イギリス人がよく使う「Oh dear!」という英語は日本語でどんな意味・ニュアンスになるのでしょうか?


イギリス英語でよく使われる「Oh dear!」の意味とニュアンス・使い方を解説します!



今回の記事では読者の方から頂いた質問に答えてみたいと思います。今回の質問は、イギリス人の会話でよく耳にする「Oh dear!」という英語フレーズの意味、使い方、ニュアンスに関する内容です。

このフレーズ自体は、アメリカ英語でも時々使われますが、やはりイギリス人の方がよく使うと思いますので、その辺りも併せて紹介していきますね^^

質問はこちら:



読者の方の質問:



こんにちは。いつも「イギリス不足」になる度に、こちらの記事を楽しく拝読しております。

質問なのですが、イギリス人がよく使っている’oh dear’という表現は日本語ではどんなニュアンスになるのでしょうか?用法を教えていただけると嬉しいです。





ご質問ありがとうございます。そして、いつもブリティッシュ英語を読んで頂きありがとうございます。それでは早速、実際にイギリス人が「Oh dear!」を使う際のシーンや使い方について例文で紹介していきたいと思います。

先程もちょっと説明しましたが、イギリス人は会話中に「Oh dear!」というフレーズをよく使います。アメリカ人もこのフレーズを使う事もあると思いますが、使う頻度を考えた場合には、やはりイギリス人の方が多い気がします。


イギリス人がよく使う「Oh dear!」という表現
イギリス人がよく使う「Oh dear!」という表現


おすすめ記事:




イギリス人が「Oh dear!」を使う場合はこんな時



このフレーズのルーツは少し不明ですが、おそらく「Dear God」か「Dear Lord」(=神様の呼びかけ)という表現から来たと考えられています。

これらの表現は「びっくりする時」、「上手くいかない時」、「心配する時」に使うフレーズです。しかし、キリスト教のカルチャーでは、やたらに「God!」や「Lord!」(神様・イエスの名前、呼び方)と言う事は不敬な行動だと考えられていますので、そのうちに「Oh dear!」や「Dear me!」などの表現に省略されました。


「Oh dear!」という表現を日本語に翻訳する事は難しいです。何故なら、この表現は様々なシチュエーションで使う事が出来るからです。ですから、今回は「Oh dear!」の使い方を説明する為に「Peppa Pig」という子供のアニメを使ってみたいと思います(笑)。

実はイギリスのアニメである、Peppa Pigの台詞には「Oh dear!」というフレーズが何回も出てきます。ですから、今回の内容を説明する為の良い例になると思いましたので、Peppa Pigの動画を使ってご紹介させて頂きます^^




1.驚いている際に使う「Oh dear!」






それではまず、上の動画を見てみてください。「3:20」までフォワードして、動画の会話を聞いてみて下さい。ペッパピッグたちは、お医者さんごっこをしています。


台詞:

Narrator: Suzy takes George’s temperature.
ナレーター: スージーはジョージの体温を測っています。


Suzy: Oh, dear. You’re very very hot.
スージー: あれ!大変です!あなたはとてもとても熱いです。


Suzy: I think you have to stay in bed for three years.
スージー: あなたは三年間ベッドで休まなければならないと思います。


このシーンでは、スージーはジョージの高い体温に驚いています。つまり、このシーンでは「Oh dear!」は驚きの表現として使われています。




2.「残念」という意味になる「Oh dear!」






次に上の動画を見てみてください。「3:02」のシーンまでフォワードして、会話を聞いてみてください。ペッパピッグたちは隠れん坊をして遊んでいます。


台詞:

Peppa Pig: One… two… three…
ペッパ:1・・2・・3・・・


Narrator: Oh, dear.
ナレーター: 残念です。


Narrator: Peppa will easily find George.
ナレーター:ペッパは簡単にジョージを見つけます。


上記の会話では、ナレーターは「ジョージの隠れている場所が簡単すぎる」ということに対して「残念だ」(Oh dear!)と言っていますね。

同じ動画に「Oh dear」は、もう一度使われています。まず「3:59分」のシーンまでフォワードして聞いてみて下さい。ペッパピッグはまだ隠れん坊中です。


台詞:

Peppa Pig: Daddy, I can’t find George anywhere.
ペッパ:ダディー、私はジョージを見つけられないのよ。


Daddy Pig: Oh, dear, I wonder where he can be.
ダディーピッグ: 可愛そうなペッパ。彼はどこにいるかな?


このシーンでは、ダディーピッグは悲しそうなペッパに「同情」という気持ちを表現しています。つまり、「可愛そうなペッパ」という事を表しています。




3.「やばい」、「しまった!」という際に使う「Oh dear!」






上記の動画を観て下さい。そして「1:43分」のシーンまでフォワードして会話を聞いてみてください。ペッパたちはマミーピッグのパソコンを使っています。


台詞:

Mummy Pig: Peppa, stop.
マミーピッグ: ペッパ、辞めなさい!

Peppa Pig: Sorry, Mummy. I was just showing George what not to do.
ペッパ: ごめんなさい、マミー。私はただ、ジョージにやっちゃいけない事を教えていたんだよ。


Narrator: Oh, dear. The computer is not meant to do that.
ナレーター: 大変です!パソコンはそんな事をやるはずではない。


今回の「Oh dear」はパソコンが壊れたという事に対して使うフレーズです。つまり、「大変!」、「やばい!」という意味を表しています。




「Oh dear」の使い方のまとめ



まとめると、「Oh dear」は下記の際に使う事が出来ます:


  1. 驚く際(特に悪いニュースを聞いて驚く際)
  2. 残念に思う際
  3. 心配する際(悪い事が起きた際や何かが壊れた際)


また、「Oh dear」の代わりに「Oh no」というフレーズを使う事も出来ます。驚く際に「Oh God」や「Oh my God!」というフレーズを使う事も出来ますが、実はこれはかなり強いニュアンスの表現になります。

では、以上になります!他の質問があれば、是非ご連絡くださいね^^!









   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ  

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^






Share This Post