英語ネイティブが使う「literally」という英語の意味と使い方を紹介します!


イギリス人が考える「literally」や「to be fair」という英語の意味と使い方、ニュアンスを紹介していきます!



今回の記事では、読者の方から頂いた質問に答えてみたいと思います。今回の質問はイギリスに留学していたという方の質問です。

具体的には、この方がイギリス留学中によく耳にしたという英語表現に関する質問です^^


質問はこちら:


読者の方の質問:


こんにちは!いつもためになる情報ありがとうございます。

早速本題なのですがイギリスに留学していた際によく友人が使っていた”literally”と”to be fair”に関する質問があります。

まず、literallyですが文字どおりという意味の他に、文を強調する役割があるのは分かるのですが、友人に例えばI was literally tiredって使い方正しい?と質問したところ”It sounds a bit off”と言われました。


どのような時に使えてどのようなときに使えないかを教えていただきたいです。

To be fairに関してもよく友人が使っていてactuallyに少し似て入ると言われたのですが、いわゆるが若者使うto be fairは辞書のように”公平のためにいうと”と訳してしまっていいのでしょうか??

この2つは本当にたくさん聞いて日本人の友人もニュアンスつかめていない様子だったのでもしよろしければご返答お願いします。

あとこれからも頑張ってください!




先ずは、質問を送ってくださりありがとうございました。実は私もいつか「literally」という単語を当サイトで紹介しようと思っていたので、とてもタイミングが良かったです^^

読者の方は「literally」という表現だけではなく「to be fair」という表現についても質問して頂きましたが、この記事で両方の表現を紹介していくと、とても長い返事になってしまいますので「to be fair」は別の記事で紹介したいと思います。

それでは、イギリス人が口癖のように使う「literally」とは、一体どういう意味になるのでしょうか?



英語ネイティブが使う「literally」という英語の意味と使い方を紹介します!
英語ネイティブが使う「literally」という英語の意味と使い方を紹介します!


他の読者の方の質問に関するお勧め記事:




「literally」の「正しい使い方」について



「literally」は副詞です。英和辞書で「literally」を調べると、「実際に」、「文字通りに」、「本当に」という意味になります。日常会話で使うと「形容詞やフレーズを強調する」という効果があります。

しかし、「literally」と一緒に使う形容詞やフレーズは、必ず「最大級か極端な事を説明する形容詞」ではないと駄目です。例えば、「tired」は「疲れた」という意味になりますね。

「疲れた」は「最大級」や「極端な事」ではありませんので「literally」と一緒に使うと少し変です。

「very tired」や「extremely tired」や「really tired」という組み合わせで使っても大丈夫ですが、「literally tired」は使えません。


文章で説明するとイメージしずらく分かりづらい説明だと思いますので、実際の例文を通して正しい使い方をみていきましょう!


実際の例文:


I was literally tired(間違った使い方)

I literally fainted with exhaustion(正しい使い方)

日本語訳:(私は疲れで実際に倒れてしまいました。)

※「tired」は極端な事ではありませんが、「faint with exhaustion」(疲れで倒れる)という事は極端なので「literally」を使う事が出来ます。



It was literally raining hard.(間違った使い方)

It was literally raining so hard the roof started leaking.(正しい使い方)

日本語訳:(雨があまりにも酷すぎて(雨の量で)屋根が漏れてしまった。)

※「raining hard」(雨が強く降ること)は定期的に起きている事なので「literally」は使いません。


しかし、「雨の強さで屋根が漏れてしまう」事は珍しい出来事なので「literally」を使う事が出来ます。「それくらい酷くて~が実際に起きた!」というニュアンスで使います。


She was literally beautiful.(間違った使い方)

She was literally the most beautiful woman I had ever seen.(正しい使い方)

日本語訳:(彼女は私が今まで見た中で最も美しい女性でした。)

※「literally beautiful」という表現を使うイギリス人はいるかもしれませんが、二番目の例の方が文法的に正しいですね。




イギリス人がよく間違える「literally」



実は、最近色々な偉い人(作者、ジャーナリスト、教育関係の人)は現代人の「literally」の使い方の文句をよく言っています。

私はこの記事を書くためにインターネットで色々な情報リサーチしてこの面白い新聞記事を見つけました。


参考記事:「Literally – the much misused word of the moment
(現在のよく間違える単語のliterally)


この新聞記事はとても長くて少し仰々しいライティングスタイルなので読まなくていいと思います(笑)。

この記事の内容を要約すると「literally」は元々「文字通りに」という意味なので、イディオムや隠喩のフレーズと一緒に使う事は出来ませんと書かれています。

そして、この記事の中には「literally」の使い方をよく間違える有名人の名前と、間違った例も紹介されていました(笑)。あるサッカーコメンテーターはある一つの試合中に5回くらい間違って使ってしまったそうです。


彼のミスはこちら:

Barca literally passed Arsenal to death.
(バルセロナは実際にパスの量でアーセナルを殺した。)

※アーセナルというサッカーチームは実際に死んでいないから「literally」を使えない!(笑)


…because he literally hasn’t got a right foot.
(彼は実際に右足がないから。)

※その選手は右足があるからliterallyが使えない(笑)。「右足で上手にボールを蹴る事が出来ない」と言いたかったのでしょうね^^


そのサッカーのコメンテーターは隠喩を使っていましたので、literallyという単語を使う事は出来ません。そういう時には「figuratively」(=比喩的に)という副詞を使うべきでしたね^^




「literally」の使い方に関するまとめ



この記事は長くなってしまいましたが、まとめると、「literally」という副詞は日本語で「実際に」という意味に近いです。

そして、強調する効果がありますが、極端な事を説明するフレーズ・形容詞と一緒に使った方が良いです。「very」の代わりには使う事が出来ません。

しかし、気をつけるべき事として「隠喩やイディオムと一緒に使えない」という事があります^^ それでは、次の記事では「to be fair」という表現を紹介してみたいと思います。











   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^




Share This Post