「ソファ」はイギリス英語で何と言うのでしょうか?言い方によって社会階級が分かるのか?


イギリス英語で「ソファ」は何と言うのでしょうか?アメリカ英語とは違う言い方なのでしょうか?



今回の記事では「ソファ」という単語について話していきたいと思います。「ソファの話なんてつまらないんじゃないの?」と考えている人がいると思いますが、実はそんな事はありません^^

「ソファ」の呼び方一つでイギリス人について色々な事がわかったりするものなんですね^^ 


私はもうかれこれ11年間日本に住んでいますので、日本語と「国際英語」にかなり影響されていると思いますが、私の場合で言うと元々「ソファ」を「sofa」と呼んでいた気がします。

私の家族のメンバーも、みんな「sofa」か「settee」という言い方をすると思います。


しかし、この間、オーストラリア人の友達と話していた時に彼は「couch」という言い方を使っていました。私はこの言い方を久しぶりに聞きました。

何故だか分かりませんが、私はソファを「couch」と呼んだ事がないと思います。「もしかして国によって言い方が違うかもしれない」と思った事が今回の記事を書くきっかけになりました^^



「ソファ」はイギリス英語で何と言うのでしょうか?
「ソファ」はイギリス英語で何と言うのでしょうか?


おすすめ記事:




「ソファ」は英語圏の国でもそれぞれ呼び方が異なるのか?



インターネットで「sofa, couch, settee」というキーワードを調べると、面白い記事が結構多く出てきます。私が調べていた時に面白いと思った記事はこちらです。

参考サイト:Sofa, settee, or couch?


これは「オックスフォード辞書のオンライン版」のブログ記事です。最近行われたアンケートによると、58%のイギリス人の回答者は「sofa」という言い方を使っています。

そして、29%のイギリス人の回答者は「couch」と呼んでいるようです。


また、9%のイギリス人の回答者は「settee」と呼んでいます。残りの4%は全く違う呼び方を使っているようです(この違いは一体何故なのでしょうか?!)

このブログはアメリカ人の回答者のパーセントを紹介していませんが、アメリカで最も人気のある呼び方は「couch」になります。そして、次は「sofa」という人が多く、「settee」という呼び方は殆どしないそうです(ゼロに近いそうです)。


この記事によれば、「couch」という呼び方は最も古い呼び方のようです。「couch」は約500年前から使われているようです。

一方、「sofa」は比較的最近出来た単語です。「sofa」は18世紀頃に初めて英語で使われるようになりました。「sofa」は元々アラブ語の「suffa」という単語から来たそうです。

「Settee」(発音:セッティー)という単語のルーツは不明ですが、おそらく「settle」という単語から出来たようです。




「ソファの呼び方」で社会階級が分かる?



そしてさらに「ソファの呼び方」について調べていると、このような面白い記事も見つけました。

参考記事:「U and non-U English」 

この記事はイギリスの階級によって言葉遣いが違うという内容を紹介している記事です。この記事によると、アッパークラスの人(上流階級の人)は「sofa」という呼び方を使うようです。

そして、ミドルクラスとその下のクラスの人は「couch」か「settee」という言い方を使っているようです。

でも、これは本当なのかな?と思っています。何故なら私は絶対に上流階級の人ではないからです(笑)。


それでは、イギリス英語の「ソファ」の言い方を例文でみていきましょう。


例文:

That’s a beautiful sofa. Is it new?
(それはとても素敵なソファですね。新しいんですか?)


Sit down on the couch and I’ll make a cup of tea.
(あなたはソファに座って。私はお茶を作りますよ。)


We bought a new settee yesterday.
(私たちは新しいソファを買いました。)


ところで、英語では、一人掛けの「ソファ」は「sofa」と呼びません。一人掛けのソファは「armchair」と呼びます。

一般のイギリス人のリビングルームには、一つの三人掛けのソファと二つの1人掛けの「armchair」が置いてあります。このセットは「three piece suite」と呼びます。この言い方は主にイギリス英語での使い方になります。








   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^




Share This Post