海外の美容室で使える知っておくと便利な英語フレーズ紹介


海外の美容室に行った際に使う英語フレーズの質問について答えてみました



皆さんこんにちは。最近は以前にも増して読者の方から沢山の質問を頂くようになりました。

サイトを運営していてこれ以上に嬉しい事はありません^^。


私は読者の方からの質問には必ず答えますので、英語に関して、イギリスの事に関しての質問があれば是非ご連絡くださいね!


では、今回頂いたご質問はこちらです!


読者の方の質問:


美容室で使えるフレーズを紹介してください。

髪、もしくは前髪を◯センチ切ってください。髪は、裾を揃える程度切ってください。

あと、カラーの際に染めたい色を言うフレーズもお願いします。



ご質問ありがとうございました。いつも当サイトを読んでくれてありがとう!

外国で美容室に行って髪の毛を切ってもらう事は大変ですよね。私はもうトータルして10年間日本に住んでいますが、未だに日本の美容室に行くと凄く緊張します。

何故なら美容師とのコミュニケーションミスをしてしまうと、変な髪型になる可能性があるからです^^


ですから、私は日本の美容室に行く際に頭の中に日本語の台詞を先に用意して練習しています^^

今ではあまりしなくなりましたが、昔はそうやって美容師に希望の髪形を説明していました。


海外の美容室で使う英語フレーズ
海外の美容室で使う英語フレーズ


おすすめ記事:




海外(英語圏の国)で美容室に行った際に使える役に立つ英語フレーズ



それでは、まずイギリスの美容室に行った際に使える英語フレーズを紹介します。先ずは先にボキャブラリーを紹介していきます。

イギリス英語では、「美容室」は「the hairdresser’s」それか「hair salon」と呼びます。男性が行く所謂「床屋」は「the barber’s」か「barbershop」になります。


「美容師」は「hairdresser」か「stylist」になりますが、床屋の場合は「barber」になります。

そして美容室で予約したい場合は下記のフレーズを使いましょう。


例文:

Can I make an appointment for this afternoon?
(今日の午後に予約できますか?)

Do you have any openings this afternoon?
(今日の午後は空いていますか?)

I’d like to make an appointment for tomorrow morning.
(明日の朝に予約したいんですが。)



実際に美容院に行った時に美容師は下記の質問を聞くと思います。

What are you looking to do today?
(今日はどんな髪型にしたいですか?)

What would you like me to do for you today?
(今日はどんな髪型にして欲しいでしょうか?)

How much do you want taken off?
(どれくらい切って欲しいですか?)



自分(お客さん)が使うフレーズ:

I’d just like a cut, please.
(カットだけでお願いします。)


I’d just like a trim.
(毛先を整えるだけでいいです・裾を揃える程度切ってください)
※「trim」は「毛先をちょっとだけ切る」という意味になります。つまり、スタイルを変えず、髪の毛を少しだけ短くする事。


Can you cut 2cm off my fringe?
(前髪を2センチ切ってください。)
※イギリス英語で「前髪」は「fringe」になりますが、アメリカ英語では「bangs」になります。


Can you thin out the volume a little?
(少し薄くしてもらえますか?)


Can you put in layers at the back?
(後ろの方にレイヤー入れてもらえますか?)


I’d like a centre parting.
(真ん中分けがしたいです。)
※「サイド分け」の場合、「side parting」という表現を使います。


Could you make it a little shorter?
(もう少し短くしてもらえますか?)


私は美容室に行く時、好きなスタイルの写真を持っていって、美容師に実際に写真を見せて「これにしてください」と頼みます^^。

イギリスの美容室でそういった事をする場合は、「Could you cut my hair in this style」というフレーズを使います。


日本の美容師とイギリスの美容師は髪の毛を切る時に同じような話題の会話をすると思います。


例えば「休みの日に何をしていますか?」とか、「冬休みにどこか面白い場所に行きましたか」などの質問が一般ですね。外国の美容室は英会話の練習にとても良いと思います^^

一般的に美容師は会話が上手ですし、色々な人と話す事に慣れていますし、自分の後ろに立っていますのでアイコンタクトをしなくて大丈夫なので恥ずかしくなりません。

私は会話の上手な日本人の美容師と日本語の会話を練習する事が好きですね^^



イギリスの美容師は下記のような質問を聞くかもしれません。

Did you do anything at the weekend?
(週末に何か面白い事をしましたか?)


Do you have any plans for this weekend?
(週末には計画がありますか?)


Are you going anywhere this summer?
(夏休みにどこかに行きますか?)


ところで、10年前くらい、BBCは「Cutting It」という美容室ドラマを放送しました。興味があれば、YouTubeで見てみてくださいね^^










   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^




Share This Post