「Cheers」というイギリス英語の単語の様々な意味と使い方


イギリス英語において「Cheers」の様々な使い方や意味、ニュアンスを紹介します



今回の記事では、「cheers」という単語のイギリス英語での使い方をクローズアップしたいと思います。


殆どの日本人の英語学習者は「cheers」という英単語について耳にした事があると思います。しかし、その多くの場合が「乾杯」という意味でしか紹介されていないような気がします。

実は、イギリス英語では、「cheers」という単語は「乾杯」以外の使い方が結構あります。


イギリス英語において「Cheers」の様々な使い方
イギリス英語において「Cheers」の様々な使い方


おすすめ記事:




イギリス英語において「Cheers」の使い方: 1. 「ありがとう」の代わりに使う場合



カジュアルなシーンで「thank you」や「thanks」の代わりに「cheers」を使う事が出来ます。しかし、私の印象では主に男性に使われている気がします。

多くのイギリス人の男性は「thanks」の変わりに「cheers, mate」(mate=友達)というフレーズを使います。


イギリスのパブやバーカウンターで飲み物を注文した際には、バーテンダー(barman/barmaid)から飲み物とおつりをもらう際に「cheers」と言う人が多いです。

そして、店のレジでおつりが手渡される時に「cheers」を言います。しかし、カジュアルな言い方なので、会社の上司などの目上の人と話す際には「thank you」等の正式な言い方がお勧めです。



例文:

Barman: Here’s your lager and your change.
(バーテンダー:あなたのビールとおつりをどうぞ。)

Customer: Cheers mate.
(お客様:あ、どうも。)


A: Is there a post office near here?
 (この辺には郵便局がありますか?)

B: Yeah, there’s one just over there.
 (ありますよ。向こうにあります。)

A: Cheers. Thanks a lot.
 (どうも。ありがとう。)
 ※誰かに道を尋ねた際のシーン


イギリス人はお店で買い物をする際に「ありがとう」を何回も言うちょっと変わった!?(笑)習慣があります。

例えば、店員が何か(おつり、レシート、袋、ポイントカードなど)を手渡す際に必ず「ありがとう」を言います。

しかし、「thank you」を何回も繰り返す事は少しおかしいので、「thanks」、「cheers」、「thanks then」、「that’s lovely」などの同意語を使います。


以下の会話は一般的なイギリスの店で行われる会話のシーンです。やはり「ありがとう」という意味になる単語を何回も言いますね^^


店員: Do you have a point card?
(ポイントカードはございますか?)

お客さん: Yes, I do. Here it is.
(はい。あります。どうぞ。)


店員: Thank you. That will be £5.40, please.
(ありがとうございます。お会計は£5.40になります。)

お客さん: (お金を渡す)


店員: Thank you. Here’s your change and your receipt.
(ありがとうございます。おつりとレシートでございます。)

お客さん: Thanks.
(どうも。)


店員: Would you like a bag?
(袋は要りますか?)

お客さん: Yes please.
(はい、おねがいします。)


店員: Here you are.
(どうぞ。)

お客さん: Thanks.
(どうも。)


店員: Thanks. Enjoy your day.
(ありがとうございます。良い一日を!)

お客さん: Cheers. Thanks a lot. Bye
(はい、どうも。ありがとう。じゃあね。)




イギリス英語において「Cheers」の使い方: 2. 挨拶として使う「cheers」



もう一つの「cheers」の使い方はカジュアルのお別れの挨拶としての使い方です。この使い方も主に男性に使われていると思います。

そして、殆どの場合友達同士の間で使います。電話でのお別れの挨拶としても使う事が出来ます。お別れの挨拶として使う際には「cheers then」という言い方が多いですね。


例文:

A: It was great to see you again. Hopefully we can meet up again soon.
 (また会えてよかったね。近いうち遊べるといいよな。)

B: Me too. Right, I’d better go now.
 (そうだよね。じゃあ、もう行かないと・・)


A: Yeah, ok. Cheers then. Bye!
 (そうだね。じゃあ、またね。)

A: Take care.
 (気をつけてね。)


B: You too. Cheers then.
 (あなたもね。じゃあ、またね。)

A: Cheers. Bye!
 (またね!)








   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^




Share This Post