ブリティッシュ英語(イギリス英語)を勉強する際に誰のアクセントをお手本・真似すればよい?


綺麗なブリティッシュ英語(イギリス英語)の発音になる為にお勧め出来るお手本を紹介します!



今までに当サイトでは、イギリス英語のアクセントに関する事や地方の訛りや発音、スラング、ボキャブラリー等、様々なテーマを通してイギリス英語について紹介していきました。中には誰にも求められていないのでは!?というようなマニアックなテーマまで取り上げてきました(笑)。


私自身も楽しみながらこのサイトを運営出来ていますので、これからもイギリス英語に関する事、意外にもイギリスのカルチャー、イギリス人についてもっと深く書いていきたいと思っています。

ちょっと話しが少しそれましたが、今回の記事は読者の方から「イギリス英語の発音」に関する質問を頂いたので、それについて記事を書いてみたいと思います。


質問はこちら:



読者の方の質問:


英語学習・音読・発音の練習および目標として綺麗なロンドンのブリティッシュイングリッシュを話す方は誰の発音がおすすめでしょうか?

アメリカ英語であればアル・ゴアが良いという話がありましたが、イギリス英語であれば誰かぜひ女性・男性1名づつブログでご紹介いただけないでしょうか?

不躾な質問で恐縮ですが、ブログのネタとしてもお使いいただければ幸いです。何卒よろしくお願いいたします。




ブリティッシュ英語の発音を勉強する際のお手本について
ブリティッシュ英語の発音を勉強する際のお手本について


おすすめ記事:




お手本になるような標準的な(中流)イギリス英語の発音を狙う方がお勧め



ご質問ありがとうございます。そして、いつも「ブリティッシュ英語.com」を読んでくれてありがとうございます。


質問に関してですが、実は1人のイギリス人を選び発音のお手本として薦める事はとても難しいんです。

何故なら、イギリスでは地方の訛りは多いですし、社会階級によって発音が異なりますので、気をつけないと話し方で相手に変な印象を与える可能性があります。

例えば、エリザベス女王の発音は綺麗過ぎて、普通のイギリス人はエリザベス女王の発音は使いません。


日本人がエリザベス女王の英語をお手本として真似すると、会話相手に凄く変な印象を与えると思います。からかわれるかもしれません(笑)。例えるなら、私が昔の侍と同じような日本語を話す事と同じくらいおかしい事だと思います(笑)。


逆に、ロンドンのローカル訛り(コックニーなど)を真似するとあまり良い印象を与えないと思います。ローカルすぎると変に思われてバカにされる可能性があります。

ですから、目標として狙うのであれば「中流」っぽいイギリス英語の発音を手本として使った方が良いのではないかと思います。




イギリス英語の発音のお手本にするべきイギリス人について



では、発音の練習をしている際に誰の発音をクローズアップすればよいでしょうか? 例えばですが、イギリスの芸能人(俳優、歌手など)の発音を真似した方が良いと思います。

その理由として、Youtubeなどでインタビューを見つける事が出来るのでコストも安く済みますし、楽しみながら発音の練習が出来ると思います。

そして、最も有名な芸能人はオーディオブックのナレーターとしても、活躍しているのでそれらを利用すると数多くのイギリス英語の発音を手に入れる事が出来ます。


ベネディクト・カンバーバッチは日本でとても人気でよく知られていると思いますが、彼の発音は少し綺麗すぎると思います(笑)。

彼よりもお勧めなのが、同僚のマーティン・フリーン(ドクター・ワトソンの役)の方でしょう。マーティン・フリーマンは今までに数多くの映画、ドラマなどに出ていますし、Youtubeのインタービューは沢山あります。そして、彼はオーディオブックのナレーターとしても活躍していますので教材は沢山あります。

※勿論、ベネディクト・カンバーバッチの英語を真似しても大丈夫ですが、彼の発音は一般のイギリス人より綺麗だと思います。彼の発音はどこか「寄宿学校(高級私立学校)」の匂いがしますね(笑)。


マーティン・フリーマンは別に変な訛りがありませんし、「ポッシュ」過ぎないし、勿論「下品」でもありません。彼は元々ケント州(ロンドンの隣)の出身なので、地方の訛りはありません。

普通のミドルクラスのイギリス人だと思います。


参考動画:










イギリス人女性の発音をお手本にしたい場合



イギリス人の女性の発音を勉強したい方は、レイチェル・ワイズはどうですか?彼女はイギリス人で、ロンドンの出身です。とても有名な女優なので数多くの映画に出演しています。

彼女の発音は綺麗ですが、「ポッシュ」過ぎません(笑)。彼女はジェイムズ・ボンド007のダニエル・クレイグと結婚しています(うらやましいなぁ^^)。


参考動画:








私の経験では、外国語の発音をレベルアップする為には、「リスニングを増やした方が最も良い!」という持論があります。同じ音声を何回も繰り返して聞くと、「正しい発音が自然に頭に入る」と思っています。

そして、自分に発音の弱点があると思ったら(例えば、r、l、v、thなど)、その難しい発音を中心に練習した方がいいと思います。

当サイトでは、今までにイギリス英語の発音の特徴について何度か記事を書いています。参考までに今まで紹介した、イギリス英語の発音に関する記事をリストにしてみました。


イギリス英語の発音に関するおすすめ参考:


イギリス英語の発音以外にも、勉強方法や教材、カルチャーに関して等、他の質問があれば是非ご連絡くださいね!それではイギリス英語の勉強を頑張ってください!私も日本語の勉強頑張ります^^!







   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ  

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^






Share This Post