イギリス英語特有スラング「Bollocks」の様々な意味と使い方を紹介


イギリスのテレビドラマ、映画でよく耳にするイギリス英語特有のスラング「Bollocks」とは?



今回の記事では”かなり下品”なスラングを紹介していきたいと思います。私の親がこの記事を見たらびっくりすると思いますので、出来るだけ親にばれないようにしないと駄目ですね(笑)

実は私の両親は、以前にこのサイトで「piss」というスラングを紹介した時の記事を見てびっくりしていました。彼等はその時に「マリ!どうして日本人の英語学習者にそんな悪い単語を紹介しているの?!」と叱られたんですね(笑)。


私が「piss」や「bollocks」などのちょっと悪いスラングを紹介する理由としては、「イギリス人と話す際にそのような単語を必ず耳にする」という理由があるからです。

そして、イギリスのテレビドラマ、映画などを観たら必ずといっていい程、出てくる単語です。自分が使わないまでも、スラングの意味を理解しないと「イギリス英語がペラペラ」になれないと思います。

実際に私もいつも日本語の悪いスラングをしっかりと覚えています(笑)。(特に悪い言葉って覚えやすいですよね^^)


参考記事:


では、「bollocks」というスラングを紹介していきたいと思います。

「bollocks」とは簡単に言うと・・・すみません・・「キンタマ」という意味になりますが、他のイディオムや表現で色々な使い方があります。


今回の記事では、そっちの他の意味やイディオムとしての使い方を紹介していきます。



イギリス英語特有スラング「Bollocks」
イギリス英語特有スラング「Bollocks」


おすすめ記事:




1. bollocks = 「嘘!」



私は以前に別の記事ではこの使い方を紹介した事がありますが、「bollocks」=「嘘!」という意味として使う事が出来ます。


例文:

A: Sean Connery was the best James Bond.
 (ショーン・コネリーは最も良いジェイムズ・ボンド007だったよ。)

B: Bollocks! Daniel Craig was much better.
 (嘘だよ!ダニエル・クレイグの方が良かったよ。)



2. bollocks = 「ちくしょー!」、「くそ!」



自分が怒っている時や自分が失敗した時に「bollocks!」と叫ぶ人が結構います(笑)。


例文:

Bollocks! I’ve forgotten my keys.
(くそ!私は鍵を忘れてしまった。)




3. to talk bollocks = 「嘘をつく」、「ナンセンスな話をする」、「くだらないお喋をする」



この表現はイギリス英語の日常会話でよく使われています。主に「くだらない話をする事」という意味として使われています。

アメリカ英語では「to talk shit」や「to bullshit」という表現になります。


例文:

My friend John is always talking bollocks. Never believe what he says.
(私の友達のトムはいつもナンセンスな話をしているよ。彼が言っている事は絶対に信じない方がいい。)




4. the dog’s bollocks = 「素晴らしい」、「質がいい」



このフレーズを聞いて酷いイメージが頭に浮かんできますが、実はこれはポジティブなニュアンスのフレーズです。

時々「the bollocks」という短いフレーズに省略されます。結構下品な言い方ですが、結局はポジティブなニュアンスを与えます。


例文:

My new car is the dog’s bollocks.
(私の新しい車は素晴らしいぞ。)




5. to freeze one’s bollocks off = 「非常に寒い状態」



これもとても下品な言い方で主に男性に使われています。日本語に訳すと「寒すぎてキンタマが取れちゃった」という意味になります(笑)。本当に下品でごめんなさい(笑)。

女性の場合、「to freeze one’s tits off」になります。


例文:

Hurry up and open the door! I’m freezing my bollocks off!
(早くドアを開けてくれ!俺はめっちゃくちゃ寒いぞ!)




6. to get a bollocking/to get bollocked/to bollock someone = 「叱られる」、「叱る」



このフレーズはよくスポーツ選手や学生が使います。何故なら、スポーツ選手はよくコーチに叱られますし、学生は先生に叱られます。

ニュアンス的には「とても激しく叱られる」という感じの意味ですね。


例文:


Our goalkeeper got a bollocking after the match.
(うちのゴールキーパーは試合の後に酷く叱られました。)


I forgot my homework and got bollocked by the teacher.
(私は宿題を忘れて先生に酷く叱られた。)


The coach bollocked me after that mistake.
(コーチはそのミスの事で私を激しく叱った。)


皆さんは「Sex Pistols」というパンクバンドをご存知でしょうか?

Sex Pistolsの最も有名なアルバムは「Never mind the bollocks」というタイトルでしたね。それは「ナンセンスを気にしないで」という意味になります。


今回の記事ではイギリス英語特有のスラングについて紹介してみました。

イギリスのテレビドラマや映画をみた時に気になったスラングや聞いたけど、意味やニュアンスがわからなかった表現などがありましたら、是非質問して下さいね^^ 出来る限り詳しく紹介していきたいと思います!






   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^




Share This Post