「彼氏を振る」や「彼氏に振られた」は英語で何と言うのでしょうか?


英語で「彼氏を振る」や「彼氏に振られた」は何と言うのでしょうか?という質問に答えてみました



今回の記事では読者の方から頂いた質問に答えていきたいと思います。今回頂いた質問は「恋愛」に関する話をする際によく出てくるようなフレーズです。

当サイトでも過去にイギリスの恋愛系の映画作品を紹介してきましたが、こういった映画やテレビドラマを観ていると度々耳にするフレーズなので、覚えておくと役に立つと思います^^


それでは、頂いた質問はこちらです:



読者の方の質問:


私はイギリスのテレビドラマを見ていた時、「give him the elbow」という表現を聞きました。インターネットで調べて「彼を振った」という意味だと分かりました。

「彼氏を振る」、「彼氏に振られた」という意味になる他の表現がありますか?教えてください。






当サイトを読んで頂きありがとうございます。そして、面白い質問を送ってくれてありがとうございます^^


そうですね。「to give 誰々 the elbow」はイギリス英語特有のイディオムです。「彼を振る・捨てる」という意味になります。つまり、「別れる」という意味です。

しかし、これは結構「スラングっぽい」言い方です。イメージとしては、「恋人を肘でどかす・押しのける」という事になります。他の言い方も沢山ありますので、今回最も役に立つ表現を紹介していきたいと思います。


英語で「彼氏を振る」は何と言うのでしょうか?
英語で「彼氏を振る」は何と言うのでしょうか?


この記事もおすすめです:




1. to break up (with ~)



この表現は最も役に立つと思います。スラングではないので、どのようなシーンで使っても大丈夫です。この表現には二つの使い方があります。

一つ目は「Aさん broke up with Bさん」というパターンになります。日本語でいうと「AさんはBさんを振った」という意味になります。


二つ目のパターンは「Aさん and Bさん broke up」というパターンになります。この文章のパターンでは、「誰が振ったのか?」「誰が振られたのか?」という事を表わしていません。

ただ単に「別れた」という事実しか表現していません。日本語でいうと「AさんとBさんが別れた」という意味になります。



例文:

My boyfriend broke up with me!
(私は彼氏に振られた!)


Kate and William broke up.
(ケイトとウィリアムは別れました。)


Please don’t break up with me!
(私を振らないで!)




2. split up (with ~)



この言い方は上記の「break up」と同じ使い方になります。これも、どのようなシーンで使っても大丈夫です。


例文:

Did Mike and Betty split up?
(マイクとベッティは別れたの?)


Mike split up with Betty.
(マイクはベッティを振った。)


Betty didn’t want to split up with Mike, but he said he had already found a new girlfriend.
(ベッティはマイクと別れたくなかったけど、彼はもう既に新しい彼女が出来たそうです。)




3. to dump/to get dumped



この言い方は少しスラングっぽいので、あまり丁寧な言い方ではありません。

「dump」という動詞は「ゴミを捨てる」という意味になりますので、別れ話をする際に使うと、結構「激しい」イメージになります。


例文:

You really need to dump Richard. He’s cheating on you!
(あなたはリチャードを捨てた方がいいよ。彼は浮気しているのよ!)


A: Why are you crying?
(どうして泣いてるの?)

B: I just got dumped.
(恋人に振られたよ。)


David dumped his wife and started going out with a woman 20 years younger!
(デイヴィッドは奥さんを捨てて、20歳年下の女性と付き合い始めたよ!)



4. to chuck



「chuck」という動詞は「投げる」という意味になりますが、恋愛に関する話では上記の「dump」と同じ意味と使い方になります。つまり、「恋人を捨てる」という意味になります。


例文:

A: Where’s Tom?
(トムはどこにいるの?)

B: I chucked him last week.
(先週別れたよ。)


He chucked me but I still love him.
(私は彼に捨てられたけど、まだ彼の事を愛しているよ。)


Why haven’t you chucked her yet? She’s no good for you.
(どうして彼女とまだ別れていないの?彼女はあなたに良くないよ。)




5. to end the relationship



この言い方はかなり正式な言い方になりますので、日常会話ではあまり使いませんが、新聞記事などにはよく出ます。直訳すると「関係を終わらせる」という意味になります。


例文:

The singer and the actor decided to end their relationship.
(歌手と俳優は別れる事にしました。)


The prince ended his relationship with the model.
(王子はモデルと別れました。)


I have decided to end our relationship.
(私はあなたと別れる事にしました。)


他にも別れるという表現になる言い方は沢山ありますが、上記の表現は最もよく会話に出てくる表現だと思います。

結婚(生活)が終わる場合、「to end a marriage」や、「to separate」という表現を使います。離婚する場合には、「to divorce」という動詞を使います。


それでは以上になります。他にもイギリス英語や英語に関係の質問があれば、是非ご連絡くださいね!







   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ  

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^






Share This Post