イギリス英語でテイクアウト(持ち帰り)は何と言うんでしょうか?イギリスで使えるファストフード用語を紹介!


テイクアウト(持ち帰り)はイギリス英語で何と言いますか?



皆さんはテイクアウト系の料理を月にどのくらい食べていますか? 私は元々自分で料理を作るのが好きなのですが、最近はスケジュールが忙しくなってきた為にインドカレーのテイクアウトを2週間に一度食べています・・・(笑)。


やっぱり、イギリス人は日本に来てもしつこくインドカレーを食べますね(笑)。


今回の記事は、イギリスのテイクアウトカルチャーとそれに関係する用語を紹介したいと思います。


まず先に、「テイクアウト」という単語はイギリス英語では何と言うでしょうか?


イギリス英語で最も使われているフレーズとしては「take out」ではなく、「take-away」になります。「Take out」はイギリスでも勿論通じますが、殆どの人は「take-away」というフレーズを使います。

例えば、「Chinese take-away」や「Indian take-away」という言い方等があります。


イギリス英語でテイクアウト(持ち帰り)は何と言う
イギリス英語でテイクアウト(持ち帰り)は何と言う


おすすめ記事:



イギリス英語の「Take-away」と「takeaway」の使い分けやニュアンスについて



「Take away」(ハイフンなし)は動詞になります。「Take-away」や「takeaway」になると名詞になります。意味としては、店の種類もしくは食べ物の種類になります。

例えば、「Chinese take-away」は「テイクアウトが出来る中華料理の店」という意味として使えますし、「テイクアウト系中華料理」という意味にもなります。


フィッシュアンドチップスはイギリスの最も有名なテイクアウト料理の種類だと思いますが、「Fish and chip take-away」という言い方はしません。

ですからそういった店の場合は「fish and chip shop」や「chippy」や、「chip shop」という言い方になります。食べ物は単純に「fish and chips」になります。


日本人(特に男性)はお酒を飲んだ後にラーメンを食べたくなるような気がしていますがどうでしょうか(笑)。

しかしイギリス人は、なぜか分かりませんが、深夜パブやナイトクラブから出て帰りにケバブ(kebab)が食べたくなります。イギリスの色々なタウンセンターにはケバブショップやケバブの屋台が沢山あります。


こういった店の事をイギリス英語では単純に「kebab shop」といいます。ラム肉のケバブはお酒を飲みまくった後の代表的な料理になります(笑)。


私の地元の街には、普通のSubway(サンドイッチ店)があるのですが、私の弟によるとこの町のSubwayは深夜遅くまで営業していて、酔っ払いにサンドイッチを売っているそうです(笑)。

そして、それらの酔っ払いは店の中で暴れる可能性があるのでクラブと同じように屈強なセキュリティースタッフが見張っているそうです(笑)。サンドイッチを食べながら暴れるなんて、とてもイギリス人っぽい暴れ方ですね(笑)


皆さんはイギリスのフィッシュアンドチップショップに行った事がありますか? 多分、イギリスに行った事のある人はイギリスのパブやレストランでフィッシュアンドチップスを食べたかもしれませんが、殆どのイギリス人はテイクアウトとしてフィッシュアンドチップスを食べます。


本当のフィッシュアンドチップスが食べたいなら、専門店に行った方がよいと思います。下記の記事によると、ウイットビーの町にある店はイギリスで最も美味しいフィッシュアンドチップを出すお店だそうです。

私は今までに何度もウイットビーという町に行った事があるので、その店で何度もフィッシュアンドチップスを食べた事があります。機会が是非お勧めです。


Britain’s best fish’n’chip shops

参考:ウイットビー



では、イギリスに行ってファーストフード関係の話をする際の用語を紹介していきます。

例文:


Shall we get a takeaway tonight? What do you fancy?
(今夜はテイクアウトにしようか?どんなテイクアウト料理が食べたい?)


Let’s get a Chinese.
(中華料理のテイクアウトにしようよ。)
※「Chinese takeaway」や「Indian takeaway」はよく「Chinese」や「Indian」に省略されています。


There’s a good Indian takeaway near here.
(この近くに良いインド料理テイクアウトの店があります。)


Would you like to eat in or take away?
(店内でお召し上がりしますか?お持ち帰りしますか?)


店員: What can I get you?
(ご注文をどうぞ)

客: Two cod and chips please.
(タラとチップスを二つください。)
※フィッシュアンドチップショップの注文のやり方。店のメニューによりますが、魚の種類で注文する場合が多いです。


Can I have a small latte to take away, please.
(スモールのラテを持ち帰りでお願いします。)
※カフェでも「to take away」というフレーズを使えます。最近「to go」という元々アメリカ英語の言い方もよく使われています。







   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^




Share This Post