イギリス英語特有のスラング「lippy」,「dicky」,「nippy」「gippy」ってどんな意味?


イギリス人の日常会話でもよく使われるイギリス英語特有のスラングを紹介



今回の記事では、またまたイギリス英語特有の単語(スラング)を紹介していきたいと思います^^ 今回紹介する単語は全て形容詞です。

これから紹介する単語は全てイギリス人の日常会話、イギリスのテレビドラマ、映画、小説などにも出てきますので、イギリス英語を勉強している方は覚えておいた方が何かと役に立つと思います^^


イギリス英語特有のスラング
イギリス英語特有のスラング


こちらの記事もお勧めです:




イギリス英語特有のスラング: 1.lippy



lippy(形容詞、名詞)
意味:生意気



この単語を形容詞として使うと、「生意気」という意味になります。ニュアンス的には「失礼で生意気」といった感じの意味が含まれています。

例えば、子供が先生に生意気な事を言うと「lippy」と言われます。「lippy」の「lip」は「唇」という意味になります。

この単語にはもう一つ別の使い方がありますが、これは名詞として使う場合です。「lippy」を名詞として使うと「口紅」という意味になります。これもイギリス英語特有のスラングですね。


例文:

Don’t get lippy with me!
(生意気な事を言うなよ!)


That boy is so lippy!
(あの少年はとても生意気ですよね。)


You look nice with a bit of lippy on.
(あなたは口紅を付けると可愛くみえるよ。)




イギリス英語特有のスラング: 2.dicky



dicky
意味:弱い、欠陥のある



この形容詞は主に「自分の体の弱さ」について話す時に使います。例えば、足を怪我している時に「dicky leg」という言い方をします。


例文:

I can’t play football tomorrow. I’ve got a dicky leg.
(私は明日サッカーが出来ないよ。足を怪我しているから。)


He’s got a dicky knee. He injured it playing tennis.
(彼は膝を怪我しているよ。彼はテニスをしていたときに怪我したよ。)


My dad has had a dicky ticker for years.
(親父は長い間心臓が弱いよ。)
※この例文はちょっとコックニーっぽいと思います。コックニーとは東ロンドンの方言です。「ticker」は「心臓」のスラングです。

参考:「イギリス英語の中で最もユニークなアクセント:コックニーライミングスラングの基礎知識と特長




イギリス英語特有のスラング: 3. nippy



nippy
意味:寒い、速い



このスラングには二つの使い方があります。一つ目は「寒い」という意味で使う場合です。これは英語圏の国中で使われています。二つ目は「早い」という意味で使う場合です。

この使い方はイギリス英語特有のスラングという感じの使い方ですね。


例文:

It’s a bit nippy today. You should wear a scarf.
(今日はちょっと寒いよ。マフラーをした方がいいよ。)


Tanaka is a nippy winger.
(田中選手は足の速いウィングです。)
※サッカーの話をする際に使うフレーズ


I used to be quite nippy when I was a kid.
(私は子供の時に足が速かったよ。)




イギリス英語特有のスラング: 4. gippy(又はgyppy、jippy)



gippy(又はgyppy、jippy)
意味:お腹が痛い



この形容詞は主に「お腹を壊した時」に使います。発音は「ジピー」になります。「gippy tummy」や「gippy stomach」というコロケーションで使います。

他にもgippyという単語に関するフレーズがあります。例えば「give 誰々 gip」(又はjip、gyp)というフレーズは「痛む」という意味になります。このフレーズは怪我や病気の時に使います。



例文:

I didn’t go to work today. I had a gippy tummy.
(私は今日仕事を休んだ。お腹が痛かったから。)


I think those prawns gave me a gippy tummy.
(海老はお腹を壊したと思うよ。)


I broke my leg three years ago but it’s still giving me gip.
(私は三年前に足を骨折したけど、まだまだ痛いよ。)


以上、今回はイギリス英語特有の単語(スラング)の中でも形容詞に注目して紹介してみました。イギリス人の日常会話の中にも比較的よく出てくると思いますので、是非この機会に覚えてみて下さいね^^









   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ  

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^






Share This Post