イギリス人がよく使う単語「perhaps」の正しい使い方を紹介


イギリス人が会話でよく使う単語 perhapsの使い方



私はアメリカ人と話していたり、他の国の外国人と英語で話している時に、イギリス英語と他の国の英語の違いが多いなと感じる事があります。

特にイギリス人だけが使う単語については、イギリス英語特有のものなので、アメリカ人をはじめ他の外国人に通じない単語がごく稀にあります。^^


十分に文脈を使って話している時であれば全く問題ありませんが、例えば当たりの話ですが、文脈があまり無い状態でその単語を会話に入れて話した場合は特に難しいでしょうね^^

文脈を十分に使って会話する事は、英語を話す事=外国語を話す事の中で最も重要なポイントですし、ネイティブと会話する際に最も心得ておきたい部分だと思います。

仮に英語の発音に自信が無い方でも文脈さえしっかりして入れば会話が通じないという事もなくなってくると思います。


逆にネイティブっぽい英語の発音を使って少ないボキャブラリー・単語だけで会話したりする方が通じにくい場合もあると思います。


これは私が話す日本語でもそうだと思いますし、私が英語を教えている日本人の生徒と話している時にもよく感じるポイントですね。

ですから、ネイティブと会話する際は英語の発音に気を配るよりも、出来るだけ十分に文脈を使って話していく事が大切だと思います。


今回紹介する単語は「perhaps」という単語です。「perhaps」はイギリス人だけではなく、アメリカ人にも使われている単語ですが、イギリス人の日常会話での方が多く使われていると思います。

「perhaps」は、「maybe」(多分、~かもしれません、~かな?)と同じニュアンスの単語です。


アメリカでは「perhaps」は少し正式なニュアンスが含まれている言葉です。ですから日常会話ではあまり使われません。アメリカでは「maybe」の方が多く使われていますね。

イギリスでも、「perhaps」と「maybe」は両方とも使われている単語ですが、意識してイギリス人の日常会話を聞いていると「perhaps」の方が多い気がしますね^^ 


私が知っている限り、英語が喋れる私の日本人の友達は必ず「maybe」を使いますし、私が使うイギリス英語の「perhaps」は通じない場合が多いです^^



イギリス人が会話でよく使うperhapsの使い方
イギリス人が会話でよく使うperhapsの使い方


おすすめ記事:




イギリス英語のperhapsの使い方と例文紹介




会話:

A: Where is Fred?
(フレッドはどこにいるの?)
B: I don’t know. Perhaps he has gone home.
(わからないよ。もう家に帰ったんじゃないの?)

※フレッドが帰った可能性があるというニュアンスです。


A: Are you going to the pub tonight?
(あなたは今夜パブに行きますか?)
B: Perhaps. I haven’t decided yet.
(多分ね。まだ決まっていないけど。)


例文:

It’s getting late. Perhaps we should go home now.
(もう遅いよ。もう帰った方がいいかもね。)

You don’t look very well. Perhaps you shouldn’t go to work today.
(あなたは具合が悪そうに見えるよ。多分、今日仕事は休んだ方がいいかもしれないね。)


※「perhaps」の正しい発音は「パーハップス」となりますが、日常会話では、省略されて「プラップス」という発音になります。








   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ  

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^






Share This Post