イギリス英語のスラング・イディオム紹介:「怒っている」、「不機嫌」という意味になる表現


「怒っている」「機嫌が悪い」という意味になるイギリス英語のスラング・イディオム表現について



今回の記事では「怒っている」や「機嫌が悪い」という意味になるイギリス英語のスラングとイディオムを例文を交えて紹介していきたいと思います。


これから紹介する表現はイギリス英語の日常会話にも勿論使われています。そして、イギリスのテレビドラマ、イギリスの映画、音楽の歌詞、文学にも使われていますのでイギリスのポップカルチャーに興味を持っている方にかなり役に立つ表現だと思います。

以前にも今回紹介する表現と関連する記事を紹介した事あります。これらの記事も参考になると思います。

「怒っている」「機嫌が悪い」のイギリス英語のスラング・イディオム
「怒っている」「機嫌が悪い」のイギリス英語のスラング・イディオム


参考記事:


それでは、以下に他の「怒っている」「機嫌が悪い」という意味になるイギリス英語のスラング、イディオム表現を紹介していきたいと思います。




イギリス英語のスラング・イディオム: 1. to have/get a monk-on



to have/get a monk-on (機嫌が悪い)


私は大学の頃、はじめてこの表現を耳にしました。大学の頃、ヨークシャーに住んでいたので多くの新しい地方のスラングを耳にしました。そしてこの表現が凄く気に入ったので自分も使う事にしました(笑)。

「monk」という単語は「修道士」という意味になります。ある種類のカトリックの修道士は「沈黙の誓い」をします。つまり、「話さない」という事です。この事から、「to have/get a monk-on」というスラングは「誰々は怒っているので黙っている」(=機嫌が悪い)という意味になります。


例文

イギリス英語: Jonathan has got a monk-on.
日本語: ジョナサンは機嫌が悪くて黙っている(話さない状態)。




イギリス英語のスラング・イディオム: 2. to have/get a benny on



to have/get a benny on (怒っている・機嫌が悪い)


この表現もヨークシャー特有の表現です。上記の「to have a monk-on」と同じ使い方です。しかし、残念ながらこの表現のルーツは不明です。


例文

イギリス英語: Katie has got a benny on because she had a fight with her sister.
日本語: ケーティーは妹と喧嘩をしたので機嫌が悪い。




イギリス英語のスラング・イディオム: 3. to throw a strop/to be in a strop



to throw a strop/to be in a strop  (機嫌が悪い・怒っている)


「Strop」という単語は地方の単語ではありません。つまり、この表現はイギリスの全てのエリアで使う事が出来ます。「stroppy」という形容詞を使う事も出来ます。「stroppy」という形容詞は「機嫌が悪い」という意味だけではなく、「生意気」というニュアンスも含まれています。


例文

イギリス英語: My daughter threw a strop because I wouldn’t buy her some sweets.
日本語: 私は娘にお菓子を買ってあげなかったので彼女は怒り出した。

イギリス英語: Don’t get stroppy with me!
日本語: 私に怒るなよ!(生意気な子供を叱る際に使うフレーズ)




イギリス英語のスラング・イディオム: 4. to throw a wobbler/wobbly



to throw a wobbler/wobbly(怒り出す)


この表現は「子供っぽいヒステリーな怒り方」に対して使う表現ですが、大人・子供両方どちらに対して使っても大丈夫な表現です。


例文:

イギリス英語: My boss threw a wobbler when I told him about my mistake.
日本語: 私は上司に自分のミスを告白した時、彼は凄く怒り出した。




イギリス英語のスラング・イディオム: 5. to throw one’s toys out of the pram



to throw one’s toys out of the pram (むしょうに腹立たしくなる)


この表現も「子供っぽい」行動に対して使います。「ヒステリー」や「わがままな怒り方」といった表現をする際に使うフレーズです。「pram」はイギリス英語で「ベビーカー」という意味になります。

この表現を直訳すると「ベビーカーから玩具を投げる」という意味になります。つまり、「赤ちゃんがヒステリーを起こしている」という状態です。スポーツコメンテーターはこのフレーズをよく使います。サッカー選手が試合中に子供っぽい行動をした時等に使うような表現です(笑)。


※「to throw one’s dummy out of the pram」という言い方もあります。「dummy」は「子供のおしゃぶり」という意味になります。


例文

イギリス英語: Ronaldo threw his toys out of the pram when he got sent off.
日本語: ロナウドはレッドカードを出された時に非常に腹を立てた。



   イギリス英語のイディオム専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・イディオムマスター








   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^




Share This Post