イギリス人が嫌うイギリス英語の表現ってどんな英語?!


イギリス人をイライラさせる英語表現を紹介します(笑)



今回の記事では「イギリス人が嫌いなイギリス英語」、これを聞いたら「イギリス人がイライラする英語表現」を紹介したいと思います(笑)。

実はこの記事のテーマは私が最近インターネットで読んだある「フォーラムディスカッション」でインスパイヤされた内容です。

私は毎日、長い時間を通勤時間に費やしてしまっているので、インターネットサーフィングをする時間はわりと多いです^^。

その時間を使って日本語を勉強した方がいいのかもしれませんが^^; 怠け者の私は勉強よりもくだらないセレブのゴシップ記事やスポーツニュースなどを見ています(笑)。

とにかく、今週、私はたまたまこの面白いディスカッションを見つけました。ディスカッションのタイトルは「hot choccy」だったので、気になって「一体どのような内容のディスカッションなのか」と思って読んでいました。

参考ニュース記事:「Hot Choccy…


イギリス人が嫌うイギリス英語の表現ってどんな英語?!
イギリス人が嫌うイギリス英語の表現ってどんな英語?!


こちらの記事もお勧めです:




どんな英語表現にイギリス人はイライラする?



このウェブサイトはイギリスの最も有名な女性向けのフォーラム・情報サイトです。イギリス人の女性やイギリス人のママは色々な悩みについてこのサイトで質問をすると、他の人がアドバイスやコメントをポストするといったようなタイプのサイトです。

その「Hot Choccy」というディスカッションでは「みんなが嫌いな可愛すぎる単語の省略」というテーマでした。私は以前にアップした記事でも少し話しましたが、イギリス人は単語を省略して「可愛くする」という傾向が多々あります。


参考:「イギリス英語で最近変化した表現と単語の省略方法を紹介します


例えば、「umbrella」は「brolly」になります。「football」は「footy/footie」になります。「beverage」(飲み物)は「bevvie」となります。

しかし、単語を省略し過ぎると「子供っぽく」なってしまう可能生があります。最近、大人の女性はフェイスブックやインスタグラムに何かを書く際に「子供っぽくて気持ち悪い省略を使いすぎている」というトレンドがあるそうです。

この「Hot choccy」は、まさに一つの良い例です(笑)。ココアという飲み物はイギリス英語で「hot chocolate」になりますが、最近「hot choccy」という子供っぽい省略が使われています。

これはかなり子供っぽい言い方なので「大人が使うと気持ち悪い」と思っている人が多いみたいです(笑)。

他の例はこちら:
  • holiday (休み、旅など)→ 「hollibobs
  • biscuit (クッキー)→ 「biccie
  • sweet (キャンディー)→ 「sweetie
  • motherhood (母であること)→ 「mummyhood
  • children/kids (子供)→ 「kiddiwinks
  • drinks (飲み会)→ 「drinkies
  • tomatoes (トマト)→ 「toms
  • husband (旦那)→ 「hubby
  • sandwich (サンドイッチ)→ 「sarnie
  • yorkshire pudding (ヨークシャープディング)→ 「yorkie puds
  • best friend (最も仲の良い友達)→ 「bestie
  • Marks & Spencer (デパートの名前)→ 「Marksies
  • electricity (電気)→ 「leccy
  • toiletries (特に香水、石けんなどの臭いがする物)→ 「smellies


上記のような省略表現を見てイライラするという人が多いみたいですね! 実は、私も時々ですが勝手に単語を省略する癖があります。

例えば、私は「yoghurt」(ヨーグルト)を「yoggy」というニックネームを付ける時があります(笑)。そして、イギリスの実家にいる時に犬の餌を「din-dins」(ディナーの省略)と呼びます(笑)。

小さい子供と話す際に「電車」を「choo-choo」、「救急車」を「nee-naw」と呼んだりする事もあります。しかし、私はフェイスブックなどのSNSを使う際には子供っぽい省略を使いません(笑)。

それでは以上になりますが、もし「イギリス人をいらいらさせたい」という場合には、子供っぽくて可愛すぎる省略を使ってみてください(笑)。

それでも、その人がイライラしないなら、アメリカ英語を使ってみて下さい(笑)。何故なら殆どのイギリス人はアメリカ英語のスペルと表現を見ると必ずイライラするからです(笑)。







   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^




Share This Post