「pull」という動詞が入った三つのイギリス英語のイディオムの意味と使い方を紹介


イギリス人の会話に出てくる「pull a fast one」、「pull one’s socks up」、「pull someone’s leg」ってどういう意味なのでしょうか?



今回の記事では久しぶりに「イギリス英語の日常会話で使われているイディオム」を紹介してみたいと思います。今日これから紹介するイディオムには全て「pull」という動詞が入っています。

このイディオムはイギリス人の日常会話で使われる事が多いので、イギリスのテレビドラマ、映画、小説などにも出てきますので、イギリスの映画・ドラマのファンの方は、覚えておくと役に立つ事があると思います^^

それでは、「pull」という動詞を含んだイディオムの表現を紹介していきます!


「pull」という動詞が入った三つのイギリス英語のイディオムの意味と使い方を紹介
「pull」という動詞が入った三つのイギリス英語のイディオムの意味と使い方を紹介


こちらの記事もお勧めです:




1. 「pull a fast one (on 人)」


意味:(人を)騙す


「pull a fast one」というイディオムは「(人を)騙す」という意味になります。この表現はカジュアルなイディオムですが、失礼なニュアンスではありませんので、どのようなシーンで使ってもOKです。

ちなみにこのイディオムは元々クリケットというスポーツから来ているそうです。「今まで投げたボールよりも速く投げてバッターを騙す」という意味から来ているようです。



実際の例文:


友1:I like your bag. Is it Chanel?
(そのバッグは素敵ですね!シャネルですか?)


友2:Unfortunately, it’s a fake. I bought it off the internet and the seller pulled a fast one on me.
(残念ながら偽者です。私はネットで買ったけど出品者は私を騙した。)



実際の例文2:


同僚1:Where’s John today?
(ジョンは今日どこにいるの?)


同僚2:He’s off sick. Said he’s got the flu.
(彼は病気で休みを取ったよ。インフルエンザだって。)


同僚1:Are you sure he’s not pulling a fast one? He’s probably at home watching the World Cup on telly.
(それは嘘じゃない? 家のテレビでワールドカップでも観ているのかもしれない。)




2. 「pull one’s socks up」


意味:しっかりする


この表現は主に「命令文」で使われています。つまり、「しっかりしなさい」、「ちゃんとしなさい」という文脈で使われている表現です。

このイディオムを直訳すると「靴下を上げる」という意味になります。会話で使うと「頑張る・努力する」というニュアンスも含まれています。


実際の例文:


母親:How’s my son doing at maths this year?
(私の息子は今年、数学の成績はどうですか?)

先生:To be honest, he really needs to pull his socks up if he wants to go to his first choice university.
(正直にいうと、彼が選んだ大学に入りたいなら、もっと頑張らないといけないですよ。)


実際の例文2:


父親:Your grades are really poor this year. Pull your socks up and start studying!
(君の成績は今年とても悪いよね。しっかり勉強しなさい!)

息子:But dad, I hate school!
(でも、おとうさん、私は学校が嫌いだよ!)




3. 「pull someone’s leg」


意味:人をからかう


この表現を日本語に直訳すると「人の足を引っ張る」という意味になりますが、イディオムとして使うと「人をからかう」という意味になります。

このイディオムの由来は残念ながら不明ですが、20世紀頃にとても人気のあるイディオムでした。現在でも、イギリス人の会話でよく耳にするイディオムです。


実際の例文:


娘:Dad, I’m getting married! Peter asked me to marry him!
(お父さん、私は結婚するよ! ピーターはプロポーズした!)

父:Are you pulling my leg?  You’ve only known him for two months!
(それは冗談ですか?二ヶ月しか付き合ってないだろう!)


実際の例文2:


息子:Mum, I’m getting a tattoo. I’m getting a tattoo of your name on my chest.
(おかあさん、僕はタトゥーを入れるよ。お母さんの名前を胸に書いてもらうことにした。)


母:Stop pulling my leg! Have you tidied your room yet?
(ふざけないで!部屋を片付けたの?)


息子 No, not yet!
(いや、まだだよ。)


以上、今回はイギリス人の日常会話でもよく使われる「pull」という動詞が入った三つのイギリス英語のイディオムの意味と使い方を紹介してみました。

今度イギリス人と話す際には、今日紹介したイディオムを使ってみて下さいね^^

ところで、私は以前にイギリス英語特有のイディオムを学べるイディオム辞書を作っています。イディオムの由来、カルチャー的な部分にも触れている教材なので、イギリス英語のイディオムに興味があれば、是非ご覧ください^^


>> イディオム専門教材「ブリティッシュイングリッシュイディオムマスター」の詳細 <<


>> ブリティッシュイングリッシュイディオムマスターのショッピングサイトページ <<







   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^




Share This Post