有名な作家達が作ったイギリス英語の新語「shotgun wedding」,「meme」,「gremlin」,「Oxbridge」,「pedestrian」,「pandemonium」の意味とニュアンス・例文紹介


シェイクスピア,リチャード・ドーキンズ,ルイス・キャロル,アーネスト・ヘミングウェイ,チャールズ・ディケンズ)が作った「新語」紹介:パート2



前回紹介した記事では、英語圏の国で有名な作家達が作った新語について紹介しました。これらの単語は、現在でも英語圏の国の日常英会話で使われている単語なので、英語学習者にとっては勉強すべきポイントですし、会話においても役に立つ単語です^^


今日は先週の記事の続きです。今回紹介する単語はこの本に掲載されているので、興味を持っている方は買ってみてもよいと思います^^。前回紹介した記事:「有名な作家が作った「新語」:イギリス英語の単語紹介についてパート1





有名な作家が作ったイギリス英語の「新語」: 6. gremlin (飛行機、車等の機械に不可解な故障を起こすという目に見えない子悪魔)



この単語は元々イギリスの空軍で使われていた単語でした。飛行機に故障があった際に、空軍のエンジニアは「エンジンにグレムリンがいるよ」と言ったようです。

「gremlin」は元々空軍のスラングとして使われていたので、一般の人達は知りませんでした。しかし、1943年にロアルド・ダールというイギリス人の作家は「The Gremlins」という子供向けの小説を書いた事がきっかけとなり、一般の人に「gremlin」という単語が紹介されました。


例文:

英語: My computer isn’t working but I don’t know why. I think there’s a gremlin in the hard drive.
日本語: 私のパソコンは動いていないけど、原因が分からない。ハードドライブの中に見えない問題があると思う。






有名な作家が作ったイギリス英語の「新語」: 7. meme (インターネットミーム:人間を媒体として増殖する思想的因子)



この単語は現在、新聞やインターネットの記事でよく使われています。実はこの単語は、イギリスのリチャード・ドーキンズという有名な生物学者によって作られた単語です。この単語は1976年に出版された「利己的遺伝子」という本の中ではじめて紹介されました。


例文:

英語: The word “meme” was coined by Richard Dawkins in 1976.
日本語: 「Meme」という単語は1976年にリチャード・ドーキンズに作られました。


有名な作家が作ったイギリス英語の新語
有名な作家が作ったイギリス英語の新語




有名な作家が作ったイギリス英語の「新語」: 7. Oxbridge (オックスフォードとケンブリッジという二つのエリート大学)



この「Oxbridge」という単語はよく新聞で使われています。オックスフォード大学とケンブリッジ大学は、イギリスの中で最も知的レベルの高いエリート大学です。

この大学の卒業者の中には多くの有名人が多いです。例えばイギリスの政治家や、芸能人、ジャーナリストはオックスフォード大学かケンブリッジ大学を卒業しています。この単語はウィリアム・メイクピース・サッカレーという有名なイギリス人作家が初めて作りました。


例文:

英語: Most of the current UK government ministers are Oxbridge graduates.
日本語: 現在のイギリスの大臣は大部分がオックスフォードやケンブリッジの卒業者です。




有名な作家が作ったイギリス英語の「新語」: 8. pandemonium (大混乱)



この単語は新聞の見出しでよく使われます。そして、日常会話でもよく使われています。ジョン・ミルトというイギリス人の詩人によって作られた単語です。


例文:

英語: The New Year sales started today and the shops were pandemonium.
日本語: 今日は新年のバーゲンセールが始まり、店は大混乱でした。




有名な作家が作ったイギリス英語の「新語」: 9. pedestrian (歩行者)



この単語はとても役に立つと思います。何故ならイギリスの道路の看板でよく使われている単語だからです^^。「Pedestrian」(歩行者)という単語は、1791年にウィリアム・ワーズワースというイギリス人の詩人によって作られました。

例文:

英語: There is a pedestrian crossing in front of my house.
日本語: 私の家の前には横断歩道があります。
※イギリス英語で「横断歩道」は「pedestrian crossing」になりますが、アメリカ英語では「crosswalk」になります。




有名な作家が作ったイギリス英語の「新語」: 10. shotgun wedding (出来ちゃった結婚)



この表現はエルマー・ガントリーというアメリカ人の作家によってはじめて作られた単語です。そしてイギリス英語でも使われている単語です。

「shotgun」は「散弾銃」という意味になり「wedding」は「結婚式」という意味になります。このフレーズは面白いイメージを連想させます。

「赤ちゃんが出来ちゃった女の子の父親は相手の男性に向かって散弾銃を突きつけている」といったイメージです^^。つまり「私の娘と結婚しないと撃つよ!」というイメージから出来た表現です!


例文:

英語: Tom and Jane have only known each other for three months but they’re are already getting married. It must be a shotgun wedding.
日本語: トムとジェーンは3ヶ月しか付き合ってないのにもう結婚するって。出来ちゃった結婚だろうね。







   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^




Share This Post