「gorgeous」という英単語の意味、ニュアンス、細かい使い方を紹介!


英語の「gorgeous」という単語の意味やニュアンス、使い方を紹介していきます!



今日の記事では読者の方から頂いた質問に答えてみたいと思います。今回頂いた質問は「gorgeous」という単語(形容詞)のニュアンスと使い方に関する質問です。

先ずは、読者の方から頂いた質問をみてみましょう。今回の質問は英語で頂いていますので、まずは皆さんも一度英語で読んでみてくださいね^^


読者の方から頂いた質問はこちらです:


読者の方の質問:


Hello,
I’ve just found your site and enjoy reading it.

Sorry, it’s not particularly about British English, but I want to know the nuance of the word ‘gorgeous’.

I’ve been watching the UK TV programme ‘Jackson Brodie’ in which the main character calls the horse ‘gorgeous’, which makes me wonder how you use this word.

I think I remember George W Bush’s wife used this word to praise a baby. Do you usually use the word for animals or babies? And is it appropriate to use it to praise adults?




先ずは質問をして下さってありがとうございます! 実は私はサイトでそのうち「gorgeous」という単語の使い方についての記事を書こうと考えていました。

ですから、この質問のタイミングは本当に丁度良かったです^^

まず、先程も言ったように今回の質問は英語できていますので、英語学習初心者の方の為に質問を日本語で翻訳してみたいと思います。


「gorgeous」の意味、ニュアンスを紹介
「gorgeous」意味、ニュアンスを紹介


こちらの記事もお勧めです:




読者の方からの質問内容の日本語訳:


「”gorgeous”という単語のニュアンスが知りたいです。私は”Jackson Brodie”というイギリスのテレビドラマを観ていた際、主人公は馬を”gorgeous”と呼びました。

ですから、この単語の使い方をもっと詳しく知りたいと思いました。ジョージ・W・ブッシュの奥さんも赤ちゃんを”gorgeous”と呼んだ気がします。

この単語は動物に対して使う単語ですか?赤ちゃんに対して使う単語ですか?大人に対して使っても大丈夫ですか?」




「gorgeous」のニュアンスに関する質問内容



確かに読者の方が指摘したとおり「gorgeous」という単語は日常英会話でよく使われています。まずのこの単語の使い方を説明する前、「gorgeous」の元の意味をちょっと考えて見ましょう。

「gorgeous」は元々フランス語から来た単語のようです。元々のフランス語の意味は「上品な、高級の」という意味で、主に「上品な洋服」に対して使われていたようです。この単語は15世紀の後半くらいから英語に入ってきようです。

(参考記事:https://en.oxforddictionaries.com/definition/gorgeous


現在の英語では「gorgeous」という単語に「二つの使い方」があります。最も「正しい」使い方は元々のフランス語の使い方と同じ意味です。つまり、「高級な、豪華な、とても美しい」という意味として使われています。

例えば、「a gorgeous dress」(高級で美しいワンピース)、「a gorgeous woman」(とても美しい女性)などの使い方です。


つまり、「何か・誰かの見た目」を褒める際に使う形容詞です。日本語においても「ゴージャス」という外来語が使われていると思いますが、日本語の「ゴージャス」は元々の「gorgeous」の意味にニュアンス的に近いと思います。つまり「豪華な物」という意味だと思います^^。


もう一つの使い方はもっと「現代的な」使い方です。この使い方は単純に「素敵、美しい、可愛い」という意味になり、どのような物・動物・人間に対して使う事が出来ます。

例えば、とても可愛い赤ちゃんに対して「a gorgeous baby」と表現することがありますし、素敵な天気を「gorgeous weather」(つまり、晴れている)と表現することがあります。

美味しいデコレーションのケーキやデザートも「delicious」の代わりに「gorgeous」と表現する事が出来ます。




「gorgeous」を使う際に気をつけるべきルール



しかし、どのような「gorgeous」の使い方をする場合でも覚えておくべきルールがあります。それは「gorgeous」はもう既に「最大級」の形容詞なので「very」と一緒に使う事は出来ません。

ですから、例えば「very gorgeous」という言い方は不自然です。実は、「delicious」も「very」と一緒には使いません。何故なら、「delicious」はもう既に「最高に美味しい」という意味になりますので「very」は必要ありません。

日本語でも「とても最高に美味しい」というフレーズは少し変ですよね^^ しかし、「really」(本当に)や「absolutely」(完全に)などの副詞と一緒に使うという場合はOKです。




「gorgeous」を使う際のフレーズや例文紹介



もう一つの知っておくべきフレーズは「drop-dead gorgeous」という表現です。このフレーズは美しい女性に対して使うフレーズで、雑誌や小説、映画などによく出てきます。

「drop-dead」という部分は「死んで床に倒れる」という直訳になります。つまり、「drop-dead gorgeous」は「あまりにも美しすぎてその女性を見て死んでしまう」という変な意味になります(笑)。


それでは、実際に例文を通して自然な使い方を覚えてみましょう^^


例文:

His new girlfriend is absolutely gorgeous!
(彼の新しい彼女はとても美しいですよ!)


Mike isn’t very attractive but his wife is drop-dead gorgeous. I wonder how they met..?
(マイクはあまりかっこよくないけど、奥さんは超美人だよ。どこで知り合ったのだろうね?)


Her wedding dress was gorgeous. It was made of antique lace and real pearls.
(彼女のウェディングドレスは高級で美しかったです。アンティークレースと本物の真珠で作られたドレスでした。)


It’s gorgeous weather today. Let’s go to the beach.
(今日の天気は素晴らしいよね。ビーチに行こうよ。)


She is an amazing cook. That chocolate cake she made was gorgeous!
(彼女は料理がとても上手だよ。彼女が作ったチョコレートケーキはめっちゃ美味しかったよ!)


Awwww! Your puppy is absolutely gorgeous! What is he? A golden retriever?
(あああ!あなたの子犬は可愛すぎる!何の種類?ゴールデンレトリーバー?)


I met Kate’s new baby yesterday. He is gorgeous. I’m feeling broody myself now!
(私は昨日ケイトの生まれたばかりの赤ちゃんと会ったのよ。すごーい可愛いのよ!私も子供が欲しくなっちゃったねぇ!)
※「feeling broody」というイディオムは「子供が欲しい気持ち」という意味になります。



「Jackson Brodie」について



少し話が代わりますが、私はこの質問を頂く前に「Jackson Brodie」というテレビドラマを見た事がなかったので、色々と情報を調べてみました。「Jackson Brodie」は元々刑事小説だったそうですが、2011年に「Case Histories」というBBCのドラマシリーズになりました。

「Jackson Brodie」というキャラクターは元々軍人でしたが、スコットランドのエジンバラでプライベート刑事として活躍します。彼はとてもタフなキャラクターですが、心はとても良い人です。

私はYoutubeでこのドラマを調べました。しかし、当然フルエピソードをみれなかったので、このドラマを観たい方はDVDを買うしかないと思います(笑)。このドラマは元々小説に基づいて作られていますし、小説の評判はとても良いので興味のある方は是非、小説に挑戦してみて下さい^^








以上、今回は読者の方から頂いた「」の使い方やニュアンスについて答えてみました。頂いた質問に上手にお答え出来たでしょうか^^

他にも何かイギリス英語やイギリスに関する事で気になる事があれば、皆さん是非質問して下さいね^^


その他のイギリス英語に関するお勧め記事:









   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^




Share This Post