「should」と「would」の使い方の違いとニュアンスに関して:イギリス英語の文法の観点から解説します


イギリス英語の文法で「should」と「would」の使い方の違い



今回の記事は「should」と「would」の使い方の違いや、それに伴うイギリス英語の文法について解説してみたいと思います。

実は今回の記事のテーマは読者の方から頂いた質問がベースになっています。


読者の方から頂いた質問はこちらです:


読者の方の質問:


私は父がイギリス生まれで、よく英語の勉強を見てもらいます。

先日、作文の宿題を手伝ってもらおうと思い、父に手伝ってもらったのですが、その時、「彼をあっと言わせてやりたい」

というところを父は「I should like to surprise him.」と訳していました。wouldではダメなのかと聞いてみたのですが、違いがわからないといっていました。

以前も同じようなことがありました。イギリスの小説を読んでいたら、「I arrived in the town where I should spend seven happy years.」

という記述がありました。ここのshouldはwouldではダメなのでしょうか。私は以前、イギリスの人はshouldを良く使うと聞いたことがあるのですが、本当なのでしょうか。




まずはご質問ありがとうございます! そして、当サイトを読んで頂きありがとうございます。私は読者の方から質問を頂くと皆さんの役に何かしら立っているんだな~と思いとても嬉しいです^^

サイトの運営者として読者の方から反応があるという事はとても嬉しい事なんです^^ それでは、頂いた質問内容の文章を見てみましょう。


「should」と「would」の使い方の違いについて
「should」と「would」の使い方の違いについて


こちらの記事もお勧めです:




「should」と「would」の細かい使い方の違い



元々の文章は「彼をあっと言わせてやりたい」ですね。私の意見では、お父さんの翻訳は正しいですし、「should」の代わりに「would」を使ってもオッケーです。

そして、「would/should like to」の代わりに「want to」を使っても大丈夫です。つまり、今回のケースでは「3つの翻訳の仕方」があると思います。


日本語:「彼をあっと言わせてやりたい」

英語:
  • I should like to surprise him.
  • I would like to surprise him.
  • I want to surprise him.

元の日本語には「~したい」という文法が入っています。これを英語にすると「I should/would like to ~」か「I want to ~」という表現になりますね。

これは日本の中学校2・3年生の時に紹介される英文法ですね。では、ある小説に入っていた文章を例に見てみましょう。


例文:

「I arrived in the town where I should spend seven happy years.」
(私は幸せな7年間を過ごす事になる町に着きました。)※私の翻訳です。

上記の文章でも「should」の代わりに「would」を使う事が出来ますね。この「should/would」は「過去における未来」を表す文法です。

つまり、この文章は全体的には過去形ですが、その「当時の未来」についても話していますね。

他にもこういった例は数多くあります。

例えば:

I thought that it would rain yesterday.
(私は昨日雨が降るだろうと思いました。)


He told me he would call last week.
(彼は先週、私に電話するよ、と言っていました。)




何故「would」の代わりに「should」を使ったのでしょうか?



それでは、読者の質問に戻りましょう。どうして、読者の方が送った例文では「would」の変わりに「should」を使ったのでしょうか?

実は、「仮定法」や「過去における未来形」の文章では、主語が「I」か「we」(つまり、一人称)になる際には、英文法の正しい「ルール」によって「should」を使う必要があります。

「would」は二人称と三人称の場合に限っては使うはずです。もっとわかりやすい例を紹介していきます。


例えば・・・

I should like to surprise him.
(私は彼をあっと言わせてやりたい)

She would like to surprise him.
(彼女は彼をあっと言わせてやりたい)


実は、私は過去にこれと似たルールのケースを紹介していました。時間がある方は以前に紹介した記事もご覧下さい^^


参考:「イギリス英語とアメリカ英語の文法の違い:shallとwillの使い方について


上記の記事では「shall」は一人称の場合に使い、「will」は二人称と三人称の場合に使うという事を紹介しています。


しかし、現在では、「I would」の代わりに「I should」を使うと、「少し古い感じの文章」という印象を受けます。そして、少し「文学的」な感じにみえます。

現在の英語圏の若者はそのルールを知らないと思います。特に殆どのイギリス人の若者はいつでも「would」を使うと思います。そして、アメリカ人にとっては「should」は古くて「イギリス英語っぽく」みえると思います(笑)。


私が知っている限り、日本の中学校と高校では、「wouldはどんな時でも使える」という事が教えられています。質問を送ってくれた読者の方のお父さんが現在何歳なのか分かりませんが、おそらくですが、彼の世代は学校で「shouldが正しい」と教えられたかもしれません。

そして、その上、イギリスの「良い学校」(私立学校!)は「正しい」文法ルールを教えている可能性が高いです。私が通った普通の学校は細かい文法ルールをあまり教えなかったように思います。

また、どの言語でも時代によって「進化」しますね。これは日本語でもそうだと思います。昔の正しい文法は現在古く感じますし、現在の「正しくない文法」はいつの日かメインストリームになると思います。


「should」と「would」の使い方の違いについてもっと知りたい場合、下記のリンクを押すと色々な情報を読む事が出来ます。

参考記事:「Can one say “I should like” rather than “I would like”? Is the former grammatical?


以上、今回は読者の方から頂いた「should」と「would」の使い方の違いについて分析して紹介してみました^^ 他にも質問があれば是非ご連絡ください。英語の勉強を頑張って下さいね^^








   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^




Share This Post