イギリス英語で「バカ」という意味になるスラング「gormless」、「dappy」、「dipstick」の使い方について


イギリス英語のスラング「gormless」、「dappy」、「dipstick」の使い方とニュアンス紹介します



今回の記事では、ちょっとくだらない英語のスラングを紹介したいと思います(笑)。今回紹介するスラングは全て「馬鹿」や「アホ」という意味になる単語です^^


イギリスのテレビや映画などを観ていると、これから紹介する単語がよく出てくると思います。読者の皆さんのイギリス英語力を上達させるために細かいニュアンスと使い方を紹介したいと思います。


実は、以前に別の記事で「馬鹿」という意味になるイギリス英語の単語や言い方について紹介しましたが、今回はさらに違う単語を思い出したので、もう一度同じテーマで紹介してみようと思いました(笑)。



イギリス英語で「バカ」という意味になるスラング紹介
イギリス英語で「バカ」という意味になるスラング紹介


参考記事:




イギリス英語で「バカ」という意味になるスラング:1. Gormless



Gormless:「鈍間な」、「ピュアで鈍感なバカ」、「頭が悪そう」(形容詞)



この単語の発音は「ゴームレス」と言います。元々はイギリス北部の方言のスラングです。この単語は結構昔から使われています。

「嵐が丘」という小説(1847年)で使われていました。スペルは「gaumless」でした。


「Gormless」は形容詞なので、「gormless idiot」(=頭の悪い馬鹿)、「gormless expression」(=馬鹿の表情)などのフレーズに使われています。

ニュアンス的には「のろまな」や「ピュアで鈍感なばか」、「頭が悪そう」といった意味になります。


例文:

That man looks a bit gormless.
(あの男はちょっと頭が悪そうです。)


She always has a gormless expression on her face.
(彼女はいつも頭が悪そうな表情をしているね。)


You gormless fool!
(お前! バカやろう!)




イギリス英語で「バカ」という意味になるスラング: 2. dappy



dappy:「忘れっぽいバカ」(形容詞)



このスラングも形容詞です。比較的新しいスラングだと思います。若者は勿論、お年寄りの人たちも使う気がします。この単語も「バカ」という意味ですが、「忘れっぽいバカ」というニュアンスが含まれています。

アメリカ英語では「airhead」というスラングが最も近いと思います。「Dippy」という単語もあります。これも同じ意味になります。


例文:

Do you know Rachel? She’s nice but a bit dappy.
(レイチェルという子を知っている? 彼女は優しいけど、忘れっぽくてちょっと頭が悪いですよ。)


I am so dappy! I left my mobile at home again!
(私は忘れっぽいなぁ!また携帯を家に忘れちゃったよ!)


You are so dappy!
(あなたは凄く忘れっぽいね!)




イギリス英語で「バカ」という意味になるスラング: 3. dipstick



dipstick:「バカ(主にコックニーが使う俗語)」(名詞)



この単語は元々イギリス英語なのかどうか分かりませんが、一般的なイギリス人はこの単語を知っていると思います。

「Dipstick」という単語は「オイルの深さを測る棒」という意味になりますが、スラングとして使うと「バカ」という意味になります。


英和辞書で調べると、「米俗」として紹介されていますが、イギリスの「Only Fools and Horses」というクラシックなテレビコメディー番組のお陰で、”コックニーが使う俗語”として知られています。

「Dipstick」は名詞として使います。これは、単純に「バカ」という意味になります。



例文:

You dipstick! What on earth have you done?!
(お前はバカだね!一体何をやってんの?)


Rodney? He’s a complete dipstick.
(ロドニー君?彼は全くのバカだよ。)


Don’t be a dipstick.
(ばかばかしい事をするなよ。)


イギリスのテレビドラマ「Only Fools and Horses」は、現在では新しいエピソードは作られていませんが、その当時はとても人気があったドラマなので、今でも再放送される事が多いです。

イギリスのテレビを観ると、このようなシチュエーションコメディーを観る事が高いと思います。こういった番組の中から多くのイギリス英語のスラング、表現などが出てきたと思います。






上の動画の画質は悪いですが、もし興味があればDVDで見てみてください。かなり面白いコメディーだと思います^^





ようやく”ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページがオープンしました!今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイトやメルマガではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、楽しみにお待ちくださいに^^


   >> ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページ










   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^




Share This Post