「裸」は英語で何と言う?イギリス英語とアメリカ英語の違いについても紹介


「裸」という意味の様々なスラングと表現、イギリス英語とアメリカ英語の「裸」の違い



何だか記事のタイトルだけをみると怪しそうなタイトルですね^^

実はこの記事のテーマは、私と母親のある会話が基になっています。先日の記事をご覧になった方はご存知だと思いますが、実は今年の春休みの間、私の両親が来日していました。

その時の記事:「sureの意味や使い方とイギリス英語とアメリカ英語の使い方の違い


私は両親を色々な観光スポットに連れて行きました。両親が来る前、私はある日本人の友達に「ご両親を温泉に連れて行ってね!」というアドバイスをしてもらいました。

ですから、私は母親に「温泉に行きたいですか?」と聞きました。そうしたら彼女は「I don’t want to sit around starkers with a bunch of strangers」というちょっと面白くてイギリス人っぽい答えをしたんです(笑)。


その答えを日本語にすると「私は知らない人と一緒に裸でお風呂に座りたくないよ!(笑)」という意味になります(笑)。やはり、温泉カルチャーは大きなカルチャーの違いですね^^

日本人は温泉が大好きで、小さい頃から他人と裸で温泉に入っていると思いますので、特に何も気にしないと思います。

しかし、「プライバシー」を大切にするイギリス人の叔母さんにとっては、このカルチャーは大ショックです(笑)。ですから、最終的に私たちは温泉に行かない事にしました^^


では、本題の英語の話に戻ります(笑)。私は母親が言った「starkers」というイギリス英語を聞いて笑ってしまいました。そして、その単語を聞いて私は「裸という単語の様々な言い方」というテーマを書きたいと思いました^^


ですから、今回の記事では、「裸」という意味の様々なスラングと表現、イギリス英語とアメリカ英語の違いを紹介したいと思います。


「裸」は英語で何と言うの?
「裸」は英語で何と言うの?


こちらの記事もお勧めです:




1.「裸」という意味の英語:「naked」



「naked」という単語は最も正式な言い方です。この単語はどの英語圏の国でも普通に使われている単語です。

例文:

Strip naked and get in the bath.
(裸になってお風呂に入ってね。)


I had got out of the bath and was naked when the earthquake struck.
(私はお風呂から出てまだ裸だった時に地震が起きた。)




2. 「裸」という意味の英語:「starkers」



これは私の母親が使った単語です^^ この単語はとてもイギリス英語っぽいスラングです。

このスラングは「stark naked」(=真っ裸)から来ているスラングです。「stark」という形容詞は「全く」という意味になります。私が知っている限りこのスラングはイギリス英語限定のスラングですね^^。


例文:

When I opened the door he was absolutely starkers!
(私がドアを開けた時、彼は真っ裸だったのよ!)


I don’t want to sit around starkers with a bunch of strangers!
(私は真っ裸で知らない人と一緒にお風呂に入りたくないよ!)

※「bunch of ~」は「多くの~」という意味になります。日常英会話でよく使われている口語です。




3. 「裸」という意味の英語:「nude」



この単語は「naked」よりも少しだけソフトで婉曲的な単語だと思います。「in the nude」という表現もよく使われています。この単語・表現は英語圏中に使われています。


例文:

I used to do nude modelling when I was at university.
(私は大学生の頃、裸のモデルとして活躍していました。)

※ニュアンス的にこの表現は「画家の為に裸になって絵を描かせる」という意味になります。


At a Japanese onsen, you have to bathe in the nude.
(日本の温泉では裸でお風呂に入らないとダメですよ。)




4. 「裸」という意味の英語:「buck naked」



私はこの表現のルーツを調べましたが、詳しく紹介されている文献を見つける事は出来ませんでしたので、残念ながら上手に説明する事は難しいです。

「buck」という単語は色々な種類の動物のオス(例えば、鹿、ウサギ、カンガルーなど)という意味になります。そして、スラングとして使うと「人間の男性」という意味になります。

もしかすると、「buck naked」という表現は「裸の男性」という意味から来ているのかもしれません。


時々、「buck naked」の代わりに「butt naked」という表現が使われています。「butt」はアメリカ英語のスラングでは「お尻」という意味になります。

どちらのバージョンを使っても、この表現は「真っ裸」という意味になります^^


例文:

My neighbour often walks around his house buck naked. I wish he’d close his curtains!
(隣に住んでいる男はよく家で裸で歩き回っているのよ。カーテンを閉めてくれればいいのにね・・!)


She jumped into the sea butt naked!
(彼女は真っ裸で海に入った!)




5. 「裸」という意味の英語:「bollock naked」



この表現はイギリス英語特有の表現です。そして・・・かなり下品です(笑)。「bollock」という単語は「睾丸」という意味になります。

つまり、直訳すると、この表現は「睾丸を出しっぱなしの裸の姿」という下品な意味になります(笑)。やはり、主に男性に使われている表現です(笑)。


例文:

At my stag do, my mates stripped me bollock naked and tied me to a lamp post.
(俺のバチェラーパーティーでは、友達は俺を真っ裸にして電柱に結びつけやがったよ!)

※この文章はイギリス英語のスラングがたっぷりですね^^「stag do」は「バチェラーパーティー」という結婚する前に男性が行う男子会というコンセプトのパーティーです。

「mates」は「友達」という意味になります。友達を裸にして電柱に結びつける事はイギリスのバチェラーパーティーでよく行われるくだらないアクティビティーです(笑)。


I was standing in the living room bollock naked when my mother in law came home.
(私の義理お母さんが帰ってきた時、私はリビングルームで裸で立っていた。)


それでは、今回は「裸」という意味になる単語やスラング表現を紹介してみました! 他にもありますが、あえて細かく紹介するような単語ではないと思いましたので、あえて省きました。

何故なら、それらの単語は少しマイナーでマニアックな表現だったからです。例えば、簡単な例を紹介しておくと・・・

  • in the nuddy (主にイギリス、オーストラリア)
  • in my birthday suit (英語圏中)
  • au naturel (フランス語から来ている婉曲的な表現)


では、以上になります。何か英語に関する質問やイギリスに関する質問があれば、是非ご連絡くださいね!

私のライティングに興味があれば、最近私が書いた電子書籍を是非読んでみて下さいね!











   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^




Share This Post