イギリス英語の悪口言葉・罵り言葉(スラング):「minger」,「pillock」,「mardy」の使い方と例文紹介


イギリス英語特有の悪口言葉・罵り言葉(スラング)を例文を交えて使い方を紹介:「minger」,「pillock」,「mardy」等



今回の記事では、イギリス英語特有の悪口言葉・罵り言葉(スラング)を紹介していきたいと思います。

私は先日あるサイトを通じて面白い動画を発見しました。この動画自体は、BBC Americaの「Anglophenia」というウェブサイトに掲載されていたものですが、イギリス英語の悪口言葉・罵り言葉を紹介している面白い動画だったので、この動画を参考に紹介していきます^^


動画はこちら:





皆さん、動画の内容は何となく理解出来ましたでしょうか^^
聞き取れなかった方もいると思いますので、動画中に出てきたイギリス英語のボキャブラリーを改めて度説明していきたいと思います。

イギリス英語の悪口言葉・罵り言葉(スラング)
イギリス英語の悪口言葉・罵り言葉(スラング)


おススメ記事:




イギリス英語の悪口言葉・罵り言葉: 1.Minger



意味: 不細工な人、汚い人

例文:

イギリス英語: Mike’s girlfriend is a right minger.
日本語: マイクの彼女はめっちゃ不細工だよ。


「Minger」という単語は名詞ですが「minging」という単語は形容詞として使う事が出来ます。「Minging」は「不細工」や「気持ち悪い」という意味になります。

イギリス英語: He’s picking his nose in public! That’s minging!
日本語: 彼は外で鼻掃除をしてるよ!それはきたねえなぁ!

アメリカ英語では、「minging」ではなく「gross」になると思います。




イギリス英語の悪口言葉・罵り言葉: 2.Pillock



意味: 大バカ

イギリス英語では「大バカ」という意味になる単語は多いですが、「Pillock」は少し弱い言い方だと思います。「Pillock」は凄く失礼な悪口ではないので、友達をからかっている時に使っても大丈夫な単語です。


例文:

イギリス英語: My brother lost his car keys again. What a pillock!
日本語: 私の弟はまた車のカギを無くしちゃった。なんてバカなんだ!




イギリス英語の悪口言葉・罵り言葉: 3.Mardy



意味: 機嫌が悪い


この単語は主にイギリスの北部で使われていますが、全国でも通じる単語だと思います。機嫌の悪いティーンネイジャーに対して使うような単語です。


例文:

イギリス英語: My sister is mardy because mum won’t let her go out.
日本語:私のお姉ちゃんは機嫌が悪い。何故ならお母さんは彼女に出かける許可を出してくれないから。




イギリス英語の悪口言葉・罵り言葉: 4.Tosser



意味: あほ・バカ

この悪口は「バカ」という意味ですが、上記に紹介した「Pillock」より強いニュアンスになります。


この単語は本当に嫌な人に対して使う悪口です。アメリカ英語では「jerk」になると思います。「Tosser」は主に男性に対して使う単語です。


例文:

イギリス英語: My boss is a complete tosser.
日本語: 私の上司はとんでもないバカだよ。




イギリス英語の悪口言葉・罵り言葉: 5.Gannet



意味: 卑しい人・大食漢

「Gannet」は元々、鳥の種類(北ヨーロッパの海鳥)ですが、スラングとして使うと「大食漢」という意味になります。私は若い時にお父さんに「Gannet」と言われた気がします・・(笑)。


例文:

イギリス英語: Don’t eat all the biscuits, you gannet!
日本語: クッキーを全部食うなよ! 卑しい奴だね!




イギリス英語の悪口言葉・罵り言葉: 6.Skiver



意味: 仕事等をサボる人

「Skiver」は名詞ですが、「skive」という単語は動詞になります。これらの単語はイギリス英語の日常会話でよく使われます。


例文:

イギリス英語: My colleague is a skiver. I always end up doing his work for him.
日本語: 私の同僚はよく仕事をサボっている。私はいつも彼の仕事をやる事になってしまう。




イギリス英語の悪口言葉・罵り言葉: 7.Berk



意味: バカ

この単語は元々コックニー・ライミング・スラングでした。

参考:「イギリス英語の特徴:コックニーライミングスラングを学んでイギリス英語力をアップ


例文:

イギリス英語: I think Vicky’s husband is a total berk.
日本語: ヴィッキーの旦那は嫌なバカだと思う。




イギリス英語の悪口言葉・罵り言葉: 8.Barmy



意味: クレイジー・(頭が)おかしい・変わっている

この単語はそんなに失礼な単語ではないので「悪口」でもありません。人をからかっている時に使う事が出来る単語です。例えば、イングランド代表クリケットチームは「Barmy Army」というニックネームがあります。


例文:

イギリス英語: Don’t worry about Katie’s strange clothes – she’s a bit barmy.
日本語:ケイティーの変な洋服を気にしないで。彼女はちょっと変わっている人だからね。




イギリス英語の悪口言葉・罵り言葉: 9.(as) Thick as two short planks



意味: 頭が悪い

イギリス英語には、「頭が悪い」という意味になるスラングが数多くあります。
「Thick as two short planks」は「Thick」や「Thick as」に省略される事もあります。


例文:

イギリス英語: John is as thick as two short planks.
日本語: ジョンは頭が悪い。




イギリス英語の悪口言葉・罵り言葉: 10. Two fingered salute



意味: 逆ピース(=死ね!)

「Two fingered salute」というフレーズは悪口ではありませんが、イギリス人特有のジェスチャーです。
「逆ピースサイン」という意味になります。イギリス英語では、「逆ピース」はとてもアグレッシブな身振りです。

イギリスでは逆ピースは「死ね!」という意味になります!イギリスで写真を撮影する際にピースサインをやる際には気をつけましょうね(笑)^^







   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^




Share This Post