英語で子育てする際に知っておくと便利な「子育て英語」のフレーズ・表現(パート2)


夏の間に使える「子育て英語」のフレーズ・表現を教えます!(パート2)



今回の記事は、この間アップした「夏の間に使える子育て英語のフレーズ・表現を教えます!」という記事の続き(パート2)です。


子供が小さいうちに英語に聴きなれておけば自然に英単語、英語の発音、英語のリズムを身につける事が出来ます。子供と遊びながらシンプルな英語を使えば、知らないうちに日本の中学校レベルのボキャブラリーを覚える事が出来ると思います。

ママやパパの英語がパーフェクトではなくても、日常生活を送りながら子供と一緒に英語を使っていくと子供の言語力の成長にとても良いと思います。


私はいつか時間が出来たら「小さい子供専用の英語学習法や英会話訓練・英語耳の作り方」という内容の本を書いてみたいと計画していますが、今は仕事や大学院の論文などで忙しすぎて、おそらく早くても来年のプロジェクトになると思います(笑)。興味がある方は気長にお待ち下さい^^


それでは、夏の間に使える子供と一緒に使える英語フレーズ・表現を紹介していきたいと思います。


英語で子育てする際の「子育て英語」のフレーズ紹介
英語で子育てする際の「子育て英語」の表現


おすすめ記事:




虫に関する英語フレーズ



カブトムシに餌やらないと。(飼っているカブトムシに餌をやる際)
(You need to feed the beetles.)


ママ、カブトムシのゼリーとって!
(Mummy, pass the beetle jelly! / Mummy, can I have the beetle jelly!)


ごはんあげるからねカブトムシちゃん
(Here’s your dinner/food, Mr Beetle.)


カブトムシがひっくり返ってるよママ!
(Mummy, the beetle is upside down!)


じゃあ直してあげて
(Ok, turn him over.)


そんなにカブトムシを持ち上げてばっかりいたら死んじゃうよ。ストレス感じてると思う。
(If you keep touching them, they’ll die you know. They’ll get stressed.)


もうこんな家は沢山だ!って思われて飛んで行っちゃうかもしれない。
(They might fly away if they think the house is full up.)


メスは土の中に潜って全然出てこないね。
(The girl beetle is hiding under the earth and won’t come out.)


恥ずかしいのかな?
(Maybe he/she’s shy.)


メスを掘り出さないであげて。メスは寝ていたいんだよ。
(Don’t dig the girl beetle up. She’s asleep.)


卵産んだのかなぁ?
(I wonder if she’s laid some eggs?)


カマキリを捕まえようよ
(Let’s go and catch a praying mantis.)
※カマキリは「praying mantis」と言いますが、「mantis」だけを言っても大丈夫です。


バッタを捕まえようよ。
(Let’s go and catch a grasshopper.)


あ!いた!そこにいる!ほら葉っぱの上だよ!捕まえて!そーっとね、静かに、ゆっくり。
(There’s one! Look – under the leaf! Catch it! Slowly, quietly…)


あー、飛んでっちゃった。残念、また探そう。
(Oh no! It’s jumped away! Unlucky. Let’s find another one.)


足元にバッタがいる、動かないで!僕が捕まえる!
(There’s a grasshopper by your foot. Don’t move. I can catch it.)


ほら、あなたの好きなダンゴムシがいるよ。うわー、いっぱいいる。
(Look, there’s a woodlouse. You like woodlice, don’t you. There are lots of them here.)
※「ダンゴ虫」の単数形は「woodlouse」、複数形は「woodlice」になります。


ダンゴムシのどこがそんなに好きなの?ママにはわからない。
(What is is you like about woodlice? Mummy doesn’t like them.)


蝉がいる、ほらあそこ!
(There’s a cicada! Look, over there!)
※「蝉」は「cicada」になります。発音は「セィカーダ」か「セィケイダ」になります。


蝉の鳴き声ってうるさいよね。
(Cicadas are so noisy, aren’t they!)


あ!蝉の抜け殻!ほしい?取ってあげようか?
(Look, a cicada’s shell! Do you want it? Shall I get it for you?)

蝉の抜け殻いっぱい集めたね。
(Wow, you found a lot of cicada shells, didn’t you!)


ママも子供の頃よく集めたよ。
(Mummy did this when she was a little girl too.)


蝶々が飛んでる、綺麗な蝶々だね!僕も蝶々みたいに飛んでみたい!
(Look at the butterfly flying. Isn’t it pretty! I want to fly like a butterfly too!)


ホントだね、ママも飛んでみたいよ。
(It is pretty, isn’t it! Mummy wants to fly like a butterfly too.)


蝶々はお花の蜜が好きだからよくお花の周りを飛んでるよ。
(Butterflies like the flowers’ nectar, so they always gather around the flowers.)



お祭りの話をする際に使う英語フレーズ



今週の土曜日はお祭りだね、すっごく楽しみ!
(There’s a festival on Saturday. That’ll be fun, won’t it!)


花火大会もあるしプールも行けるし出店のチョコバナナとか金魚すくいとか、僕夏大好き!
(There’ll be a firework display, a pool and lots of stalls. We can catch goldfish too! I love summer!)


ママ、あれやりたい。ボールすくいやりたい。(お祭りの出店でスーパーボールをすくうゲームのことです。スーパーボールはゴムで出来た小さな玉のような物です。)
(Mummy wants to try scooping up the balls.)


やったぁ!こんなにとれたよ!すごいでしょ!
(Hooray! Look how many I got!)


チョコバナナいくらかな?ママお金ちょうだい。300円だって。
(How much are the chocolate bananas? Mummy, can I have some money? They cost 300 yen.)


裕太君が持ってるやつ僕もほしい、あそこのお店で買えるみたいだよ。
(I want what Yuuta’s got. You can get them at that stall over there.)


ママ、花子にも買ってあげて。
(Mummy, buy one for Hanako too.)


ママはもうお金が無くなっちゃったから何も買えません。
(Mummy has run out of money now so we can’t buy anything else.)


チョコバナナ買ったしボールすくいもやったでしょ?だからもう見るだけ。
(We’ve already had chocolate bananas and scooped up the balls. Now we can just look.)


歩き疲れたね、少し座って休もうか。
(You’re tired from walking, aren’t you. Let’s sit down and have a rest.)




夏の暑さの話をする際に使うフレーズ



汗かいちゃったから着替えたい。
(I’m all sweaty so I want to get changed.)


汗かいたから頭が痒い。
(I’m all sweaty so my head is itchy.)


あっついよこの部屋クーラーつけてよ。
(This room is too hot. Turn the air conditioner on.)


かき氷食べたくなっちゃった。作っていい?
(I want to eat shaved ice. Can we make some?)


なに味にする?
(What flavour would you like?)


ママのお勧めはカルピス味だよ。
(I recommend Calpis.)


冷たいもの食べ過ぎると下痢するよ。そのぐらいにしておきなさい。食べ過ぎ。
(If you eat too much cold stuff you’ll get a sore tummy. Just have that. You’ve already had too much.)


何度も言わせないで!怒られたいの?
(Don’t make me say it again. Do you want mummy to get cross?)


暑いから帽子ちゃんと被らないと気持ち悪くなっちゃうよ。
(It’s hot so if you don’t wear a hat, you’ll feel sick.)


日焼け止め塗ろうね。女の子だから。
(Let’s put some sun cream on. We girls don’t want to get burnt, do we.)


暑いからプールに入ろうか!(※パドリングプール。日本のビニールプール)
(It’s hot so shall we get in the paddling pool?)


きゃー!ママにかけないで!(プールの水を子供が私にかけているとき)
(Aaahh! Don’t splash mummy!)


ママ見てて!こんなこと出来る?(水の中に顔を沈める前に息子が言うセリフです。)
(Look mummy! Can you do this?)


バチャーン!(水の音)
(Splash!!)


バタ足してごらん!
(Try kicking your legs!)


花ちゃんにもそのおもちゃをかしてあげて!
(Let Hana play with that toy too. / Share your toys with Hana.)



以上、夏休みの間に使える英語フレーズでした! 他に質問があれば、是非ご連絡ください。フェイスブックのページを通して質問してもオッケーです^^!









   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^




Share This Post