closet、wardrobe、cupboardの違いと使い分け、イギリス英語とアメリカ英語での使い方の違い


イギリス英語において「closet、wardrobe、cupboard」の単語の違いや使い方について紹介



今回の記事では、日常会話でよく使われているボキャブラリーの違いやイギリス英語での使い方について紹介したいと思います。

今回紹介する単語は「closet」、「wardrobe」、「cupboard」になります。


Closetの使い方やニュアンス、イギリス英語での使い方



Closet

意味:衣類を入れる戸棚(クローゼット)


「Closet」は主にアメリカ英語になります。なぜなら、殆どのイギリスの家には備え付けの「closet」がありません。

「Closet」とは家具ではなく、洋服などを収納する小さい「部屋」のようなスペースです。私がアメリカに滞在した際に宿泊した家には寝室に「closet」がありました。

アメリカでは「closet」が普通です。しかし、私のイギリスの実家には「closet」がありません。代わりに「wardrobe」という家具の中に洋服を収納します。


例文:

My bedroom doesn’t have a closet.
(私の寝室にはクローゼットがありません。)

My shoes are in the closet.
(私の靴はクローゼットの中にあります。)



イギリスでは「closet」というスペースがあまりないですが、単語自体は勿論通じます。それに「closet」は色々なイディオムに使われています。

「to come out of the closet」という婉曲的な表現は「ゲイとしてカミング・アウトする」という意味になります。これは元々アメリカ英語の表現ですが、現在はイギリス英語でも使われています。


例文:

My brother came out of the closet last year.
(私の弟は去年自分がゲイだと告白しました。)
※「to come out of the closet」はよく「to come out」に省略されています。


もう一つの「closet」の使い方として「closet writer」や「closet manga fan」、「closet Star Wars figure collector」という言い方があります。

つまり「秘密的な~」という意味になります。この使い方は大抵の場合「少し恥ずかしい趣味」について話す際に使われます。


例文:

My husband is a closet anime fan.
(私の旦那は(秘密で)アニメのオタクです。)

He’s a closet drinker.
(誰も分かっていないけど、彼はアルコール中毒です。)

もう一つのイディオムとして「to have skeletons in the closet」(昔からの秘密を隠している状態)という表現がありますです。これはイギリス英語で「to have skeletons in the cupboard」になります。
※このイディオムは私が書いた「British Idiom Master」というebookに紹介されています。


closet、wardrobe、cupboardの違いと使い分け
closet、wardrobe、cupboardの違いと使い分け


おススメ記事:




Wardrobeの使い方やニュアンス、イギリス英語での使い方



Closet

意味:洋服を収納する戸棚

イギリス人は「wardrobe」の中に洋服を収納します。以前にも言いましたが、イギリスの家はアメリカの家より比較的狭いので、「closet」(洋服を収納する小さい部屋)というスペースは珍しいです。

しかし、家によってそのスペースがある場合にそこは「closet」か「walk-in wardrobe」と呼びます。


例文:

I put your coat in the wardrobe.
(私はあなたのコートを戸棚に入れましたよ。)

I bought a new wardrobe from Ikea yesterday.
(私は昨日イケアで新しい戸棚を買いました。)



「Wardrobe」という単語にはもう一つの使い方があります。これは「自分が持っている全ての洋服」という意味になります。


例文:

I need a new winter wardrobe.
(私には新しい冬用の洋服が必要です。)
※つまり、「冬に着る洋服を全て新しく買う」という意味になります。

「Closet」と違って「wardrobe」という単語に関するイディオムは殆どありません。一つの有名な「イディオム」(表現?スラング?)に「wardrobe malfunction」という表現があります。

このフレーズは「見せてはいけない体の一部を見せてしまう」という意味になります。このフレーズは2004年に初めて使われるようになりました。


2004年のスーパーボール(アメフトの試合)のハーフタイムパフォーマンス中にジャネット・ジャクソンという歌手の洋服がずれてしまい、彼女は自分の乳首を出してしまいました。

この事件は「wardrobe malfunction」(直訳:洋服の不調)という婉曲的な表現で説明されていました。「Wardrobe malfunction」はもう既に英語圏の国中で使われています。


英語圏のセレブニュースを読むと絶対こういった表現を目にする事が出来ると思います^^

例えばこんな記事等:「Lupita Nyong’o suffers wardrobe malfunction exiting car in NYC… after addressing rumours she’s alienating her Eclipsed castmates




Cupboardの使い方やニュアンス、イギリス英語での使い方



Cupboard

意味: 食器棚(戸棚)、洋服を収納する戸棚(イギリス英語限定)


「Cupboard」とは主に食器や食品を収納する戸棚という意味になりますが、他の使い方もあります。例えば、バスルームにある戸棚は「bathroom cupboard」と呼びます。

また、イギリス人が洋服を収納する戸棚を「cupboard」と呼ぶ場合があります。実はイギリス人にとっては、どの「戸棚」でも「cupboard」と呼べます。「Cupboard」の発音は「kʌbəd」になります。


例文:

The plates are in the cupboard under the sink.
(お皿は台所の流しの下の戸棚に入っているよ。)


Put the tennis rackets in the cupboard under the stairs.
(階段の下にある戸棚にテニスラケットを入れてください。)


「Cupboard」という単語を使うイディオムは少ないですが、「cupboard love」(ペット等が食べ物をもらうために急に甘える事)という面白い表現のイディオムがあります。

このイディオムも私が書いたイディオムの教材British Idiom Masterに紹介されています。
もし興味があったら読んでみて下さいね^^









   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^




Share This Post