「忘れ物」や「~を忘れた」は英語で何と言う?「forget」と「leave ~ behind」の使い方と使い分けを紹介


英語で「忘れた」や「忘れ物」という際の英語表現について読者の質問に答えてみました!



今回の記事では読者の方から頂いた「忘れた」や「忘れ物」という英語表現に関する質問に答えたみたいと思います。

具体的な質問内容としては、イギリスの子供に大人気アニメの「Peppa Pig(ペッパーピッグ)」に出てきた台詞に関する質問になります。


それでは、頂いた質問はこちら:



読者の方の質問:


こんにちは。毎回楽しく読ませていただいてます。今回は「忘れた」とか「忘れ物」の表現について教えてください。

例えばお出かけの際、カギを忘れた場合、私は「I forgot my key.」と思い浮かべます。

しかし、ペッパーピグではジョージがミスターダイナソーを忘れたときに「George had left Mr.Dinosaur behind.」との表現でした。

「left behind」という表現は思いつきませんでした。忘れ物をした場合「forget,leave」の使い方がよくわかりません。

日常生活で私は忘れ物が多いので(笑)、こんなときの英語表現を教えてください。

よろしくお願いいたします。





先ずは、ご質問ありがとうございます。そして、いつも当サイトを読んで頂きましてありがとうございます。

これは凄く良い質問ですね。英語学習者の中には「forget」と「leave」を間違って使ってしまう方は結構多いと思います。


「忘れ物」や「~を忘れた」は英語で何と言う?「forget」と「leave ~ behind」の使い方と使い分けを紹介
「忘れ物」や「~を忘れた」は英語で何と言うのでしょうか?


こちらの記事もお勧めです:



先ずは、そのペッパピッグのエピソードを見てみましょう。ご質問頂いた「George has left Mr Dinosaur behind」という台詞は動画中の「48秒」の辺りに出てきます。






1.「leave ~ behind」の使い方



「leave ○○」と「forget ○○」は両方とも「○○を忘れる」という意味になりますが、使い方は少し異なります。

「leave」という動詞を使う場合には、”置き忘れた所”も合わせて言う必要があります。例えば、「leave ○○ on the table」や「leave ○○ at home」というパターンを使う必要があります。


使い方の例文


George has left Mr Dinosaur in the house.
(ジョージはミスター・ダイナソーを家に忘れた。)


George has left Mr Dinosaur on the table.
(ジョージはミスター・ダイナソーをテーブルの上に忘れた。)

George has left Mr Dinosaur in the car.
(ジョージはミスター・ダイナソーを車に忘れた。)


behind」という副詞は「後ろに」という意味になります。そして「behind」は具体的な「所」ではありません。

leave ○○ behind」という表現を一つの動詞として考えた方が良いと思います。つまり、「○○を置き忘れる」という意味になる「句動詞」です。




2.「forget」の使い方



「forget」を使う場合、「物を置き忘れた所」を説明する(言う)必要はありません。逆に忘れた場所を文章に入れてしまうと、文法的には正しくありません。

例えば、「George has forgotten Mr Dinosaur in the house」は文法的に正しくないですが、「George has forgotten Mr Dinosaur」という文章はOKです。

もし具体的な場所を説明したいのであれば、「leave ~ 場所」というパターンを使う必要があります。



実際の使い方の例文:


George has forgotten Mr Dinosaur. He left it in the house.
(ジョージはミスター・ダイナソーを忘れた。彼は家に置きっぱなしにして出かけてしまいました。)


I have forgotten my keys! I think I left them on the table.
(私はカギを忘れちゃった!テーブルの上に置いたと思う。)



会話形式の例文:


子供:I can’t find my shoes! Help me find them, mum!
(私は靴が見つからない!探すのを手伝ってよ、お母さん!)


母親:I don’t know where they are! Where did you leave them?
(私は靴が何処にあるのか知らないよ!あなたは何処に置いたの?)




「forget」と「leave ~ behind」の使い方と使い分けのまとめ



まとめると、英語で「忘れた」「忘れ物」という表現をする際には「leave ~ 場所」というパターンを使います。


それか、「forget ~」というパターンを使います。物の位置を表す場合には、「leave+場所」という動詞を使う必要があります。


「忘れ物」という単語は英語に直訳できませんが、「don’t leave anything behind」というフレーズは「忘れ物がないように」という意味になります。

そして、文脈によって違う英語表現を使う必要があります。例えば以下のように使います。



使い方の例文:


I have forgotten something. / I’ve left something behind.
(私は何か忘れ物をした。)


You haven’t forgotten anything, have you?
(忘れ物はない?)



ちなみにイギリスの学校、空港、駅などの「遺失物保管所」(忘れ物を管理する場所)は「Lost Property (Office)」といいます。



ペッパピッグのお勧めの商品



私の意見では、ペッパピッグというアニメとペッパピッグの本は小さい子供にとても良い英語のリスニング練習になると思います。

日本人の子供をバイリンガルにさせたいと思っている親御さんはペッパピッグのアニメを子供に見せたり、本を読んだりする事はとてもお勧めの方法です! 大人にも良い英語の練習になると思います^^


ペッパピッグのDVDはこちら:




ペッパピッグの本はこちら:




ペッパピッグのペーパーバックは日本の大きな書店でも販売されています。例えば、ですが丸善の洋書セクションではペッパピッグなどの子供向けの本が沢山販売されています^^ 









   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^




Share This Post