「パーティー」や「飲み会」、「女子会」という意味になるイギリス英語の口語を紹介!


イギリス人がよく使うスラングとして「パーティー」や「飲み会」、「女子会」という意味に口語を紹介します!



今回の記事では「イギリス人がよく使うスラング・口語」を紹介してみたいと思います。今回のテーマは「パーティー」に関するイギリス英語になります。

この「party」という単語は日常会話で、よく使われていますが、イギリス人は日常会話でもスラングやイディオムを使う事がわりと好きなので、他の表現も沢山使われています。

それでは、イギリス人がよく使う「パーティー」という意味になるスラングを紹介していきたいと思います。



「パーティー」や「飲み会」、「女子会」という意味になるイギリス英語の口語を紹介!
「パーティー」や「飲み会」、「女子会」という意味になるイギリス英語の口語を紹介!


こちらの記事もお勧めです:




「パーティー」という意味になる英語: 1. 「do」



以前に書いた記事でも、この単語を紹介した事があるのですが、この単語はイギリス人が非常によく使いますのでもう一度、改めて紹介してみました。

この文脈では「do」は動詞ではなく「名詞」になります。そして、「party」と同じ意味と使い方になります。


実際の例文:


Are you going to your work’s Christmas do this year?
(あなたは今年会社のクリスマスパーティーに行きますか?)


I can’t go to the football on Saturday. It’s my mate’s engagement do.
(私は土曜日にサッカー試合に行けないよ。友達の婚約パーティーがあるから。)




「パーティー」という意味になる英語: 2. 「bash」



この単語は元々アメリカ英語だったそうですが、現在、アメリカ英語よりもイギリス英語っぽい単語になっています。


実際の例文:


I had a big bash for my 21st birthday.
(私は21歳の誕生日に大きなパーティーを行った。)

I’m going to organise a bash for my parents’ 50th wedding anniversary.
(私は両親の50年結婚記念日のために大きなパーティーを行う予定です。)




「パーティー」という意味になる英語: 3. 「knees-up」



この表現も以前に別の記事で紹介した事がありますが、意味としては「皆で盛り上がるパーティー」というニュアンスになります。

「knees-up」は「膝を上げる」という意味から来ています。つまり、「踊ったりする」という意味になります。


実際の例文:


A: Did you enjoy Dave’s birthday party?
 (デイヴのパーティーは楽しかった?)

B: Yeah, we had a good old knees-up. It was great.
 (そうだよ。凄く盛り上がってとても良いパーティーだったよ。楽しかった。)


My legs are sore after that knees-up last night.
(昨夜のパーティーのせいで足が痛いのよ。) ※つまりパーティーで踊ったり遊んだりしていたというニュアンス。

参考:「up」という単語が入っているスラング「knees-up」、「punch-up」、「cock up」を紹介



「パーティー」という意味になる英語: 4. 「lads’ night out」,「girls’ night out」



この言い方は「男子会」か「女子会」という意味になります。ニュアンス的には、男性や女性の友達と一緒に「パブやバーで飲みに行く」という遊び方になります。


実際の例文:


彼女:Shall we stay in and watch a film tonight?
(今夜は家で映画でも観ようか?)

彼氏:Sorry, I’ve got a lads’ night out tonight.
(ごめんね、今夜は男子会だよ。)


I went clubbing last night for the first time in ages. It was a girls’ night out for my mate’s 30th.
(私は昨日の夜、久しぶりにナイトクラブに行ったよ。 友達の30歳の誕生日だったから。)




「パーティー」という意味になる英語: 5. 「piss-up」



「piss-up」は結構下品な言い方ですが、これも「飲み会」という意味になります。最終的に「酔っ払う事が目標になる飲み会」(笑)というニュアンスが含まれています。

イギリス人の若者はこういう遊び方を好みよくします・・(笑)。ちなみに・・イギリス人の若者はお酒癖が悪い人が多いと思います^^;


この表現は「couldn’t organise a piss-up in a brewery」というイディオムにも入っています。このイディオムは「ダメな人」や「無能だ」、「気が利かない」という意味になるイディオムです。

このイディオムを直訳すると「醸造所で飲み会を計画できないくらいだめな人」という意味になります。


実際の例文:


My work’s Christmas piss-up is on Friday.
(うちの会社のクリスマスの飲み会は金曜日に行われます。)


Our boss is terrible. He couldn’t organise a piss-up in a brewery.
(私の上司は酷いよ。彼は本当に気が利かない奴だよ。)



以上、今回はイギリス人がよく使うスラング、口語として「パーティー」や「飲み会」、「女子会」という意味に単語を紹介してみました。

これからのシーズン飲み会も多くなると思いますが、イギリス人と英語で話す機会があれば、是非使ってみて下さいね^^







   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^




Share This Post