イギリス英語とアメリカ英語の発音が区別できない!聞き取り出来ないという悩みのアドバイス


イギリス英語学習者は必見!イギリス英語とアメリカ英語を区別できない・会話が聞き取り出来ないという悩みについての解決策を紹介



皆さん、こんにちは。嬉しい事にサイトにどんどん質問が来ています。ありがとうございます!

そこで今回の記事も読者の方から頂いた質問に答えていきたいと思います。最近多くの質問が来ていますが、仕事の合間を縫って必ず責任を持って順番に答えるようにしているので、安心して質問して下さいね^^

(※申し訳ありませんが、最近仕事とプライベートの事でとても忙しいのでプライベート英会話レッスン等は出来ませんのでご了承下さい。)


では、今回の質問はイギリスの大学で勉強している方から頂いた質問です。イギリス英語の様々なアクセントや発音に関する質問なので、多くの方に役に立つと思いましたので紹介しました。

質問はこちらです。


読者の方の質問:


よく、アメリカとイギリスで発音などの比較がされていますが、聞いていてほとんど違いがわからないのです。どうすればわかるようになりますか?

後から考えてみて、あ、あの人の英語が聞き取れなかったのはアクセントの違いだったのか?と思うこともありますが、話している最中わからないと、話すスピードが自分には早すぎるんだ、ボキャブラリーが足りないんだ、と思っていました。

聞き取れない原因がアクセントの違いかもしれないと考えてから気をつけて聞くようにしてはいるのですが、やっぱり違いがわかりません。


さすがに英語が第二言語の人はなんとなくわかるんです。あ、この人アフリカかな、ドイツかな?っといった感じで。

特に”R”が違うと言われて、単語を辞書などで聴き比べればなるほど、違うな、とはわかるのですが、映像などをみていても全然「あ、この人はイギリス英語を話しているな」などいったことがわかりません。

正直オーストラリアの人もわかりません。さすがに「グッダイ good day」などを言っていたらわかりますが。


私は日本でアメリカ英語を学び、高校の頃オーストラリアに10ヶ月交換留学に行き、今イギリスの大学に通っています。自分が何英語を話しているのかわかっていません(もしかしたら日本語英語かもしれませんが)。


アクセントの違いがわからないっておかしいんでしょうか?どうしたらアクセントの違いがわかるようになりますか?




イギリス英語とアメリカ英語の発音の区別できない悩み
イギリス英語とアメリカ英語の発音の区別できない悩み


おすすめ記事:



読者の方の質問に対するマリの答え:



ご質問ありがとうございます。いつも当サイトを読んでくれてありがとう。私もサイトの記事をアップするモチベーションにつながります!とても嬉しいです^^

それでは、頂いた質問に答えてみたいと思います。読者の方はおそらく、以下の二つの問題について悩んでいるんだと思います。


1番目の悩みは英語の様々なアクセントを区別できないという事。
2番目の悩みは英語が聞き取れない時があって、どうして聞き取れないのか悩んでいる。




では、それぞれの悩みについてアドバイスを紹介していきます。



英語のアクセントが区別出来るようになる解決策



先ずは、「イギリス英語とアメリカ英語のアクセントが区別できない」という問題に関して考えてみましょう。私の意見では、それぞれの英語のアクセントが区別出来ないという場合でも、あまり心配しなくて良いと思っています。


実際、私は10年間も日本に住んでいて、さらに毎日仕事とプライベートで日本語を使っていますが、日本語のそれぞれの訛りや方言を区別できない場合が多いです(笑)。


勿論、テレビに出てくるコメディアンの強い大阪弁などは分かりますが、一般の人と話す際に「なんでやねん!」等と言われないような限りは(笑)、おそらく何処の出身の人なのか分からない時が多いです。

例えば、誰かと話していて後で日本人の友達が「あの人は東北の人だね」や「茨城の人だね」等と教えてくれたりもしますが、私はアクセントだけでは会話相手が何処の出身の人なのか?等はそんなに分からないと思います。


しかし、私は地方のアクセントがある人と会話をしている際に相手の話している内容はしっかり理解出来ます。

つまり、私が言いたい事は「話の意味が分かるのであればアクセントは区別できなくても大丈夫」という事です。


逆に私の日本人の友達は、あまり英語が喋れないし上手に聞き取れませんが、イギリス英語とアメリカ英語をなんとなく区別できます(笑)。

彼には音楽の才能と知識がありますので、耳が微妙なリズムとトーンの違いが分かるんだろうと思います。とにかく、私の耳はそんなに敏感ではないので、東北のアクセントや九州のアクセントを区別できなくても問題ないと考えています^^


しかし、イギリス英語とアメリカ英語の違いを聞き取れるようになりたいなら、細かいリスニングの勉強が必要だと思います。

私は過去に数多くの発音に関する記事を紹介していますので、もし時間があれば読んでみて下さいね。


参考:




英語が聞き取れない時にはどうやって勉強していけばいいのか?



2番目の悩みはもっと重要な問題だと思います。相手の英語が聞き取れない理由には以下のような事が関係している可能性が高いです。


例えば・・・

・発音が分かりにくい。
・話すスピードが早過ぎる。
・ボキャブラリー不足で意味が分からない。


上記の全ての問題を解決する為には”リスニングの練習量を増やす”ことしかないと思います。


しかし、テレビやラジオやCDを適当に聞き流す事ではなく、同じ音声をしつこく聞いて繰り返す事がキーポイントです。(つまらない!めんどくさい!と思っている人が多いと思いますが、「しつこい人」は外国語が上手になると思います!^^)


ディクテーションというテクニックは良い練習になると思います。何故なら、自分のリスニング力を確認する事が出来るからです。

ディクテーションとは、音声を聞いて、単語をそのまま書き留めるという訓練です。そうすると自分がどれくらい聞き取れたのか簡単に分かるようになります。


発音が分かりにくいと思っている場合、イギリス英語のいろいろな発音に聞き慣れた方がよいと思います。

教材についている音声は初心者には役に立ちますが、普通の会話のスピードより遅いですし、声優はわざと丁寧に話していますので実際の英語よりも聞き取りやすいです。


普通の会話のスピードと話し方に聞きなれたいのであれば、テレビドラマや映画の台詞を聞く事を繰り返した方が良いと思います。

映画の台詞などは普通の会話より早い場合がありますのでそのスピードで聞き取れるなら普通の会話を聞いても楽に感じるはずです。



まとめると、アクセントを区別できなくても心配しないでくださいね^^。自然に区別できるようになるかもしれませんが、出来なかったら恥ずかしい事ではないと思います(私もあまり出来ないです^^)。


そして、話が聞き取れないという問題は残念ながら簡単な解決方法はありません。英語圏に住んでいても、自分で勉強したり、練習したりする必要があると思います。

出来れば、ローカルメディア(テレビ、映画など)を利用して、その英語の種類を出来るだけよく聞いてください。


他の外国人と英語で話している時が多い場合、慣れる事はもっと難しいと思います。「ドイツ人が話す英語」や「アフリカ人が話す英語」を勉強する方法はあまりないですね。

聞き取れない場合、「もう一度繰り返してくれますか」と言うしかないと思います^^



Sorry, what did you say?
(ごめんなさい、何と言いましたか?)


I’m sorry, I didn’t quite catch that.
(ごめんなさい、私は中々聞き取れなかったよ。)


Could you say that again?
(もう一度言ってくれますか?)

このようなフレーズを使って聞きなおしても良いでしょう。では皆さん、他の英語関係の質問があれば是非ご連絡ください。私は出来るだけ早く答えを書きます。よろしくお願いします^^!








   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ  

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^






Share This Post