英語では「女言葉」、「男言葉」はありますか?発音のお手本として同姓が良い?異性が良い?


英語にも「女言葉」や「男言葉」等はあるのでしょうか?



今回の記事は、以前に紹介した「綺麗なブリティッシュ英語(イギリス英語)の発音になる為にお勧め出来るお手本を紹介します!」という記事の続きです。

その記事では、私はイギリス英語を勉強するためにどんな人の発音がお手本として使えるのか?その際に参考になる芸能人などを紹介しました。

そして、嬉しい事に質問を頂いた方から再度、別の質問を頂きました^^ 


質問はこちら:


読者の方の質問:


先日の記事の「ブリティッシュ英語(イギリス英語)を勉強する際に誰のアクセントをお手本・真似すればよいでしょうか?」はとても役に立つし、興味深かったです。

「ベネディクト・カンバーバッチの英語が綺麗すぎる」という事に驚きました!!。


この記事を読んで質問が浮かんだのですが、お手本にする方は「同性・異性」どちらでもいいのでしょうか?。

私は映画をよく見ますが、出演者の大半が男性の映画をよく見ているので気になりました。よろしくお願いします。




英語では「女言葉」、「男言葉」はありますか?
英語では「女言葉」、「男言葉」はありますか?


おすすめ記事:



いつも質問してくれてありがとうございます。1人の読者の方が何か気になっているなら、他の人も気になっている事だと思いますので、どんどん質問してくださいね^^

日本語では、「女らしい話し方」と「男らしい話し方」などがありますね。

例えば、日本人の女性は主に「私」や「あたし」という代名詞を使いますが、男性はもっとカジュアルな会話で「僕」や「俺」を使います。語尾の違いもあると思います。

女性は「~わ」、「~かしら」などの語尾を使う傾向があり、男性は、「~だぞ」、「~だぜ」、「~かな」という語尾を使う傾向があると思います。さらにもっと微妙な話し方の違いもあると思います。

例えば、男性の方がダイレクトな言い方を使う傾向がありますし、女性の方が少しだけ婉曲的に話す傾向もあると思います。




英語における「女らしい話し方」と「男らしい話し方」について



英語にも、女らしい話し方と男らしい話し方があります。しかし、日本語よりも微妙な違いがあります。例えば、女性の方が付加疑問文を使う傾向があります。

そしてイギリス人の男性は女性よりも罵りの言葉を使う傾向があります。それ以外にも微妙なボキャブラリーの違いもあると思います。


例えば、男性は友達を「mate」と呼ぶ事が多いですが、女性は「friends」と呼ぶ事が多いです。一般的に女性の話し方の方が綺麗で、もう少し正式な感じです。

男性の話し方は女性よりダイレクトで「ラフ」かもしれません(笑)。この点についてはイギリスだけに当てはまらず他の国でも同じような感じだと思います。


イギリス英語の単語の発音では、男女の違いはそんなにないと思いますが、男性の方がわざと「ラフ」な発音を使う傾向があります。質問を下さった方は下記の記事を読んでもらったのかどうか分かりませんが、私は以前、イギリスの財務大臣ジョージ・オズボーンのアクセントについて紹介しました。


彼は元々とても「ポッシュ」なアクセントで話しますが、仕事で工場の労働者と話す際にわざとアクセントを「レベルダウン」していました。彼は多分、階級のギャップを埋めるために話し方をわざと変えたんだと思いますが、とにかく、男性の方がアクセントを「レベルダウン」する傾向があるようです。

参考:「イギリス映画「ラブ・アクチュアリー」からみられるイギリス英語の階級の違いについて」 


日本に滞在している私の外国人の友達の日本語を聞くと、男女の話し方の違いが分かります。私のアメリカ人の友達が良い例です。彼女は大阪出身の男性と結婚しています。

彼女の日本語はぺらぺらですが、何と「男っぽい関西弁」を話ます(笑)。逆に日本人女性と結婚している外国人男性の日本語は少し女っぽい日本語を話す気がします。


元の話に戻りますが、私の経験では、日常生活で最もよく話す会話パートナーの話し方がうつる傾向があるので、笑われないように同姓のお手本を使った方がいいと思います。

そうしないと、私のように英語で「腹減ったなぁ」、「うるせえなぁ!」、「食う?」のような表現を使ってしまいますよ(笑)^^ 

若い頃に男っぽい話し方をした場合「少し可愛い」かもしれませんが、年を取るとあまりよい印象を与えないと思いますので皆さんも心当たりがある方は気をつけましょうね(笑)。











   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^




Share This Post