「お酒」、「アルコール」はイギリス英語で何と言うの?イギリス英語の面白いスラング紹介(パート1)


イギリス英語の面白いスラング紹介:「お酒」や「アルコール」はイギリス英語で何と言う?



今回の記事では、イギリス英語の中で最も役に立つ!?スラングを教えたいと思います^^ 今回紹介するのは「お酒」という意味になるスラングです。


イギリス人はとにかくお酒が大好きです。WHOのデーターによると、平均的なイギリス人(大人)は一年に11.6リットルのアルコールを飲んでいるという調査があります。

参考サイト:「World’s heaviest drinking countries revealed – and the UK doesn’t even make the top 10


イギリスでは、18歳からお酒が飲めますので、大学生はかなりお酒を飲みますね。私が通った大学にはキャンパスにバーが沢山あって、色々なお酒付きのイベントがありました。


実は私の誕生日は他の同級生より少し早いので、高校の最後の年は一年からお酒が飲めました。私の住んでいた街のパブに行くと、自分の高校の先生と会う可能性が高かったんですね(笑)。


そんな事もあり、私はパブで何回も数学の先生を見た事があります!(笑)。とにかくイギリス人はお酒を沢山飲む事も関係してか、イギリス英語では「お酒」関係のスラングが多いです。



「お酒」、「アルコール」はイギリス英語で何と言う?
「お酒」、「アルコール」はイギリス英語で何と言う?


おすすめ記事:




「お酒」、「アルコール」という意味になるイギリス英語スラング: 1. Booze



Booze:


この単語はイギリス英語だけで使われているわけではないので、殆どの方は知っていると思います。

「Booze」は単純に「アルコール」という意味になりますので、ビール、ワイン、チューハイなどの飲み物は全て「booze」になります。


「Boozer」は「お酒の癖のある人」という意味になりますが、「パブ」という意味にもなります。「Booze」は動詞でも、名詞としても使う事が出来ます。


例文:

Have you got any booze? I fancy a drink.
(お酒はある?何か飲みたいな。)

He’s a boozer apparently. I think that’s why his wife left him.
(彼はアルコール中毒だそうですよ。だから奥さんに捨てられたんだと思うのよ。)


I’m going down the boozer.
(パブに行くぞ。)




「お酒」、「アルコール」という意味になるイギリス英語スラング: 2. Dutch courage



Dutch courage


イギリス英語では「Dutch ~」というイディオム表現は多いです。

私は「British English Idiom Master」というebookで「Dutch ~」について細かく紹介しました。興味がある方は是非ご覧下さい^^ 


「Dutch courage」は「お酒」という意味になりますが、「勇気を得るために飲むお酒」という意味にもなります。

例えば、「好きな子がいるがシャイなので、お酒を飲まないと彼女と話す勇気がない」というような場合、「Dutch courage」というフレーズを使います。


例文:

I want to talk to her but I need some Dutch courage first.
(僕は彼女と話したいけど、先にお酒が必要です。)


Here, drink this. Dutch courage.
(はいどうぞ。これを飲んで。勇気が出るから。)




「お酒」、「アルコール」という意味になるイギリス英語スラング: 3. Bevy, Bevvies



Bevy, Bevvies


正しい英語では、「アルコール」は「alcoholic beverage」になりますが、「beverage」(=飲み物)は「bevy」や「bevvies」に省略されています。ちょっと男っぽいスラングです。


例文:

I’m going out for a few bevvies with the lads tonight.
(今夜は友達と一緒に飲みに行く。)


He’s been on the bevvies.
(彼は酔っ払っているね。)




「お酒」、「アルコール」という意味になるイギリス英語スラング: 4. swift half



swift half


このスラングは少し「親父っぽい」です。(確かに私の父親が使います!)「swift」は「早い」という意味になり、「half」は「ハーフパイント」という意味になります。


つまり、「ほんの少しのお酒」という婉曲的な意味になります。しかし、これは婉曲的な表現なので、実際は「ほんの少しのお酒」以上に飲む可能性が高いです。



例文:

I’m just going out for a swift half.
(飲みに行ってくるよ。)


Your dad said he was going out for a “swift half” but he has been out for three hours now.
(あなたのお父さんは「ちょっと飲みにいってくるよ」と言ったけど、もう3時間も帰ってこない)


Anyone fancy a swift half?
(お酒を飲みに行きたい人はいますか?)




「お酒」、「アルコール」という意味になるイギリス英語スラング: 5. bubbly, plonk, vino(ワインのスラング)



bubbly, plonk, vino


「bubbly」はシャンパンやスパークリングワインのスラングです。「bubbly」は「泡だらけ」や「シューと泡立つ」という意味になります。

「plonk」は「安いワイン」という意味になるスラングです。このスラングのルーツは少し不明ですが、元々オーストラリアから来たようです。


フランス語では、「白」は「blanc」(発音:ブロンク)になり、「plonk」(発音:プロンク)はふざけた「フランス語」から来たのかもしれません。

「Vino」はイタリア語で「ワイン」という意味です。多くのイギリス人はワインを「vino」と呼びます。少しふざけた言い方ですが・・。



例文:

Happy birthday! I brought you some bubbly to celebrate.
(お誕生日おめでとう!お祝いするためにシャンパン持ってきたよ。)


Anyone fancy a drink? There’s a bottle of plonk in the fridge.
(誰かアルコールを飲みたい?冷蔵庫にワインがあるよ。)


Let’s have a glass of vino – it is Friday after all.
(ワインを飲もうよ。金曜日だからね。)



ちょっと長くなってしまいますので、今回はここまでにしておきます。残りは「パート2」の記事で紹介していきます^^








   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^




Share This Post