日本人の旅行者・滞在者が使う適切なイギリス英語のボキャブラリーや表現についての質問


イギリスに旅行している日本人やイギリスに滞在している日本人はどんなイギリス英語のボキャブラリーを使うべきなのでしょうか?



今回の記事では、当サイトの読者の方(教材を購入してくださった方)から頂いた質問に答えてみたいと思います。

こちらの方は「British English Master」という教材を購入してくれたのですが、その際に教材で紹介されている、あるイギリス英語のボキャブラリーの使い方について気になる点があったという事なので、その内容に関する質問になります。


では、実際に頂いた質問をみてみましょう^^


読者の方から頂いた質問はこちらです:


読者の方の質問:



ブリティッシュイングリッシュマスターの教材には以下の様に書いてあります。

・トイレ = lavatory

(殆どのイギリス人は普通トイレという単語を言う際には「toilet」や「loo」という言い方をします。しかし会話中に「lavatory」という単語を使う人はupper classかupper middle classの人かもしれません。

・デザート = pudding

これは微妙ですが、upper classとupper middle classの人達はデザートの事を「pudding」という単語を使います。middle classとworking classの人は「dessert」という単語を使う事が一般的です。

・・・

私達日本人が旅行者・滞在者として使うとしたら、toilet, dessertなどを使う方が良いのか、lavatory, puddingなどを使う方が良いのか教えて頂けませんでしょうか?

私にとってはどれも馴染みのある言葉で、ただ1つのものにも色々な呼び方あるという感じです。


lavatory, puddingなどを外国の人が使った場合、丁寧に聞こえるのでしょうか?外国の人がそれぞれの言葉を使うのを聞いた時、英国の人はどのように感じるのかお伝え頂ければ、有難いです。宜しくお願い申し上げます。





先ずは、教材を購入して頂きありがとうございました。出来る限り分かりやすく質問に答えてみたいと思います。それでは、よろしくお願い致します^^。




イギリス人の階級に見られるイギリス英語の表現やボキャブラリーの違いについて



私は「British English Master」や「日本人が知らないイギリス英語」などの”イギリス英語に関する教材”を書く際には、実際にイギリス人が使う単語を詳しく紹介しようと思っています。

以前の記事でも紹介した事がありますがが、イギリスの「クラス分け」という考え方は「ただの金銭的な収入」という部分だけでみられている訳ではなりません。

例えば、その人の価値観、ファッションのテイスト、教育の違い等も関係している事を説明したと思います。


おすすめ記事:


そして、これはイギリス特有のカルチャーだと思いますが、イギリスでは、クラスによって言葉遣いが違うという傾向があります。例えば、「トイレ」に相当するボキャブラリーはわかりやすく良い例ですね。

アッパークラスの人は一般的に「lavatory」や「loo」というボキャブラリーを使う傾向がありますし、中流階級の人は「toilet」というボキャブラリーを使う傾向があります。しかし、階級によって違う言葉遣いがあっても、全ての単語はいつでも何処でも通じます。

つまり、日本人の旅行者が「Where is the lavatory?」とイギリス人に聞いたら、発音が綺麗である限り必ず通じます。そして、「lavatory」と言っても「loo」と言っても「toilet」と言っても誰も怒りません。

それらの三つの単語は別に失礼なスラングでもありませんので、普通に使っても大丈夫です。


イギリスはよく「クラス社会」と呼ばれますが、細かいクラス分けの話は主に”イギリス人同士”に限った問題なので、日本人の旅行者や滞在者はあまり関係ないです(笑)。

日本人が「アッパークラス」のボキャブラリーを使っても誰も気にしないと思います。しかし、本当の「アッパークラスの人」は比較的に少ないので、私の意見では通常の場合であれば、殆どのミドルクラスの人が使うボキャブラリーを覚えて使った方が良いと思います。


まとめると、イギリス人と会話をする際には「lavatory」ではなく「toilet」か「loo」という言い方を使った方が良いと思います。そして、デザートの話をするなら、「dessert」という言い方を使った方が良いと思います。


私は「lavatory」という言い方は使いません。私は必ず「toilet」か「loo」という言い方を使います。しかし、「dessert」や「pudding」という単語に関しては両方とも使います。

そして、レストランに行く場合には、メニューに書いてある単語は一般的に「dessert」です。ですから、レストランで注文する際にはそのメニューに合わせて「dessert」という単語を使います。


家族と一緒にいると、「pudding」か「pud」(発音:プッド)という言い方を使います。しかし、殆どの場合、デザートの種類を具体的に言います。例えば、食事の後、「Does anyone fancy some ice cream?」や「Does anyone fancy a yoghurt?」(=誰かアイス・ヨーグルトを食べたい人はいる?)という具体的な聞き方をすると思います。


以上、頂いた質問について答えてみましたが、納得して頂けるような答えにはなりましたでしょうか^^ まとめると、私はイギリス人が実際に使う単語を教えるために「クラス分け」や「使われる傾向」について紹介しました。

一般的には日本人のイギリス英語学習者(現地滞在の人も含めて)は「ミドルクラスのイギリス人」が使うボキャブラリーを覚えると、コミュニケーションの問題にはぶつからないと思います^^









   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ  

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^






Share This Post