「play」という動詞が含まれているイギリス英語のイディオム紹介


イギリス英語のイディオムの中で「play」という動詞を含む表現を紹介



今回の記事では久しぶりにイギリス英語のイディオムを紹介していきたいと思います。

外国語を勉強する際に、イディオムを覚える事はとても難しい事です。しかし日常英会話において、イディオムは頻繁に使われていますので出来ればイディオムの知識があった方が会話もスムーズに理解出来る事が多いです。


そして、イギリスの映画やテレビをみていてもよく出てくると思いますので、イディオムの知識があった方がより深くカルチャー的な部分の理解が深まると思いますので、この際に是非覚えておきましょう^^


今日これから紹介するイディオムは、全て「play」という動詞が入っています。そしてこれらのイディオムはイギリス英語の特有のイディオムです。


実は、私は「ブリティッシュイングリッシュ・イディオムマスター」という教材(ebook)を書いて販売しています。イギリス英語のイディオムやスラングに興味があれば、是非読んでみてくださいね。ニュアンスやイディオムルーツ、例文と音声がたっぷり入っています!(ちなみに音声は私の声です!^^)


それでは、これから4つのイディオムを例文付きで使い方を紹介していきたいと思います。


「play」が入ったイギリス英語のイディオム
「play」が入ったイギリス英語のイディオム


おすすめ記事:




「play」という動詞をイディオム: 1.to play up




to play up
意味:(車・機械などは)調子が悪い、(子供は)いたずらをする



このイディオムには二つの意味があります。一つ目は「車などの機械が正常に動いていない」という意味で使う場合。

二つ目は「子供がいたずらをする」という意味で使う場合。ちなみにこのイディオムは”大人がするいたずら、悪さ”等の行動に対しては使いません。

主に”子供の悪い行動”の話をする際しか使う事が出来ません。


例文:

My car is playing up again. Do you know a good mechanic?
(私の車はまた調子が悪いよ。良いメカニックを紹介出来るかな?)


My daughter has been playing up all morning. I think she’s tired.
(私の娘は午前中にずっといたずらをしていたよ。彼女は疲れたかもしれない。)




「play」という動詞をイディオム: 2.to play away from home




to play away from home
意味: アウェイの試合を戦う、浮気をする



このイディオムも二つの使い方があります。一つ目はスポーツの話をする際に使う時です。例えば、サッカーの話やラグビーの話等をする際に使います。

二つ目の使い方は婉曲的でユーモアが含まれた表現として使う場合です。例えば「浮気をする」という意味として使います。


それでは、具体的な使われ方を例文でみていきましょう。

例文:

United are playing away from home this weekend so I can’t watch the match.
(ユナイテッドは今週末、アウェイで試合を行っていますので私は見に行けません。)


Mary’s husband has been playing away from home again you know. Terrible, isn’t it.
(メアリーの旦那はまた浮気しているのよ。酷い事ですよね。)




「play」という動詞をイディオム: 3.to play around (with 誰々)




to play around (with 誰々)
意味: 誰々と不倫をする



これもまた「浮気」の話をする際に使う表現になりますが、このイディオムの「play」は日本語の「遊ぶ」と同じ意味になります。

つまり、「誰々と遊ぶ」=「浮気」という意味として使います。


例文:

Our boss is playing around with the secretary.
(私たちの上司は秘書と浮気しています。)


Her boyfriend is always playing around with other women.
(彼女の彼氏はいつも他の女と遊んでいる。)




「play」という動詞をイディオム: 4.to play a straight bat




to play a straight bat
意味: 正直な行為・行動をする



このイディオムは元々クリケットというスポーツの用語から来ています。クリケット用語で「straight bat」とは「バットを真っ直ぐに向ける事」という意味になります。

これはクリケットの正式なテクニックの一つです。イディオムとして使うと、「正しい行動」や「正直な行動」というニュアンスの表現になります。


例文:

Tom always plays with a straight bat. I trust him.
(トムはいつも正しく正直な行動をします。私は彼を信頼出来ます。)


It is important to play with a straight bat.
(正直な行為をする事は大切な事です。)


以上、今回は「play」という動詞が含まれているイギリス英語のイディオムを紹介してみました!結構よく出てくる表現なので、是非覚えて使てみて下さいね^^

もっと色々なイディオム(諺)に興味がある方、イギリス英語っぽい表現などを知りたい方は是非メールくださいね!

質問メールはこちらのページからお願いします^^








   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ  

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^






Share This Post