英語のスペースのルールとスペースの意味に関する質問について答えてみました!


英語をパソコンでタイプする時にピリオドの後に二つのスペースを打つ必要がありますか?



今回の記事では、久しぶりになりますが、当サイトの読者の方から頂いた質問に答えてみたいと思います^^

今回のテーマは「英語のスペースの扱い方」に関するテーマになります。この記事を書く際に私も色々と調べる必要がありましたので、結果として色々とルーツを知るきっかけになり勉強になりました^^


それでは頂いた質問はこちら:


読者の方の質問:


こんにちは。英語表現や生活スタイルコラムなど、いつも参考にさせていただいています。

今回は、ピリオド後のスペースについて質問させていただきます(過去、既に同じ質問が送られていたらごめんなさい)。先日公開されたばかりの「Darkest Hour」という映画を見ました。

第二次世界大戦中のWinston Churchillが首相に就任した数日間の記録映画で、歴史的背景、英国の国会の議論、国王の苦悩、首相・大臣の責任及び重大な判断への経緯などと共に、イギリス上流社会の英語表現、肩書で呼ぶのかFirst Nameで呼ぶのか等々についても、興味が尽きることなく見ることができました。


その中で、新たに雇った秘書に対してChurchillは、タイプするときは必ず「Double Space」でと強調していました。

これは映画の字幕表示では行間を空けるような説明になっていたように記憶しているのですがこれは誤りで、ピリオド後のスペースの個数のことを言っているのではないかと疑っています。。。

それに関連して、私はパソコンで英文を書くとき、ピリオド後は常に2個のスペースを入れていますが、イギリス人は学校ではどのように習うのでしょうか。

そのスペースを1個・2個入れることを、英語ではSingle/Double Spaceというのでしょうか。また、フォーマル・カジュアル、口語・文語、時代背景、地域などで運用が異なることがあるでしょうか。

また、「Double Space」がピリオド後のスペースではなく、(字幕の言う通り)行間を1行空けるようなタイプスタイルは、昨今の世の中ではあまり見られないのではないかと思います。

これはタイプライター時代に特徴的な表現方法なのでしょうか。

少々長くなりましたが、よろしくお願いします。




まずはご質問ありがとうございました!! そして、いつも当サイトを見て頂きましてありがとうございます^^

それでは、頂いた質問に答えてみたいと思います。先ずは、英語をタイプする際に使う「スペースのルール」について話したいと思います。


英語のスペースのルールとスペースの意味に関する質問について答えてみました!
英語のスペースのルールとスペースの意味に関する質問について答えてみました!


こちらの記事もお勧めです:




英語をタイピングする際のルール



私は中学校の頃に「Office Skills」という授業を受けていました。私が通った学校の授業には、勿論、基本的な「数学、理科、国語」などの一般科目もありましたが、それ以外にも面白い選択授業がありました。

私はアートや音楽などの科目に全く興味なかったので(笑)。将来的に一番使えそうな「Office Skills」という授業を選択しました。

そして、この授業は私が社会に出た後に意外と役に立ちました! その授業はとても厳しい先生が担当していて「スピードタイピングやビジネスレターの書き方」などの「秘書・オフィス向けのスキル」を学びました。

私たちのクラスメートは今でもキーボードを見ないでハイスピードでタイピングできると思います(笑)。

とにかく、その厳しい先生によれば、「ピリオドの後には必ず二つのスペースを入れる必要がある」そうです。ですから、私は今でも英語をタイピングする際に必ずピリオドの後に「double space」を入れます。

それがその先生のルールなのか、一般的なルールなのか分からなかったので、私は改めて英語のスペースのルールを調べました。

色々なウェブサイトを調べた結果、「ピリオドの後に入れるスペースの数は決まっていない」ということのようです。しかし、それぞれの新聞、出版社などによっても違うスタイルを使います。

こちらの記事(When is a rule not a rule?)によると、昔の印刷会社はピリオドの後に一つのスペースしか入れませんでした。

しかし、タイプライターが使われるようになった頃、ピリオドの後にダブルスペースを打つ習慣が出てきました。それは何故なら、それぞれの英文字は太い文字でも細い文字でも同じサイズになったからです。

そのせいもあり、「i」や「l」などの「細いプロポーション」の文字の回りにはスペースが空いてしまいます。その空いたスペースの「バランスを取るため」にピリオドの後に二つのスペースを打つという習慣が出来たそうです。

80年代から90年代の間にタイプライターの代わりにパソコンのワードプロセッサーが使われるようになりました。しかし、その時代のタイピングの先生はまだタイプライターの「ルール」を使っていましたので「ピリオドの後にダブルスペースを打つ」という「常識」が続きました。



今回の記事のまとめ



説明が長くなってしまいましたが、まとめると、「ダブルスペース」というルールは特に決まっていません。シングルスペースを使っても大丈夫です。

しかし、私のように90年代にタイピングを覚えた人は殆どの場合、ダブルスペースを使うと思います。




映画 Darkest Hourのタイピングスタイルについて



次は、映画のスクリプトについてちょっと話してみたいと思います。私は「Darkest Hour」という映画をまだ観ていませんが、面白そうなイギリス映画なので絶対に観たいと思います^^


Darkest Hourのトレーラー




私はこの映画を観ていないので、その「double space」の話の文脈は分かりません。ですから、私は映画のスクリプトを調べて読んでみました^^。

「double space」に関するシーンは映画の最初の方に出てくると思います:


「double space」の話が出てくるシーン


「And be prepared to type fast – short bursts – and double-spaced, he hates single-spaced–hates it! Good luck. 」


これは「John Evans」という秘書が言うセリフです。彼は新しい秘書にWinston Churchillの好きなタイピングスタイルを説明しています。

私は映画のセリフを読んだ際に「どういったダブルスペースについての話なのか?」という事が残念ながら分かりませんが、おそらく「単語と単語の間にダブルスペースを打つ」という話だったのではないかと思います。

また、タイプライターの話になりますが、この記事の最初でも説明した通りに当時のタイプライターを使ったライティングでは、文字のプロポーションのバランスを取るために単語と単語の間に2つのスペースを取っている人がいました。

参考:「Single or Double Spaces Between Sentences?


Winston Churchillの好きなタイピングスタイルは「単語と単語の間にダブルスペースを空ける」というスタイルだったんだと思います^^

つまり、「I am Winston Churchill.」ではなく、「I am Winston Churchill.」 という「double-spaced」スタイルを好んでいたようです。


以上になりますが、頂いた質問に答えられましたでしょうか? 他にも質問があれば、是非ご連絡くださいね!









   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^




Share This Post