教育関連のボキャブラリーに関するイギリス英語とアメリカ英語の単語の違いについて紹介


イギリス英語とアメリカ英語の単語の違いについて:教育関連のボキャブラリー(Part.2)



今回のイギリス英語とアメリカ英語の単語の違いについては、以前に紹介したこちらの記事の続編です。
参考記事:(イギリス英語とアメリカ英語の教育関連のボキャブラリーの違いについて


以前に紹介した記事では、イギリスとアメリカで使われている学校・教育関連のボキャブラリーの違いを紹介しましたが、今回は、その中でも大学関連の単語を紹介したいと思います。


イギリスとアメリカでは、教育制度にも多くの違いがある事から、単語やボキャブラリー等の言葉の違いだけで単純に比較する事は難しいと思います。また日本とイギリスを比べた場合も、さらに教育制度が異なります。

イギリスの大学は入学してから卒業まで3年間かかります。アメリカ(日本も)の大学は4年間を要します。この教育システムの違いは何故かというと、イギリスの大学では入学後に直ぐ、専門的な勉強(専門分野の学習)を始めます。

例えば、イギリス人の大学生が生物学を専攻した場合であれば、授業のはじめから生物学しか勉強しません。

しかしアメリカの大学では、最初の一年間は、一般の教育を受け、少しずつ専門的な勉強をする傾向があります。この事から、アメリカ人と大学や勉強について話す際に、様々なボキャブラリーの違いが出てきます。



教育関連のボキャブラリーに関するイギリス英語とアメリカ英語の単語の違いについて紹介
教育関連のボキャブラリーに関するイギリス英語とアメリカ英語の単語の違いについて紹介





イギリス英語とアメリカ英語の違い:大学の学年に関するのボキャブラリーについて



大学の一年生、二年生等と言う場合は何と表現するのでしょうか?

イギリスの大学では、一年生は「first year」や「first year student」、二年生は「second year」や「second year student」などの表現を使います。入学したばかりの一年生は、「freshers」と呼ばれていますが、一学期が終ってからは、この呼び方は使われません。

変わってアメリカの大学では、一年生は「freshman」と呼ばれます。二年生は「sophomore」、三年生は「junior」、四年生は「senior」と呼ばれます。

※ アメリカの大学にもよりますが、イギリス英語風に「first year」などの表現を使う学校もあります。




イギリス英語とアメリカ英語の違い:大学の学期に関するボキャブラリー



「学期」と言う場合は何と表現するのでしょうか?

イギリスでは、学期数によって名前が異なります。
多くの大学では一年に3学期あります。この場合「term」という単語を使って表現します。

  • 10月から12月まで ・・・ first term/autumn term
  • 1月から3月まで ・・・ second term/spring term
  • 4月から7月まで ・・・ third term/summer term


※ オックスフォード大学やケンブリッジ大学では、古く変わっている名前が使われています。
詳しく知りたい方はウィキペディアを参考にしてみてください。
参考URL:(http://en.wikipedia.org/wiki/Academic_term


そして、一年に2学期しかない大学もあります。2学期がある学校の場合は「term」ではなく、「semester」という単語が使われています。または「First semester」や「second semester」などのフレーズになります。


変わってアメリカでは、「term」という単語は滅多に使われません。「Semester」(一年に2学期)のシステムが一般的です。




イギリス英語とアメリカ英語の違い:○○を専攻するという表現について



「~を専攻する」と言う場合は何と表現するのでしょうか?

イギリス人の大学生は「I study ~」や「I read ~」と表現します。アメリカ人の大学生は「I major in ~」と表現します。
イギリスでは、「major」や「minor」というコンセプトがありませんので、アメリカ人のような表現を使いません。




イギリス英語とアメリカ英語の違い:大学の教授を表わす際の表現



「大学の教授」は何と言うのでしょうか?


この点でもイギリス英語とアメリカ英語の違いがあります。アメリカでは、大学の教授は全員「professor」と呼ばれています。
変わってイギリスでは、「professor」は特別な偉い人だけに使われるタイトルですので、一般の大学教授を指す場合は「lecturer」と呼びます。

イギリスでは、殆どの教授は「博士」ですから「Doctor ~」(名字)と呼ばれていますが、相手の教授からは「名前だけでいいです」と言われる場合が多いです。

アメリカでは、「Professor」や「Doctor ~」と呼びますが、カジュアルな先生は「名前だけでいいです」と言う場合が多いでしょう。




イギリス英語とアメリカ英語の違い:学位論文を表わす際の表現



「学位論文」は何と言うのでしょうか?

イギリスの大学では、学位論文は「dissertation」と呼ばれています。修士論文や博士論文は「thesis」と呼ばれています。
しかしあまり詳しくない人達は両方の単語を適当に使いわけます。そして理系を専攻している人達は「research project」と呼ぶ可能性が高いです。

変わってアメリカでは、学位論文は「thesis」と呼ばれ、博士論文は「dissertation」と呼ばれています。











   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^




Share This Post