏は出来るだけ湿気の多い日本を避ける為にイギリスに逃げています(笑)。


イギリスは「雨がよく降る国」というイメージがありますが、ロンドンと東京の雨量を比べると東京の方が多いです^^。実はイギリスの天気はそんなに悪くありません。しかし天気が非常に変わりやすいので、特に一定の期間だけイギリスに滞在している観光客にはその事が理由で悪いイメージを与えていると思います。


イギリスの天気について比較している面白い記事が日本であったので紹介しますね^^
参考リンク:「イギリスの天気はいつも悪いって本当?


イギリスの天気は変わりやすいので、天気はイギリス人にとって「スモールトーク」のテーマとして使いやすいです。この事から、イギリス英語では多くのユニークな天気関係の単語と表現が出来上がりました。

そこで今回はイギリス英語特有の天気関係の単語・スラング・表現を紹介したいと思います。他のユニークな単語を思いついたら、後で「パート2」を書きます(笑)。


イギリス英語特有の表現:天気に関するボキャブラリー
イギリス英語特有の表現:天気に関するボキャブラリー



イギリス人の国民性に関する参考記事:




イギリス英語のユニークな天気関係ボキャブラリー: baltic




baltic
意味:とても寒い



この単語は「バルト海と同じくらい寒い」という意味になりスラングとして使われています。

例文:

イギリス英語: You should wear a coat – it’s baltic outside!
日本語: あなたはコートを着た方がいいよ。外はめっちゃ寒いよ!



イギリス英語のユニークな天気関係ボキャブラリー: dreich




dreich
意味:寒くて曇っている



発音の確認:「ドリーク


この単語はユニークなスコットランド英語の単語です。「空が曇っていて雨が降りそう」という意味になります。この天気はスコットランドではよく起きる現象です(笑)。イングランド人はこの単語をあまり使っていませんが、スコットランドに行くとよく耳にすると思います。


例文:

イギリス英語: It’s a cold, dreich day today and it’s going to be the same tomorrow.
日本語: 今日は寒くて曇っていて明日も同じ天気になるでしょう。



イギリス英語のユニークな天気関係ボキャブラリー: haar




haar
意味: 海から来た濃霧
発音: ハー


この単語はスコットランドとイングランドの東海岸のエリアでよく使われています。イギリスとスカンジナビアは「北海」(The North Sea)という海で隔てられています。

この海は寒く霧が深い日が多いです。北海から来る霧は「haar」と呼ばれています。この単語のルーツは不明ですが、元々古ノルド語(昔のスカンジナビアの言語)から来た単語だと考えられています。


例文:

イギリス英語: The haar is rolling in from the North Sea.
日本語: 濃霧は北海からやって来ている。



イギリス英語のユニークな天気関係ボキャブラリー: to grit




to grit
意味: 道路に砂・砂塵を付ける事



この動詞と関係する単語はイギリスの冬の季節によく耳にすると思います。イギリス人は日本人と違って車にスノータイヤやチェーンを付ける習慣がありません。ですから雪が降る日や氷がある日に特別なトラックがやってきて道路に砂を撒きます。

この砂は塩と混ざっているので雪が解けも車のタイヤが滑りません。「Grit」という単語は元々名詞で「砂」、「砂塵」という意味でしたが現在は動詞としても使われています。砂を撒くトラックは「gritter」になります。


例文:

イギリス英語: It’s going to snow tonight so I think they’ll grit the roads.
日本語: 今夜は雪が降りそうだから彼ら(市役所のトラック)は道路に砂を撒くと思います。
※アメリカ英語では代わりに「to sand」や「to salt」という動詞が使われています。



イギリス英語のユニークな天気関係ボキャブラリー: rained off




rained off
意味: (スポーツ試合やイベント等は)雨で中止になる



この表現はイギリスの夏によく使われています。クリケットというスポーツはイギリスでは夏のスポーツですが、雨の日に出来ないスポーツです。

この為「クリケット試合は雨で中止になった」などのフレーズはよく耳にします(笑)。勿論、クリケットだけではなく他のイベントやスポーツ試合が雨で中止になる可能性もありますが、クリケットは特に雨に敏感な競技です^^。アメリカ英語では「rained out」という言い方になります。


例文:

イギリス英語: I planned to go and watch the cricket today but it was rained off.
日本語: 私は今日クリケットの試合を観に行く予定だったけど雨で中止になった。




イギリス英語のユニークな天気関係ボキャブラリー: scorcher




scorcher
意味: とても暑い日



イギリスの夏は涼して過ごしやすい気候ですが、時々意外と暑い日もあります。例えばロンドンの夏の平均温度は24度くらいですが、たまには30度くらいに上がる日もあります。

こういう日には新聞やテレビ等のメディアは天気について騒ぎたて様々なボキャブラリーを使います。そのような際に使うボキャブラリーとして「Scorcher」は良い例の一つです。

「scorch」という単語は直訳すると「焦がす」という意味になります。この事から「scorcher」という単語は「人を焦がす日」=「とても暑い日」というスラングになりました。


例文:

イギリス英語: It’s going to be a scorcher today!
日本語: 今日はめっちゃ暑くなるよ!
※ この単語は新聞見出しによく出てきます。

参考リンク:「Phew, what a scorcher! Kent set for soaring temperatures this weekend




イギリス英語のユニークな天気関係ボキャブラリー: sizzler




sizzler
意味: とても暑い日



この単語は上記の「scorcher」と同じような意味で使われています。「Sizzle」という単語は元々擬音語で「シューシュー」や「ジュージュー」という音(意味)になります。

「ソーセージをフライパンで炒めている時の音」というイメージです。この為「Sizzler」は「肌をジュージューと焦がす日」=「とても暑い日」という意味になりました。

参考記事:「英語圏の国でよく使われる英語の擬音語・擬態語(onomatopoeia)を紹介


例文:

イギリス英語: It was a sizzler yesterday and I got really sunburnt.
日本語: 昨日はとても暑くて凄く日焼けしてしまった。

※「sunburn」と「suntan」の意味を間違えないようにしましょう!
「sunburn」は「焼けど」という意味になります。つまり「日に当たって肌が赤くて痛くなる」という意味です。
「suntan」には良いニュアンスがあります。ニュアンス的には「日に当たって肌がきれいな色になる」という意味で使われています。「suntan」は痛くないです。私はとてもとても肌が白いので「suntan」は出来ません(笑)。代わりに「freckles」(そばかす)が出てきます。>_<



その他イギリス・イギリス人に関する参考記事:







   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^




Share This Post